ソフトバンクNOW 2010年

第30回定時株主総会

6月25日(金)、ソフトバンク株式会社は、東京都千代田区の東京国際フォーラムにて「第30回定時株主総会」を開催しました。
会場には2,244名の株主の皆様にご出席いただき、議長を務めたソフトバンクグループ代表 孫 正義より、2009年度の活動報告や今後の見通しについてご説明させていただきました。また本総会では、「剰余金の処分の件」の議案が決議されました。

2009年度の活動報告では、移動体通信事業において、iPhoneやデジタルフォトフレーム「PhotoVision」の販売数が好調に推移したことなどによる累計契約者数の大幅増加、「おとくライン」などの固定事業サービスの好調、インターネット・カルチャー事業における広告出稿の回復などによる業績の好調をご説明しました。

これらの順調な業績により、純有利子負債を2014年度までにゼロにする目標に変更はなく、また2009~2011年度の3年間の累計でフリーキャッシュフローを1兆円超創出するという今後の見通しについても変更ありません。

そして、孫は、2010年度を「モバイルインターネット時代の夜明け」と捉え、「ネットワーク」「デバイス」「サービス」の強化に取り組み、引き続き「モバイルインターネットNo.1を目指す」という目標を掲げました。実現に向けた取り組みとしては、2010年3月に発表した「ソフトバンク電波改善宣言」のとおり、どこでも快適につながるソフトバンクを目指して、基地局倍増計画、小型基地局無料提供、店舗・企業用基地局無料提供、Wi-Fiルーターの無料提供などを行うことによって、ネットワークを充実させること、iPhoneやiPad、Android™ 搭載スマートフォン「HTC Desire™」などのモバイルインターネットをより快適にご利用いただけるデバイスを引き続き充実させること、さらにモバイルインターネットを通じてTwitterやUstreamなどの革新的なサービスを楽しんでいただけるような取り組みを進めていくことを発表しました。

また、中国市場では、企業間eコマースや、オンライン決済、SNSサイトの分野で、ユーザ数が合計6億人を突破していることや、ソフトバンクグループの中国におけるパートナーであるアリババグループの中国No.1オンラインショッピングサイト「タオバオ」が、Yahoo! JAPANと業務提携したことに触れ、「アジアNo.1インターネットカンパニー」を目指す方針を改めて示しました。

質疑応答の部では、株主の皆様よりご質問やご意見、叱咤激励のお言葉をいただきました。ソフトバンクグループでは引き続き、さらに強固な経営基盤の構築に取り組み、企業価値の最大化を実現してまいります。

今後とも、皆様のご支援、ご指導のほど、よろしくお願いいたします。

(掲載日:2010年7月15日)

[注]
  • *第30回定時株主総会の模様は、当社WEBサイト上からオンデマンド配信でご覧いただけます(上映時間:約35分)。
  • *Apple、Appleのロゴは、米国および他国のApple Inc.の登録商標です。
  • *iPhone、iPadは、Apple Inc.の商標です。
  • *iPhone商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • *PhotoVisionは、ソフトバンクモバイル株式会社の登録商標または商標です。
  • *Androidは、グーグル インコーポレイテッドの商標または登録商標です。
  • *AndroidおよびAndroidロゴは、Google Incの商標または登録商標です。
  • *Twitterは、Twitter, Inc.の登録商標です。
  • *内容は掲載当時の情報です。記載されている会社名、サービス名、肩書などは現在と異なる場合があります。