労働安全衛生への取り組み

労働安全衛生に
対するポリシー

従業員が心身ともに健康に働くことのできる職場環境を維持するために、当社グループに適用される「安全衛生管理規程」を定めています。安全衛生委員会を中心とした体制の下、労働安全衛生に関する目標値の設定・パフォーマンスの把握や、目標達成に向けた全社および各職場における取り組みを推進しています。

[注]
  1. 対象範囲:ソフトバンク株式会社およびグループ会社

具体的な取り組み

労働安全衛生の
リスクチェック・監査

労働災害の発生を予防するためには、当社の事業活動における労働安全衛生リスクを特定し、リスクを低減することが重要と考えています。リスクアセスメントの一環として、ストレスチェックの定期的な実施により従業員の健康と安全を確保するとともに、月に1回の頻度で選任産業医による職場巡視を通して従業員の作業環境や作業内容をチェックし、労働安全衛生に関する潜在的な危険を特定しています。リスクアセスメントの結果は各職場に対して報告し、高リスクと判断された事項については、リスク低減に向けた改善活動に取り組んでいます。

基地局建設工事における
安全衛生管理

当社は通信事業者として、通信工事会社への発注工事の管理を行っています。基地局建設工事には高所における危険な作業が伴うため、徹底した安全衛生管理が求められます。当社では、作業環境の安全性を十分に確保するとともに、発注工事に携わる作業員に対して作業具や設備の使用ルールを浸透させた上で建設工事を開始しています。また、当社独自のルール「工事安全ポリシー」を制定し、現場監視を強化することにより、作業員の気付かない危険を排除し、現場の安全を確保しています。同時に、通信工事会社と合同にて安全大会の実施やビデオによる安全啓発活動を行い、工事における事故0に向けて取り組んでいます。

緊急時の安全対策

地震・台風やその他緊急事態が生じた場合に、従業員の安全を確保するための体制を整えています。緊急事態発生時には、必要に応じて対策本部を設置し、当社が定めた規程等に基づき適切な措置を講じます。また、緊急事態に備えるため、定期的な社内トレーニングや設備の安全対策等にも取り組んでいます。さらに平時からの安全対策として、飲料水や食料などの生活必需品を全国の拠点に備蓄し、災害時にも従業員の健康を確保する環境づくりに努めています。