新学期に向けたフィルタリングサービス普及啓発の取り組みのご案内

掲載日:2014年3月12日

ソフトバンクモバイル株式会社では、青少年に安心・安全に携帯電話をご利用いただくため、これまでよりさまざまな取り組みを実施しております。このたび多くの青少年が新たに携帯電話を手にする新学期の時期をとらえて、内閣府・総務省などによる「春のあんしんネット・新学期一斉行動」の取組とも連動し、より一層の取り組み強化のため、店頭におけるフィルタリングサービスに関する説明の徹底、フィルタリングサービスなどの普及啓発活動などを展開します。主な取り組み内容をご紹介します。

フィルタリングサービス・アプリケーションの提供

利用者の年齢に合わせて、有害サイトへのアクセスやアプリケーションのインストールを制限できるサービスです。ソフトバンクモバイルでは、「ウェブ安心サービス」「スマホ安心サービス」「Yahoo!あんしんねっと for SoftBank」などを提供し、携帯電話・スマートフォンをより安心・安全に利用できる環境を整えています。

店頭でのフィルタリングサービス設定と説明の徹底

未成年者が利用される場合や、契約時に保護者から不要との申し出がない限り、法令に基づきフィルタリングサービスを設定するとともに、フィルタリングサービスに関する説明も徹底して行っています。

コンテンツ提供会社への年齢情報提供

より安全にSNSコンテンツを利用するためには、正確な使用者年齢の認証が必要です。ソフトバンクモバイルでは、携帯電話の使用者情報を活用し、コンテンツ提供会社へ年齢情報の提供を実施しています。

子どもの情報モラル・リテラシー向上支援

携帯電話を正しくご利用いただくために、マナーやルールを呼びかけ、子どもや保護者を対象とした啓蒙活動などに積極的に取り組んでいます。

「考えよう、ケータイ」シリーズの提供

NPO法人 企業教育研究会と協力し、携帯電話・スマートフォンとの付き合い方や、トラブルについて学ぶことができる教材「考えよう、ケータイ」シリーズを、全国の小・中・高等学校に無料で提供しています。

「Yahoo!あんしんねっと for SoftBank」に「ネットあんぜん検定」を追加

フィルタリングサービスが利用できるアプリケーション「Yahoo!あんしんねっと for SoftBank」に、子どものインターネットリテラシーを判定する新機能「ネットあんぜん検定」を、2014年2月より追加しました。「ネットあんぜん検定」では、総務省が提供する青少年のインターネットリテラシー指標を表したILAS(Internet Literacy Assessment indicator for Students)に準じて、安心ネットづくり促進協議会で作成した問題を活用し、一人ひとりのインターネットリテラシー判定結果と対策方法を紹介しています。

今後も引き続きこれらの取り組みを継続し、青少年の健全な携帯電話等の利用環境の実現を図ってまいります。

関連情報

「春のあんしんネット・新学期一斉行動」の取組(総務省)を見る

「新学期に向けたフィルタリングサービス普及啓発の取り組みについて」(電気通信事業者協会)を見る

「いつも安心・安全を」ソフトバンクの取り組みを見る