ソフトバンクNOW 2012年

ソフトバンクモバイルの累計契約数が
3,000万件を突破

ソフトバンクモバイル株式会社(以下「ソフトバンクモバイル」)では、2012年8月11日(土)、契約数の累計が3,000万件を突破しました。この3,000万件契約突破を記念し、2012年8月13日(月)より9月7日(金)まで、記念Tシャツ、または歴代お父さんグッズが抽選で当たる「3000万人突破!大感謝プレゼント」キャンペーンを実施します。

移動体通信事業参入から約6年間で契約数がほぼ倍増

ソフトバンクモバイルは、2012年8月11日(土)に累計契約数が3,000万件を突破したことを発表しました。1994年4月に株式会社東京デジタルホンが携帯電話サービスを開始して以来、デジタルホングループ(地域のデジタルホン、デジタルツーカー各社)、J-フォン株式会社、ボーダフォン株式会社、ソフトバンクモバイルと変遷を重ねながら、およそ18年4カ月での3,000万件到達となりました。2006年4月にボーダフォンがソフトバンクグループ傘下に入った時点で約1,500万件だった累計契約数は、その後およそ6年4カ月でほぼ倍増を達成しました。

2006年4月に移動体通信事業に参入後、ソフトバンクモバイルは、2007年1月にシンプルで画期的な料金プラン「ホワイトプラン」の提供を開始し、同年春には他社を圧倒的に上回る機種数・カラー数で携帯電話端末の拡充を図るなど、お客さまのニーズにいち早く応えるべくさまざまな取り組みを強化してまいりました。その結果、2007年5月に月間純増契約数で初の首位を獲得すると、その後は2007年度における初の年度純増数首位をはじめとして、順調に契約数を伸ばし続けています。2008年7月には「iPhone 3G」、2010年5月には「iPad」の販売を開始し、「モバイルインターネットNo.1」企業として、他社に先駆けてスマートフォンやタブレット端末の市場を開拓し、日本の携帯電話市場をけん引してきました。
そして現在、ソフトバンクモバイルがこれまで保有していた電波帯と比較し、より効率よく広範囲までカバーできる900MHz帯の電波、いわゆる「プラチナバンド」でのサービス開始、「SoftBank 4G」、「ULTRA SPEED」、「ソフトバンクWi-Fiスポット」など、さらに優れた通信サービスを提供するための対策に全力で取り組んでいます。

累計契約数の推移

ソフトバンクモバイルではこの累計契約数3,000万件突破を記念し、2012年8月13日(月)よりキャンペーンを実施します。詳細は以下のキャンペーンサイトよりご覧いただけます。


ソフトバンクグループは、今後も「情報革命で人々を幸せに」という経営理念の下、お客さまにより豊かでより楽しいサービスを提供してまいります。

(掲載日:2012年8月13日)

  • Appleは、米国および他国のApple Inc.の登録商標です。
  • iPhone、iPadは、Apple Inc.の商標です。
  • iPhone商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • 内容は掲載当時の情報です。記載されている会社名、サービス名、肩書などは現在と異なる場合があります。