自然でんきのコンセプト

でんきをえらぶ。みらいがかわる。

  • はじまりは3.11

    2011年3月11日の東日本大震災、それに続く福島第一原発での事故。
    あの日、わたしたち自身も未曾有の事態に成すすべもなく、ケータイのワンセグから流れてくるニュースに耳を傾けていました。
    家族と連絡が取れない、家に帰れない人々、街の電気が消え、活力を失ってしまった日本が一体どうなってしまうのか。途方に暮れました。
    ただ、何もせずにはいられない。このようなことが二度とあってはならない。
    ソフトバンクとして、できることを。

  • はじまりは3.11
  • 安心、安全な再生可能エネルギーを届けるために。
  • 安心、安全な再生可能エネルギーを届けるために。

    これまでにないエネルギー問題に直面した日本にとって、「安心で安全、どんな時でも永続的に供給される」エネルギーが必要でした。
    それを解決するのが再生可能エネルギーであり、太陽光発電や風力発電です。

  • 再生可能エネルギーの良いところ

    再生可能エネルギーを選ぶということには、他にもメリットがあります。

    再生可能エネルギーは、温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を発生させないため、地球環境に優しいエネルギーと言えます。
    また、化石燃料の焼却に伴う灰や、原子力活用後の放射性廃棄物といった有害物質を含む廃棄物を生み出しません。

    こうした再生可能エネルギーを活用していく動きは、いま世界中で活発になっています。2016年11月、地球規模の気候変動による影響を抑制するためパリ協定※1が発効し、多くの国が脱炭素社会(二酸化炭素の排出が少ない社会)の実現に向け動いています。

  • 再生可能エネルギーの良いところ
  • 「自然でんき」はあなたとともに。
  • 「自然でんき」はあなたとともに。

    わたしたちは、この枯渇することのない地球環境に配慮された再生可能エネルギーを活用したプランとして、「自然でんき」を作りました。

    このでんきで日本の未来を変えたい。

    数年後、日本中のご家庭のでんきが「再生可能エネルギー」であることが普通になっている世の中を目指して。

  • ※1
    パリ協定とは、地球温暖化防止を目指し、2020年以降の温室効果ガスの排出について各国の取り組みを決めた国際的なルールです。
    批准国は169カ国となっています(2017年11月時点)。
    パリ協定では、途上国も含めたすべての参加国に対し、『世界の平均気温上昇を産業革命以前に比べて2℃より十分低く保ち、1.5℃に抑える努力をする』ことが求められています。