電波品質改善の取り組み:ビッグデータの活用

掲載日:2014年4月9日
最終更新日:2017年3月3日

いつでもどこでも快適に利用できる無線ネットワークエリアの構築を目指すソフトバンクでは、さまざまな電波品質の改善に取り組んでいます。その一つが、「ビッグデータの活用」です。日本全国から集まる月間約10億件(2014年3月現在)もの膨大なログデータ(個人情報は含まれません)を分析して、つながりにくいポイントを特定、すばやくきめ細やかな対策を行っています。

詳しくは「ビッグデータを活用した品質改善の取り組み」でご確認いただけます。

ビッグデータを活用した品質改善の取り組み

ビッグデータを活用した品質改善の詳細を見る

その他の取り組み

ビッグデータの活用のほか、さまざまな取り組みを行っています。

ソフトバンクの基地局展開

より快適なネットワーク環境の提供へ

小セル化

はやさのひみつ

地下鉄の駅や駅間でも快適に