ソフトバンクNOW 2012年

ソフトバンクと米国PayPalが合弁会社設立を発表
現金を持たない新しいライフスタイルの実現へ

ソフトバンク株式会社(以下「ソフトバンク」)と米国PayPal(以下「ペイパル」)は、2012年5月9日(水)に記者会見を開催し、日本でデジタル決済を推進する合弁会社「PayPal Japan」を設立する計画を発表しました。また、米国、カナダ、香港、オーストラリアに続いて、日本がグローバルモバイル決済ソリューション「PayPal Here」の5番目の導入地域となることも公表されました。

日本の決済市場に変革を起こす

ペイパルは、世界190の国と地域でオンラインおよびモバイル決済ソリューションを提供しており、25種類の通貨に対応しています。ペイパルの決済サービスは、親会社であるeBay Inc.(以下「イーベイ」)が運営する世界最大規模のオークションサイト「eBay」の支払い方法としても使われており、現在では1億1,000万以上のアクティブアカウント数を誇る、世界最大の決済手段となっています。

今回発表された「PayPal Japan」は、この決済事業を日本国内で展開するための事業会社で、ソフトバンクとイーベイが50%ずつ出資して設立されます。iPhoneやAndroid™ 端末などのスマートフォンを用いて、決済を簡潔に行うことなどを主な事業とし、本年7月をめどに本格的な事業展開を開始する見通しです。

記者会見には、ソフトバンクグループ代表の孫 正義をはじめ、イーベイ 社長 兼 CEOのジョン・ドナホー氏、ペイパル代表のデイヴィッド・マーカス氏、新会社「PayPal Japan」CEOに就任予定のソフトバンクモバイル株式会社 取締役常務執行役員の喜多埜 裕明(きたの ひろあき)が出席し、このたびのソフトバンクとペイパルの戦略的提携について発表しました。

登壇した孫は、新たに設立される「PayPal Japan」について、「日本の決済市場を大きく変えるために設立される会社です」と述べ、「これからは、オンラインとオフラインの世界が融合し、双方の支払いが一体化される時代がやってきます。われわれはこの決済市場において、オンライン決済とオフライン決済の両方でNo.1のポジションを目指し、現金を持たなくても自由に買い物ができる、そんな新しいライフスタイルを作っていきます」と意気込みを語りました。

続いて登壇したイーベイ 社長 兼 CEOのジョン・ドナホー氏は、「重要な市場である日本において、大きな流通力を持つソフトバンクと戦略的パートナーシップを結べることを大変うれしく思っています」と述べ、両社の提携に期待を寄せました。

次に、ペイパル代表のデイヴィッド・マーカス氏が、ペイパルが提供するサービスの内容や具体的な使用例などを紹介しました。そして、「『PayPal Japan』は、日本の決済市場を大きく変革することになるでしょう」と、新会社の可能性について語りました。

最後に、喜多埜が新会社の構成などを説明したほか、今後の方針について次のように述べました。
「店舗側にも消費者側にも『このサービスがあって良かった』と思っていただけるようなサービスを提供していきます。ソフトバンクグループ各社とも連携しながら、日本の決済市場を変えるために全力で取り組んでいきます」

より快適で便利なライフスタイルの実現に向けて、「PayPal Japan」の今後の展開にご期待ください。

(掲載日:2012年5月16日)

[注]
  • 過去12カ月の間に1度以上利用された「PayPal」の口座数。
  • PayPalおよびPayPalロゴは、PayPalもしくはそのライセンサーの商標または登録商標です。
  • SOFTBANKおよびソフトバンクの名称、ロゴは日本国およびその他の国におけるソフトバンク株式会社の登録商標または商標です。
  • Android は、Google Inc.の登録商標または商標です。
  • Apple、Appleのロゴは、米国および他国のApple Inc.の登録商標です。iPhoneはApple Inc.の商標です。
  • iPhone商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • 内容は掲載当時の情報です。記載されている会社名、サービス名、肩書などは現在と異なる場合があります。