ソフトバンクNOW 2010年

ソフトバンクが描くICTの未来の浸透を目指して中国ビジネス視察ツアーや「SoftBank Days 2010」で
最新の取り組みを紹介

ソフトバンクテレコム株式会社は、7月12日および13日に開催した、ソフトバンクグループが取り組む中国ビジネス最前線の視察ツアーや、7月21日に開催した「SoftBank Days 2010 ~ホワイトワークスタイルによるビジネスコミュニケーション革命~」などの各種イベントにより、お客様にソフトバンクが描くICTの未来とグループの取り組みについて理解を深めていただくよう努めています。

ソフトバンクグループが取り組む中国ビジネス最前線視察ツアー

7月12日から2日にわたって実施された中国ビジネス視察ツアーでは、法人のお客様11社の経営陣、情報システム部門責任者の方々を、中国大連にご招待しました。初日はソフトバンクが出資している中国の企業間電子商取引(B2B)のオンラインマーケットを運営するアリババグループの視察を行い、2日目はソフトバンクグループのオフショア*1拠点である「SoftBank PS(Dalian) Solution Service」の視察と、そのIT業務とバックオフィス業務の実務の流れや、オペレーション概要などを中心に、ご説明しました。この「SoftBank PS(Dalian) Solution Service」には、参加企業のお客様から特に高い関心が寄せられ、活発な意見交換が繰り広げられました。

「SoftBank PS(Dalian) Solution Service」は、2009年6月の設立以降、ソフトバンクグループのIT業務(システム・ネットワーク運用監視、プログラム開発、社内OAヘルプデスク)および、バックオフィス業務(登録業務など)において、効率化、コスト削減に大きく貢献しているオフショア戦略の拠点です。ソフトバンクグループが中国大連へのオフショアを実現した第一の理由として、強固な情報セキュリティ基盤の存在が挙げられます。徹底した情報セキュリティの強化、100%ペーパーレスの環境での業務遂行、そしてシンクライアント端末*2を利用することで、業務データを日本国内のソフトバンクグループデータセンター内のサーバに格納し、中国国内には一切業務データを残さない仕組みが、大連での安心・安全な業務遂行を可能にしています。

第二の理由は、日本のソフトバンクグループと同水準のマネージメント体制および業務品質です。日本での業務に精通している社員によるマネージメントに加え、現地の業務遂行スタッフの高いスキル、充実した教育研修プログラム、年間を通じて開催される各種社内イベントによるモチベーション向上の取り組みなど、日本国内と同等以上の業務品質が、安定したオフショア業務の遂行を支えています。

「SoftBank PS(Dalian) Solution Service」は、設立から短期間で社員数が急増し、大連市からの期待も高まっています。6月22日から25日にかけて開催された大連市主催の「第8回中国国際ソフトウェア&インフォメーション(CISIS)展」では、大連市より優良企業コーナーでの展示に招待いただき、会場で多くの反響をいただきました。

「ホワイトワークスタイル」を提唱した「SoftBank Days 2010」

日本国内でも、お客様にさまざまなご提案を行っています。現在ソフトバンクテレコムでは、いつでもどこでもどんなデバイスからでも業務が行える「ホワイトワークスタイル」を法人のお客様向けに推進しています。「ホワイトワークスタイル」とは、ソフトバンクテレコムが提供するクラウドコンピューティングサービス「ホワイトクラウド」と多様なデバイスを活用することで、時間や場所にとらわれず仕事ができる革新的なワークスタイルです。7月21日にソフトバンクテレコムとソフトバンクBBが共同開催した企業向けセミナー、「SoftBank Days 2010~ホワイトワークスタイルによるビジネスコミュニケーション革命~」では、「ホワイトワークスタイル」による具体的なソリューション事例や取り組みをご紹介しました。

「ホワイトクラウド」は、ソフトバンクグループの持つネットワークインフラ、データセンター、ソフトウエア流通事業サービス、通信事業で積み重ねた実績やサポート体制などの粋を結集しています。中でもITの仕組みだけではなく、それを用いた定型化されたオペレーション作業そのものを人的リソースも含めて提供する「バリュードオペレーション・ビジネスオペレーションサービス・オフショアセンター」は、ソフトバンクグループで培ったハイセキュリティ、ハイクオリティ、ローコストなオフショアセンターの運営実績をベースに、今後より多くの法人のお客様にご活用いただき、企業の競争力強化に貢献していくことを目指しています。今後もソフトバンクテレコムは、「ホワイトクラウド」を中心にお客様のあらゆるニーズにお応えするサービスを提供してまいります。

(掲載日:2010年9月3日)

[注]
  • *1システム開発・運用管理などを海外の事業者や海外子会社に委託すること。
  • *2サーバ側でアプリケーションソフトやファイルなどの資源を管理することで、最低限の機能だけを備えた端末。
  • *内容は掲載当時の情報です。記載されている会社名、サービス名、肩書などは現在と異なる場合があります。