ソフトバンクNOW 2015年

日本初、ふるさと納税の実店舗
「ふるさと納税コンシェルジュ」が浅草に誕生!

自治体に寄付をすると税金の還付・控除が受けられ、寄付へのお礼として地域の特産品などがもらえることもある「ふるさと納税」が最近、注目されています。ソフトバンクグループで、ふるさと納税のポータルサイト「さとふる」を運営する株式会社さとふるは、2015年12月17日に東京都の浅草でオープンした「まるごとにっぽん」内に、ふるさと納税制度の説明や相談、申し込みができる「ふるさと納税コンシェルジュ」を開設しました。

ふるさと納税をより身近なものに

このたびオープンした「まるごとにっぽん」(運営会社 株式会社まるごとにっぽん)は、日本のさまざまな地域の特産品を、実際にお店で「見て」「食べて」「持ち帰って」、“旅気分”を味わうことができる商業施設です。全4フロアに飲食、物販など50店舗が出店し、地域創生の拠点として、浅草から地域の魅力を発信します。

この「まるごとにっぽん」3階の「おすすめふるさと さろん」ゾーンに、株式会社さとふるが運営する「ふるさと納税コンシェルジュ」が開店しました。「ふるさと納税コンシェルジュ」では、来店されたお客さまにふるさと納税制度の説明や、「さとふる」がふるさと納税を取り扱う自治体のお礼品のご紹介、希望される方には「さとふる」経由でのふるさと納税申し込みのサポートを行います。

今回の出店について、株式会社さとふる 取締役 経営戦略室 室長の高松 俊和は、「『ふるさと納税コンシェルジュ』は、インターネットの世界から飛び出した実店舗です。当社が実店舗を開設するのは初めての試みですが、ふるさと納税の普及をさらに進めるため、分かりやすい説明に努めていきます。また説明だけではなく申し込み受け付けまで可能で、お支払いについてもクレジットカード決済やコンビニ決済、『ソフトバンクまとめて支払い』など幅広く対応していますので、浅草へお越しになる時は『ふるさと納税コンシェルジュ』にもぜひ足を運んでください」とアピールしました。

(掲載日:2015年12月22日)

  • 内容は掲載当時の情報です。記載されている会社名、サービス名、肩書などは現在と異なる場合があります。