ソフトバンクWi-Fiスポット及びFREE Wi-Fi PASSPORTご利用のお客さまへ サーバ証明書切り替えによる影響のご案内

掲載日:2015年10月5日

Read this notice in English(英語)

ソフトバンクWi-Fiスポット及びFREE Wi-Fi PASSPORTのログインサーバでは、ログインIDとパスワードを盗まれないよう、暗号化して通信する仕組みを採用しています。暗号化にあたってはサーバ証明書を使用していますが、2015年12月より、より安全性の高い暗号化アルゴリズムである「SHA-2証明書」へ切替を予定しています。昨今利用されているパソコン、スマートフォンの多くはSHA-2証明書に対応しており、従来通りサービスをご利用いただけます。対応していない一部の携帯電話やWindows XP SP2以前のパソコン、ゲーム機の一部においては以下サービスがご利用いただけなくなります。

対象サービスとSSID

サービス名 SSID
FREE Wi-Fi PASSPORT .FREE_Wi-Fi_PASSPORT
ソフトバンクWi-Fiスポット(EX) SWS1day
ソフトバンクWi-Fiスポット(フリー) 提供施設によって異なります。

確認方法

携帯電話の場合

SHA-2に対応していない携帯電話機種については、携帯電話事業者各社からの情報をご確認下さい。

  • ソフトバンクのページを確認する
  • NTTドコモのページを確認する
  • KDDIのページを確認する
  • パソコン、スマートフォンの場合

    ご利用中のパソコン、スマートフォンのSHA-2証明書対応状況は、サイバートラスト株式会社のSHA-2接続確認ページの表示可否にてご確認いただけます。SHA-2 証明書に対応している場合、下記の確認画面が鍵マーク付で表示されます。対応していない場合は、確認画面は表示されずにエラーやセキュリティ警告が表示されます。

    サイバートラスト株式会社 SureServer[SHA-2]3階層 このページはSSL接続しています。

    SHA-2接続確認をする