ソフトバンクNOW 2014年

「ソフトバンクモバイル接客No.1グランプリ2014」全国決勝大会を開催

ソフトバンクモバイル株式会社(以下「ソフトバンクモバイル」)では、販売スタッフなどの呼称を「ソフトバンククルー(以下「クルー」)」に統一し、高い意識とスキルを兼ね備えたクルーの育成に取り組んでいます。その一環として開催している接客コンテストの全国決勝大会「ソフトバンクモバイル接客No.1グランプリ2014」が、2014年10月22日、東京都千代田区のホテルにて開催され、選抜された全国各地の優秀なクルーが接客スキルを競いました。

接客スキルNo.1のクルーを選出

「ソフトバンクモバイル接客No.1グランプリ」は、全国のソフトバンクショップの中から選抜された優秀なクルーが参加し、ソフトバンクモバイルの接客スキルを披露し競い合うコンテストです。2010年に初めて開催されて以来、今年で5回目となります。今年は、全国約1万5,000名のクルーの中から約5,000名がエントリーし、一次選考、地区予選、地域予選を勝ち抜いたファイナリスト15名が、全国決勝大会に挑みました。

全国決勝大会では、一人15分間の制限時間内に、同一の設定で接客のロールプレイングが行われました。今回の設定は「購入した商品やサービスに関する苦情を訴え、解約を目的にお客さまが来店する」というものです。
ファイナリストは、お客さま役の不満や苦情に対しおわびした上で、「貴重なご意見をありがとうございます」など丁寧で冷静な対応をそれぞれ披露しました。中には、お客さまのライフスタイルや家族構成のヒアリングから、お子さんが動画を見ることが多いということを聞き出し、解約手続きに来ていたはずのお客さまに画面が大きいiPhone 6 Plusへの機種変更をご案内するクルーも。
また、実際に最新機種を手に取り、「つながりやすさNo.1」であるソフトバンクモバイルのネットワークをアピールする姿や、iPadを用いて料金シミュレーションを分かりやすく説明するなど、ご案内に活用できる情報やアイテムをしっかり使いこなす場面も多く見られました。

審査の結果、グランプリに輝いたのは「ソフトバンク伊東川奈」(静岡県)の美岡 愛美となりました。美岡は、「グランプリになるとは思っていなかったので本当に驚きました。練習に付き合っていただいた自店のメンバーや系列店の先輩、支えてくださった皆さんに感謝の気持ちを伝えたいです」と喜びを表しました。その後、グランプリ受賞者が今回は2名となることが突然発表され、「ソフトバンク梅田中央」(大阪府)の石橋 麻里奈が、続いてグランプリに輝きました。石橋はこの発表に驚きを隠せず、「すごくうれしいです。応援していただいた全ての方にお礼を伝えたいです。これからも、笑顔でお客さまの期待に応えられるような接客をしていきたいです」と感激していました。

今回の入賞者は以下のとおりです。

グランプリ ソフトバンク伊東川奈(静岡県) 美岡 愛美
グランプリ ソフトバンク梅田中央(大阪府) 石橋 麻里奈
準グランプリ ソフトバンク喜多方(福島県) 齋藤 真弓
第3位 ソフトバンクフォレオ広島東(広島県) 福田 雄介
ホスピタリティー賞 ソフトバンク宇都宮桜(栃木県) 川俣 航平
クルー審査員特別賞 ソフトバンク高岡駅南(富山県) 高橋 まこ

ソフトバンクモバイルでは、今後もコンテスト形式の大会を開催していくことで、クルーの育成および接客スキルの向上を目指していきます。

(掲載日:2014年12月12日)

  • TM and © 2014 Apple Inc. All rights reserved. iPhone、iPadはApple Inc.の商標です。iPhone商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • 内容は掲載当時の情報です。記載されている会社名、サービス名、肩書などは現在と異なる場合があります。