森林保全について

森林保全に貢献できるでんき

自然でんきは、お客さまにご加入いただく際に、
CO2などの温室効果ガスの排出削減量や
吸収量を増加させる活動を行う団体を指定いただき、
その保全団体に対し、SBパワー※1
毎月50円を負担する取り組み※2を行っております。

支援金は、SBパワーの収益の一部から支援するため、
お客さまの負担はありません。

  • ※1
    SBパワー株式会社は、ソフトバンクグループの小売電気事業者です。
  • ※2
    保全団体への負担は、3ヵ月ごとに、一括で行っております。

ソフトバンクでんき「自然でんき」は、COOL CHOICEに参画しています。 COOL CHOICE 未来のために、いま選ぼう。

環境省が推進する地球温暖化対策のための活動「COOL CHOICE」。日本は、2030年に向けて、温室効果ガス排出量を26%削減する目標を掲げています。「COOL CHOICE」は、この目標達成のために、省エネ・低炭素型の製品・サービス・行動など、温暖化対策に資する、あらゆる「賢い選択」をしていこうという取り組みです。

COOL CHOICEについて詳細をみる

支援団体一覧

自然でんきのご利用で支援できる団体名をご確認いただけます。

北海道エリア

石狩市市有林間伐促進プロジェクト~ニシンが群来(くき)る豊かな海を未来に繋ぐ森づくり~

豊かな森林を造成し、地球温暖化防止と、ニシンの漁場を回復し、未来へと引き継ぐ取り組み。

標津町防風林育成事業ーサケのふるさとの森林づくりプロジェクトー

世界遺産知床連山の山並みと「釧根台地の格子状防風林」とサケのふるさとを守る取り組み。

北海道4町連携による間伐促進型森林づくり事業

北海道4町連携(足寄町、下川町、滝上町、美幌町)による持続可能な森林経営の間伐促進型森林づくり事業。

士幌町有林間伐促進による森林づくりプロジェクト

適切な間伐を実施し、地球温暖化対策への貢献や次世代に引き継ぐ良好な自然環境の保全および森林整備、地域林業の活性化などを進めます。

東北エリア

青森県県有林森林吸収プロジェクト

岩木山、白神山地、下北半島など豊富な資源を背景として、森林の多面的機能の発揮に向けた取組み。

森林林業日本一を目指す住田町の間伐プロジェクト

岩手県南東部の気仙地域の森林と、アユやヤマメが生息する美しい清流「森林・林業日本一の町」を目指す。

~岩手県県有林における森林吸収量取引プロジェクト~

「間伐に寄与する紙」の使用を通じ「企業の環境貢献活動」と「地域の間伐促進と活用」を結ぶ新しい仕組み。

宮城県林業公社有林における間伐促進における震災復興と森林吸収J-VERプロジェクト

植林で森林資源の造成と県土の保全を図り、農山村の振興を目的として設立。 県内唯一の森林整備法人として緑豊かな県土づくりに努力。

登米市市有林間伐促進森林吸収プロジェクト

市有林で実施した間伐による二酸化炭素吸収量の認証で広く県内外の環境貢献への取り組みに寄与。

米川生産森林組合有林間伐促進森林吸収プロジェクト

森を育んでいくための様々な事業で『私達の暮らしと共に森林をまもり、未来につなぐ森林づくりを目指します』

白神山麓・八峰町有林J-VERプロジェクト

八峰町有林の間伐で認証取得したクレジットで町が行う白神山麓・自然再生の取り組み。

横手市・森林組合森林吸収共同プロジェクト

かまくら祭りや水神様をまつる行事など奥羽山脈の麓、横手盆地の四季折々の豊かな自然を守ります。

秋田県三種町有林 森林CO2吸収J-VER事業 ~じゅんさい栽培の水源と里山を守るプロジェクト~

じゅんさい生産量日本一を誇る緑豊かな町でクレジットを活用し植林や間伐など、美林育成と森づくりを推進します。

磐城造林(株)社有林における田人町旅人での森林吸収プロジェクト

植林、下刈、除間伐、主伐と循環的森林整備事業を行い地域水源・治山の維持を行い地域の雇用創出に寄与。

苗場山麓・竜神の森プロジェクト

豪雪地帯津南町は、全国名水百選「龍ヶ窪」に代表され竜神の森づくりで「雪国」と「森が育む名水」を次世代へ!

トキの森プロジェクト

放鳥されたトキの生息環境を取り戻すため、森林整備を行い、佐渡の森林保全やトキの野生復帰の森づくりに活用。

一関市市有林における森林吸収量販売プロジェクト

一関市は岩手県の南端に位置し、四季折々の豊かな自然に包まれております。支援金は市有林の森林づくりのために大切に使わせていただきます。

関東エリア

茨城県石岡市森林カーボンオフセット協議会による間伐促進型プロジェクト

わたしたちは、地域からはじめる、二酸化炭素排出を抑えた、地球にとってやさしい町づくりを目指します。

神奈川県王子製紙間伐促進プロジェクト

山北町にある三保山林は、都市部からのアクセスも良く、王子の森自然学校として、環境教育の場としても利用。

山梨県南アルプス市小水力発電導入による温室効果ガス削減事業

南アルプス市の清らかな水からの「J-VER」創出プロジェクトで温室効果ガス削減事業を推進しています。

やまなし県有林活用温暖化対策プロジェクト

間伐で認証されたクレジットの販売益は、山梨県の豊かな自然を守る県有林内の森林整備に活用されます。

北陸エリア

富山市と森林組合による間伐促進型森づくり事業~「森のチカラ」富山プロジェクト~

立山山麓森林組合と婦負森林組合など持続可能な森林経営と新規雇用の創出、低炭素化社会の実現を目指す。

岐阜県中津川市苗木財産区による間伐促進型森林吸収プロジェクト~苗木っこを育む森林づくり~

地元住民が中心に今後も人が関与する森林づくりを継続し、次世代を担う子供たちへの教育啓蒙活動に役立てます。

木曽三川水源造成公社間伐促進プロジェクト

木曽川、長良川、揖斐川流域の森林整備や水源林見学会等の活動を通し、自治体や住民、企業連携による森林づくりを推進。

岐阜県 東白川村森林組合の[FSC 認証林]間伐プロジェクト~つちのこ村で、環境にやさしい里山づくり~

渓谷型の農山村で高低差が大きく[東濃ひのき]の主産地。林業と木材関連産業による森林組合の役割は大きく地域に貢献。

中部エリア

長野県県有林オフセットクレジット創出プロジェクト

長野県東部の佐久地域、千曲川上流部に位置するカラマツ林の小海県有林の間伐で森林整備を推進します。

木曽町森林吸収 木曽川上流域からきれいな水を プロジェクト

西に木曽御嶽山、東に木曽駒ケ岳、日本で最も美しい村連合に加盟の木曽町は行政・民間と力を合わせ森林保全。

松阪森林吸収プロジェクト

持続可能な企業活動のために国分発祥の地、松阪で「森林CO2吸収クレジット事業」を実施。未来へ贈る長期的な森林保全活動に取り組んでいます。

関東・東海・近畿・中国地方における木原造林㈱森林吸収プロジェクト~環境に優しい森林保全プロジェクト~

「森を育てて90余年、全国各地で森林整備に勤め地球環境保全に寄与しています」雇用の創出と林業の活性化を図ります。

三重県大台町宮川流域における持続可能な森林管理プロジェクト

「大台町自然との共生基金」として自然保護、地域振興資金に活用。大台ヶ原・大峯山・大杉谷ユネスコエコパーク(国内推薦)温暖化対策・生物多様性の保全を推進。

長野県根羽村森林組合による間伐事業を用いた温室効果ガス吸収プロジェクト

長野県最南端、矢作川の源流地に位置する根羽村で、”親が植え、子が育て、孫が伐る”親子3代の山づくりによる持続可能な森林づくりに取り組んでいます。

関西エリア

日本の自然遺産~京丹波の名水と熊野の森を守るCO2森林吸収プロジェクト

丹波高原の由良川水系上流部、黒大豆やアユなど山の幸、川の幸に恵まれ世界遺産熊野霊場への参詣道に囲まれた歴史的エリアの森林を守ります。

中江産業株式会社の持続可能な森林経営促進型プロジェクト1【徳島県・岐阜県】

創業以来120年間、計画的な林業経営で森を守り、育て、活用する事業を通し、地球温暖化対策と生物多様性の保全に取り組んでいます。

大阪府内における大阪府森林組合森林経営活動によるCO2吸収量の増大事業2010-1

北部(北摂)地区と吉野林業の流れを汲み高密度植栽・多間伐の伝統林業地である南部(南河内)地区の双方で森林整備によるCO2吸収量の増大を図る。

木の国 森づくりシアワセプロジェクト

「植林事業は国家百年の計に大切なこと」という理念の基、ヒノキとスギを中心に「適地適木」で愛情込めて育成。

和歌山県王子製紙間伐促進プロジェクト

紀伊半島の田辺市扶桑山林は降雨量が多く、スギ・ヒノキの生産は下層植生も変化に富み、水辺林では野生動物も確認されています。

滋賀県金勝生産森林組合森林管理プロジェクト

スギ・ヒノキを中心とした植林および保育を行い、森林認証であるSGECを取得し、環境に配慮した健全な森林経営を目指していきます。

中国エリア

兵庫県養父市有林森林管理プロジェクト

兵庫県の最高峰・氷ノ山(ひょうのせん)が育む豊かな森からはじめる、環境保全への取り組み。杉木立(森林)を次代へ引き継ぎ、守り育てています。

鳥取県造林公社における間伐促進型プロジェクト ~大山の森 森林吸収プロジェクト~

大山周辺の水源林を間伐し健全な森林を維持し、間伐材の搬出、作業道の整備で森林経営のモデル林を造成し、農山村地域の活性化に貢献。

芦津の森 いきいき木こりプロジェクト

山間地域の人々が農林業で生活できるよう、また河川の上流域の環境を守り美しい自然を子孫へと継承できるように支援。

鳥取県日野郡日南町における間伐促進によるCO2吸収量の増大プロジェクト

広島、岡山、島根の県境に接し、ヒメボタル、オオサンショウウオ、サクラソウなど森林由来の貴重な生態系の保護、森林整備・環境保全に活用。

島根県王子製紙間伐促進プロジェクト

吉賀町柿木山林は清流高津川水系の上流に位置し山深く、定期的な間伐を計画し、生態系の維持と持続的な森林経営を目指す。

岡山県王子製紙間伐促進プロジェクト

岡山県の美作山林と高梁山林をはじめ、全国に点在する森林を効率良く施業を行い、持続可能な森林経営を推進。

アサヒビール所有林アサヒの森(広島県)での間伐促進によるCO2吸収事業

国内3番目に国際森林認証FSCを取得。森林環境学習を実施し、将来を担う小供たちに森林の大切さを訴求。

津山市Jクレジット制度活用事業

岡山県北東部に位置し、林業・木材産業の振興を支援して 、低花粉ヒノキなどの環境に優しい樹種に植え替える活動を推進しています。

四国エリア

SGHグループ高知・徳島山林長期経営プロジェクト

運輸・物流企業グループで初めてクレジットを取得。環境教室などを開催し「高尾100年の森」プロジェクトと連携を提案。

徳島県那賀郡那賀町における森林吸収源事業

阿波踊り、吉野川、自然豊かな木頭林業地は森林土壌に恵まれ、県産材の大規模供給基地としての役割を果たします。

徳島県有林CO2吸収プロジェクト

県内の模範となる森林整備を実施し,CO2の吸収促進と山村地域の雇用の創出・林業後継者の育成を図ります。

久万広域森林組合による久万高原町における間伐促進型森林吸収プロジェクト

霊峰 石鎚山に抱かれた当町は、清流 仁淀川の源流部に位置し清らかな流れを生み出す森林整備を進めています。

愛媛県伊予森林組合における間伐促進型森林吸収プロジェクト(輝く森林を未来へつなごうプロジェクト)

大規模な間伐による森林のCO2吸収量をクレジット化し、水源涵養機能、地域全体の活性化、雇用創出に貢献。

せいよ森林資源活用プロジェクト

西予市は「四国西予ジオパーク」として認定され四億年前の地質遺産、コウノトリやツルが飛来する自然環境を守ります。

高知県木質資源エネルギー活用事業B

放置されている未利用林地残材を、火力発電の化石燃料の一部代替でCO2排出削減と雇用創出、林業活性化を推進。

高知県大豊町ゆとりすとの森間伐推進プロジェクト

クレジット利用で、町内の森林整備の補助(再造林等)や林業の担い手育成支援(研修生の雇用費補助)等に活用。

九州・沖縄エリア

福岡市営林間伐促進型プロジェクト

オフセット・クレジットを利用し森林の整備・保全を促進するとともに地球温暖化防止対策を含めた環境保全に資する。

久留米市田主丸財産区間伐推進プロジェクト

間伐によるクレジットで持続可能な森林経営と森林の持つ水源かん養機能等公益 的機能の維持増進を図ります。

佐賀県有林間伐促進プロジェクト~「多良岳・有明海の森」間伐促進プロジェクト~

有明海はムツゴロウなど干潟特有の生物が多く生息しており密接な関係にある森林と河川の保全に貢献。

長崎県日本伝統建築を支える森のco2吸収事業

長崎の森林・海洋環境の保全を通じ、ヒノキ林の整備と、年々減少する宮大工など日本の伝統建築の担い手の保護に寄与。

熊本県県有林間伐プロジェクト

五木村を流れる球磨川及び川辺川上流で間伐を実施、土壌の保全など、適切な森林管理を行っています。

熊本県小国町間伐推進プロジェクト

78%が森林で、小国杉の生育に適した、豊かな緑と清らかな水、雄大な山々を間伐材の有効活用で守ります。

日田市上津江町間伐推進プロジェクト

間伐の推進で、森林のCO2吸収量を増大し、水資源の確保など様々な公益的機能と地産地消を推進します。

檜垣産業株式会社社有林J-VERプロジェクト(鹿児島県薩摩川内市藤川地区)

薩摩川内市の社有林738haの計画的な間伐を実施することで成長の良い健全な森林形成を目指します。

上記の支援団体は、環境貢献プラットフォーム「EVI」と提携している環境保全団体です。