ソフトバンクNOW 2013年

ソフトバンクモバイル新商品発表会
「2013 Summer」を開催 スマホ時代のつながりやすさNo.1へ


(左から)応援に駆け付けたゲストのスギちゃん、IKKOさん、ゴールデンボンバーの皆さん

ソフトバンクモバイル株式会社(以下「ソフトバンクモバイル」)は2013年5月7日、2013年夏商戦向け新商品発表会「2013 Summer」を開催しました。業界初※1となるフルセグ対応を含む6機種のスマートフォンや、クラウド上に蓄積したお客さまの健康データを基に、理想の体作りをサポートする「SoftBank HealthCare」などの新サービスを発表しました。

つながりやすさNo.1へ

新商品の紹介に先立ってソフトバンクグループ代表の孫 正義は、これまでのソフトバンクモバイルにおけるネットワーク強化への取り組みを振り返りました。スマートフォン時代の到来によりモバイルデータトラフィック量は、この5年間で60倍に増えました。孫は「まさにこの時代が来ることを予見していた。スマートフォン時代を見据えたネットワーク作りをやってきた」と語り、具体的に三つの取り組みを紹介しました。

一つ目は「ダブルLTE」です。ソフトバンクモバイルが2.1GHz帯で展開するFDD-LTEネットワークとイー・アクセスが1.7GHz帯で展開するFDD-LTEネットワークの双方を一つの端末で利用することができ、混雑状況に応じて自動的に最適なネットワークを選択するため、「つながりやすさ」が向上しました。
二つ目はWi-Fiです。「ソフトバンクモバイルは世界に先駆けて、世界最大規模のWi-Fiネットワークを整備してきた」(孫)とその先進的な取り組みをアピールしました。ソフトバンクモバイルのWi-Fiが優れているのは、基地局の数だけではありません。認証方式の変更でWi-Fi接続に要する時間の短縮化を図るとともに、弱電接続時の制御を最適化するなどして、より快適に利用できるようWi-Fi品質の向上にも取り組んでいます。
三つ目が小セル化です。特に都市部で爆発的に伸びるデータに対応するため、通常の基地局ではなく、セルを分割して小セル化した基地局を大量に設置しました。そしてそれらの基地局同士の電波干渉を避けるためSoftBank 4Gでは、複数の基地局を一括して制御する「クラウド基地局」を取り入れました。孫は「この方式をこれだけ大規模に取り入れているのはソフトバンクモバイルが世界初。世界で最も進んだネットワーク技術を持っている」と胸を張りました。


世界初大規模クラウド基地局/つながりやすさをアピール

スマホ6機種を含む計9機種を紹介


新機種を紹介する孫

続いて孫は、2013年夏商戦向けの新商品を紹介しました。まず業界初※1となるフルセグ対応スマートフォン「AQUOS PHONE Xx SoftBank 206SH」(シャープ製)と「ARROWS A SoftBank 202F」(富士通モバイルコミュニケーション製)を紹介。いずれも高精彩な大画面5インチフルHDを搭載。さらには大容量バッテリーにより2日間以上の利用を実現するなど、進化したスマートフォンをアピールしました。
また、放射線測定時間が従来機種の半分になった「AQUOS PHONE ss SoftBank 205SH」(シャープ製)や、世界最軽量※294gの防水スマートフォン「DIGNO R SoftBank 202K」(京セラ製)など、さまざまな特長を持った新機種が紹介されました。
そして最後はソフトバンクモバイルでは初となる、シニア向けシンプルスマートフォン「シンプルスマホ SoftBank 204SH」(シャープ製)。この新機種の開発に当たっては、高齢者向けの携帯電話教室などを通じ、1,000人以上の高齢者の生の声を聞き、いただいたご意見を反映させたことなどが紹介されました。


クラウドを使った新サービス「SoftBank HealthCare」


「Fitbit Flex」を装着するゲストの皆さん

今回、新たなサービスとして、「SoftBank HealthCare(ソフトバンク ヘルスケア)」が発表されました。
「SoftBank HealthCare」は、活動量計などのデバイスを用いて計測した健康データがクラウド上に蓄積され、そのデータを基に健康支援が受けられるサービスです。本サービスに加入すると、対応デバイスの第一弾として、全米で大人気の「Fitbit」の最新リストバンド型モデル「Fitbit Flex™」がセットで提供されます。腕に装着するだけで、歩数、消費カロリー、睡眠時間などが、ソフトバンクモバイルのクラウド上にワイヤレスで自動同期し、記録されます。また「タイムマシン」という機能では、健康的な生活や不健康な生活を続けた場合などのヘルスケアバランスから、将来の自分の顔や体重の予測ができます。さらにこのサービスでは、専門の担当者による24時間365日の無料健康相談が受けることができ、お客さまの健康をサポートします。このサービスは2013年夏以降に、月々490円で提供される予定です。
「SoftBank HealthCare」をいち早く体験してもらうため、現在CMで活躍中のゴールデンボンバーの皆さんと、美のカリスマIKKOさんをゲストにお招きしました。「Fitbit Flex」を身に付けた皆さんは、早速、20年後の顔の予測を確認。特に不健康な生活をした20年後の顔が映し出されると、ゲストの皆さんは大変驚いた様子で、健康の大事さを再認識されていました。


最後に孫は、「世界最先端のスマートフォン、高速でつながりやすい最強のネットワーク、そしてクラウドを活用した最先端のサービスの提供。この三つを融合した新しいライフスタイルを提案したいというのがソフトバンクモバイルの想いです」と語り、発表会は幕を閉じました。

(掲載日:2013年5月17日)

[注]
  • ※1日本初、2013年5月6日現在、ROA調べ。
  • ※22013年4月1日時点で発売されている防水対応スマートフォンにおいて。株式会社ネオマーケティング調べ。
  • SoftBank 4Gは、第3.5世代移動通信システム以上の技術に対しても4Gの呼称を認めるという国際電気通信連合(ITU)の声明に基づきサービス名称として使用しています。
  • AQUOS、AQUOS PHONE、Xxは、シャープ株式会社の登録商標または商標です。
  • DIGNOは、京セラ株式会社の登録商標です。
  • FitBit Flexは、FitBit Inc.の登録商標です。
  • Wi-Fiは、Wi-Fi Allianceの登録商標です。
  • SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンク株式会社の登録商標または商標です。
  • 内容は掲載当時の情報です。記載されている会社名、サービス名、肩書などは現在と異なる場合があります。