ソフトバンクNOW 2012年

ソフトバンクモバイル新商品発表会
「2012 Winter - 2013 Spring」を開催

ソフトバンクモバイル株式会社(以下「ソフトバンクモバイル」)は、2012年10月9日、新商品発表会「2012 Winter - 2013 Spring」を開催し、「SoftBank 4G」に対応し高速通信が可能なスマートフォンをはじめとする新商品11機種や、スティックを挿すだけで高画質な映像コンテンツがテレビで楽しめる「SoftBank SmartTV」などの新サービスを発表しました。

高速でつながるネットワークを構築

登壇したソフトバンクグループ代表の孫 正義は、前日にノーベル賞の受賞が決まった京都大学の山中 伸弥教授の話題に触れ、「他の科学者の方が『できます』と言うのに対して、山中教授は『やります』とおっしゃるそうです。一見不可能に思えても『何としてもやるんだ』という精神が、物事を著しく進化させるのだと私は考えています」と述べました。さらに、「最近よく感じていることがもう一つあります」と続け、「それは『競争』がいかに素晴らしいかということです。われわれも、競合他社が一生懸命頑張っている様子を見て、『何としてもそれを超えるんだ』という思いで日夜努力しています。今日は、そんなわれわれのさまざまな努力について、いくつかお話ししたいと思います」と述べて、ソフトバンクモバイルのネットワークに関して説明しました。

孫は、「スマートフォン競争時代を迎えて、単につながるというだけでなく、いかに高速でつながるかが重要になってきました」として、ソフトバンクモバイルが提供しているネットワークの「つながりやすさ」と「速さ」について解説しました。まず「つながりやすさ」については、プラチナバンドの獲得によって、サービスエリアを順調に拡大していることを報告しました。
また、「速さ」については、他社に先駆けて「ソフトバンクWi-Fiスポット」の拡充に取り組んできたことや、5GHzに対応したアクセスポイントも順次拡大していることなどに言及しました。さらに、新たなサービスとして、下り最大75Mbps※1の高速データ通信を実現するFDD-LTE方式の「SoftBank 4G LTE」と、サービスエリア全域が下り最大110Mbps※2に対応するAXGP方式の「SoftBank 4G」の2つの高速ネットワークを提供していることを改めて説明しました。

スマートフォンは全機種「SoftBank 4G」に対応

そして孫は、「今回発表するSoftBank スマートフォンは、全ての機種が国内最高速度を誇る『SoftBank 4G』に対応しています」と述べると、各機種の紹介を始めました。
孫はまず、「AQUOS PHONE Xx 203SH」(シャープ製)を紹介しました。「AQUOS PHONE Xx 203SH」は、大画面、高精彩の4.9インチHD液晶に、高音質の「Dolby® Mobile v3」を搭載しているほか、CPUには高速な処理性能を持つ1.5GHzクアッドコアCPU「APQ8064」を採用しており、「『SoftBank 4G』対応機種の中でも最高のスペック」(孫)を誇る機種です。
このほか、「ARROWS A(エース) 201F」(富士通モバイルコミュニケーションズ製)、「STREAM 201HW」(Huawei製)、「RAZR™(レーザー) M 201M」(Motorola製)、「HONEY BEE 201K」(京セラ製)、「PANTONE® 6 200SH」(シャープ製)の各機種を順次紹介しました。
さらに孫は、「これらの『SoftBank 4G』対応スマートフォンをより便利に使えるようにするため、Yahoo! JAPANとの連携を強化しました」と述べ、スマートフォンの電話番号をYahoo! JAPANのIDとして利用できる、ID連携の取り組みなどについて解説しました。
併せて、今回発表したSoftBank スマートフォンの全機種が2012年12月15日より「テザリング」に対応することも発表しました。

続いて、壇上にはゲストの上戸 彩さんと人気音楽グループEvery Little Thing(通称「ELT」)の持田 香織さん、伊藤 一朗さんが登場し、ELTのお二人も登場する新テレビCMが上映されました。このCMは「LTE」という言葉を普及させるために、ELTが「LTE」に改名するようにお願いされるものの、断るという内容です。しかし、孫が改めてELTのお二人に「LTE」に改名してほしいとお願いすると、何と持田さんがこれを承諾し「今後LTEとして活動します!」と宣言して会場を沸かせました。

そして孫は、ディズニーモバイルの新機種「DM013SH」(シャープ製)、「DM014SH」(シャープ製)や、ソフトバンクモバイルのフィーチャーフォンの新機種「PANTONE® WATERPROOF 202SH」(シャープ製)などを紹介した後、「PhotoVision TV 202HW」(Huawei製)について解説しました。「PhotoVision TV 202HW」は、世界で初めて※3、地デジを楽しめるフルセグ搭載の3G通信機能付きデジタルフォトフレームで、防水機能も備えていることから「お風呂でテレビを見ることもできて、写真立ての機能もあるという優れ物です」とその魅力を強調しました。

新サービス「UULA」と「SoftBank SmartTV」

この日、ソフトバンク株式会社(以下「ソフトバンク」)とエイベックス・グループ・ホールディングス株式会社(以下「エイベックス・グループ・ホールディングス」)が連携して取り組む、スマートフォン向け総合エンターテインメントサービス「UULA(ウーラ)」という新たなサービスが発表になりました。「UULA」は、月額490円で映画・音楽・アニメ・ライブ映像など5万以上のコンテンツが見放題となるサービスです。提供開始は2012年12月を予定しています。壇上にはエイベックス・グループ・ホールディングス 代表取締役社長CEOの松浦 勝人氏も登場し、「エイベックスは、これまでもさまざまなムーブメントを作ってきた自負があります。今回もソフトバンクというパートナーを得て、『UULA』で新しいムーブメントを仕掛けて行きたいと思っています」と意気込みを語られました。

また、新サービス「SoftBank SmartTV」も発表されました。「SoftBank SmartTV」は、Wi-Fi環境下で、専用スティックをHDMI端子を持つテレビに挿すだけで、映像配信サービス「TSUTAYA TV」の新作映画など約40,000本の映像作品や、多チャンネルサービス「BBTV NEXT」の50以上の専門チャンネル、無料映像配信サービス「GyaO!」の2,000本※4の映像作品などがテレビで視聴できるサービスです。SoftBank スマートフォンから操作を行います。壇上には白戸家のメンバー全員が登壇し、「(さまざまなサービスが)どんどん進化するのでついていくのが大変ですが、スティックを挿すだけなら私にもできそうです」(「お母さん」こと樋口 可南子さん)、「新作もすぐに見られるので、わが家がTSUTAYAになったみたいでうれしい」(「アヤ」こと上戸 彩さん)など、口々に「SoftBank SmartTV」の感想を述べられていました。

孫は最後に「これからも、ネットワーク・端末・コンテンツ・サービスなど、全ての面でバランスよく頑張って行きたいと思います。ソフトバンクグループの総合力で、人々に本当に感動を与えられるサービスを提供できるように頑張ります」と述べ、発表会を締めくくりました。

(掲載日:2012年10月18日)

[注]
  • ※1下り最大75Mbpsエリアは、一部エリアに限られます(その他エリア37.5Mbps)。エリアについての詳細はホームページで公開しています。なお、ベストエフォート方式のため、回線の混雑状況や通信環境などにより、通信速度が低下または通信できなくなる場合があります。
  • ※2「SoftBank 4G」は、ベストエフォート方式のため、回線の混雑状況や通信環境などにより、通信速度が低下、または通信できなくなる場合があります。最大通信速度は端末性能に依存します。また、3Gエリアの場合ご利用地域によって、最大通信速度は異なります。
  • ※3Huawei社調べ。2012年8月31日時点。
  • ※4サービス開始時は300本程度。
  • SoftBank 4Gは、第3.5世代移動通信システム以上の技術に対しても4Gの呼称を認めるという国際電気通信連合(ITU)の声明に基づきサービス名称として使用しています。
  • AQUOS、AQUOS PHONE、Xxは、シャープ株式会社の登録商標または商標です。
  • Dolbyはドルビーラボラトリーズの登録商標です。
  • Wi-Fiは、Wi-Fi Allianceの登録商標です。
  • PANTONE is a trademark of Pantone LLC in the United States and/or other countries. ©Pantone LLC, 2012. All rights reserved.
  • PhotoVisionは、ソフトバンクモバイル株式会社の登録商標または商標です。
  • HONEY BEEは、京セラ株式会社の登録商標です。
  • SOFTBANKおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンク株式会社の登録商標または商標です。
  • 内容は掲載当時の情報です。記載されている会社名、サービス名、肩書などは現在と異なる場合があります。