社会貢献への取り組み

基本的な考え方

情報革命をけん引する企業として、われわれの強みであるテクノロジーを活用して社会に貢献する活動を推進しています。当社ではサステナビリティ基本方針に基づいて、持続可能な社会づくりのために「情報化社会の推進」「次世代育成」「多様な社会への対応」「環境・資源対策」「災害対策復興支援」の5つを、社会貢献活動の注力テーマとしています。地域社会の皆さまをはじめとするステークホルダーとの対話を重ねながら、成長戦略である「Beyond Carrier」を通して、誰もが便利で快適な生活を享受できる社会づくりのために真摯に社会課題の解決に取り組み、SDGsの目標達成への貢献を目指します。

社会貢献関連データ

社会貢献活動費データ

項目 社会貢献活動費
(単位:百万円)
備考
社会貢献活動施策の実施 780.9 CSR活動の実施およびスマホ教室などの費用含む
現金による
寄付
4.68 チャリティホワイトなど寄付額
現物による
寄付
35.7 災害などにおける端末の貸し出しなど
時間による
寄付
2105.2 CSR活動に関わる人件費など
(内)社員のボランティア参加 4.5 ボランティア参加に関わる人件費
リサイクルなど環境に関わる諸費用 97.5
その他(団体への協賛等) 12.4 団体への協賛など
[注]
  1. 金銭価値に換算

具体的な取り組み

小・中学校向け
プログラミング教育の提供

2020年の小・中学校でのプログラミング教育必修化を向けて、当社ではさまざまなプログラミング教育の機会を提供しています。その一環として、2019年度からPepperとmicro:bitを組み合わせた新しい教育プログラム「IoTチャレンジ」をスタートさせました。2019年度は168校の小学校・中学校において「IoTチャレンジ」が導入され、子どもたちによる能動的なプログラミング学習に貢献しています。

採用活動における社会貢献

採用活動や従業員の人事評価においては、社会的地位・身分階級・学歴といった個人のバックグラウンドに関わりなく公正な扱いを行い、生まれ育った環境などによらない平等な機会の提供に努めています。

その他の社会貢献活動

その他の社会貢献活動については、以下をご覧ください。