新学期に向けたフィルタリングサービス普及啓発の取り組みのご案内

掲載日:2017年2月20日

ソフトバンクでは、青少年に安心・安全にスマートフォンなどをご利用いただくため、さまざまな取り組みを実施しています。昨年に引き続き、多くの青少年が新たにスマートフォンなどを手にする新学期の時期に向けて、より一層の取り組み強化のため、内閣府・総務省などによる「春のあんしんネット・新学期一斉行動」の取り組みとも連動し、店頭でのフィルタリングサービスに関する説明の徹底やチラシ、ポスター、動画を使ったフィルタリングサービスの普及啓発活動などを展開します。当社の主な取り組み内容をご紹介します。

携帯電話事業者共通の取り組み

携帯電話事業者共同で、ウェブチラシ作成およびウェブ広告の実施

公益社団法人日本PTA全国協議会、一般社団法人全国高等学校PTA連合会、安心づくりネット促進協議会、一般社団法人全国携帯電話販売代理店協会にご協力いただき、フィルタリングサービス加入促進に関するチラシを作成しました。また、2017年3月1日(水)よりウェブ広告を実施します。

携帯電話事業者共同で動画を配信

携帯電話事業者にて作成した、家族間でのルール作りやフィルタリングサービス利用に関する動画を、携帯電話ショップなどの店頭やウェブサイトで引き続き配信します。

ソフトバンクの取り組み

フィルタリングサービスの普及と分かりやすさの向上

2017年3月より以下の取り組みを実施します。

①iPhone・iPad へ向けたフィルタリングサービスの提供

iPhone・iPad へ向けた「あんしんフィルター※1」の提供を開始します。

②フィルタリングサービスの名称およびアイコンの統一

これまで携帯電話事業者やOSなどによって異なっていた、フィルタリングサービスの名称およびアプリアイコンを統一します。それにともない、Android™ 搭載端末へ向けたフィルタリングサービス「スマホ安心サービス」は「あんしんフィルター※1」に名称変更し、アプリアイコンは下記に変更します。

あんしんフィルター for SoftBank

③説明ツールの統一化

これまで携帯事業者によって異なっていた、青少年のインターネット利用に関する説明内容を統一します。

  • ※1

    サービスの正式名称は「あんしんフィルター for SoftBank」です。

「考えよう、ケータイ」シリーズの提供

NPO法人企業教育研究会と協力して、携帯電話・スマートフォンとの付き合い方や、トラブルについて学び、考えることができる映像付き教材「考えよう、ケータイ」シリーズを、全国の小・中・高等学校などに無料で提供しています。授業・講演会後に家庭で情報共有するための配布用資料などもセットになっており、学校、地域、家庭で学んでいただける内容になっています。最新版の第4版では、青少年が多く利用するコミュニケーションアプリケーションにおける友人とのトラブルなどを取りあげています。また、誰でもかんたんに参加型の授業や講座を進行できるよう、保護者・教員向けの情報リテラシー講座を開催しています。

考えよう、ケータイの詳細をみる

地域連携の強化

全国各地で開催される青少年や携帯電話に関するさまざまなイベントにブースを出展し、携帯電話を安心・安全にご利用いただくためのマナーやルール、情報モラルを、保護者や青少年へお話ししています。また、府省庁や各地域のPTA、自治体などと連携した啓発活動を強化しています。

時期 主な連携活動
2016年7月 広島自治体研修での講演
8月~10月 高校生ICTカンファレンス長野大会の運営協力
10月~3月 川崎市PTA連携事業「保護者研修会」
10月 警視庁フォーラムへのパネリスト登壇
仙台フォーラムの開催協力
11月 内閣府ネットフォーラムの運営協力(茨城・和歌山・島根)
栃木フォーラムへのパネリスト登壇
仙台市PTAフェスティバルへの出展
12月 福岡県中高生ICTカンファレンスでの講演
文部科学省千葉県PTA研修会でのパネリスト登壇
2017年2月 警視庁フェスティバルへの出展

また、上記以外にも、情報通信の安心・安全な利用のための標語活動への参画や、総務省、文部科学省が推進する啓発教育「e-ネットキャラバン」に社員が講師となって参画し、全国の学校などで研修会を行っています。 今後もこれらの取り組みを継続し、青少年の健全なスマートフォンやインターネットなどの利用環境整備を図ってまいります。

関連情報

平成29年「春のあんしんネット・新学期一斉行動」の取組み(総務省)をみる

「新学期に向けたフィルタリングサービス普及啓発の取り組みについて」(電気通信事業者協会)をみる

「いつも安心・安全を」ソフトバンクの取り組みをみる