子ども自身にも考えさせたい!

持たせてどんな変化

あった!?

小学6年生からスマホを持たせたママに、
持たせる前の準備や変化を聞いてみました。

子ども扱いせず、任せてみたら
計画性まで身に付いて大成功!

Iさん

Iさん

息子にスマホを持たせたのは小6の3月。

すでにまわりの子たちはほとんどスマホを持っていて、遅いくらいでした。

ママ友から、使いすぎや課金、メッセージのトラブルなどの話を聞いていたので、ちょっと心配はしていたんです。

でも、しっかりルールを決めて、子ども扱いせずに息子と話し合いをしたうえで持たせたので、心配するようなことは起こっていません。

Mさん

Mさん

誘われてゲームを長くやってしまったり、ついついまわりの子たちに流されてしまうことはないですか?

親に内緒で課金してしまわないかも心配です。

Iさん

Iさん

息子に「このスマホはママがお金を払って、あなたと連絡を取るために持たせている」ということをちゃんと話したうえで持たせたので、それ以外に使うのは基本的にイレギュラーなことだと認識してくれています。

データ利用量に制限があるということを理解し、最初からそれを超えないようにやりくりできたことには結構びっくり。

決められた範囲内でおさまるよう、自分で考えてやりくりすることで、計画性も身についたと思います。

とはいえ「ついうっかり」ということもあると想定し、フィルタリング機能を活用して使用時間の上限を設定したり、アプリのインストールと課金ができないよう利用制限しています。

ウェブでのコミュニケーションは
慎重派に変化

Mさん

Mさん

友達とのメッセージトラブルの話をママ友から聞いたことがあるのですが、Iさんのお子さんは大丈夫ですか?

Iさん

Iさん

うちの息子は何事も焦って取り組んで失敗しやすい性格なのですが、使うときの注意点をあらかじめ教えていたので、メッセージについてはかなり慎重派になりました。

送信ボタンを押す前に文章を読み返すこと、グループメッセージでいじめのような書き込みを見たらすぐ私に報告すること、また、撮った画像や動画はどんなものでもメッセージでは送らないということも徹底できていますよ。

スマホは便利だけど、その分リスクもあるということを十分に理解して使ってくれているので、親としても安心できています。

まとめ

01

ルールを決めたら、
スマ
ホの使い方は子どもに考
えさせてみよう!

スマホを持たせるときに「外で親と連絡を取り合うために使うんだよ」など、利用目的を子どもに伝え、理解させましょう。最初にきちんと理解させることで誤った使用を防げます。

02

適切に利用させるための
ルールを設定しよう!

押さえておきたいルールは、適切に利用するための「使用時間」、リビングはOK・子ども部屋や食卓はNGなどの「使っていい場所」、ゲームなどのやりすぎを予防するための「使用していいアプリ」、高額請求を予防するための「課金の可否」、コミュニケーション上のトラブルを防ぐ「メッセージなどでやり取りする範囲・使用時のルール」など。家庭ごとに子どもとじっくり話し合って決めましょう。

03

ルールを守らせるために
工夫しよう!

スマホを持たせる前に決めたルールが、使い始めてみたら子どもには合わないということもあります。そのとき、強固に守らせようとすると、子どもの反発を生む可能性があります。子どもと話し合い、利用状況にマッチするルールに設定し直すという選択肢も頭に入れておきましょう。

最後に

スマホを早めに持ち始めればそれだけ早く使いこなせるようになりますが、一方でお金が発生することの重要さやリスクを理解してもらうのが難しいと心配する親もいます。

初めに親子で話し合ってきちんとルールを設定し、スマホの機能で利用制限もかけることで子どものスマホデビューはうまくサポートできるでしょう。

ソフトバンクから耳より情報

スマホトラブルを未然に防ぐ! ソフトバンクの安心サービス

あんしんフィルター

ついうっかり!を防ぐために、安心サービスでお子さまのスマホの利用状況を確認!
ソフトバンクの「あんしんフィルター」はデータ使用量などを管理者である親が確認できる機能が備わっているので、データの使いすぎを未然に防ぐ事ができます。

また、意図しない課金を制限する「ジュニアスマホ」というサービスも無料で提供しているので、お子さまと話し合って賢く利用しましょう。

お話を聞いたのは...

Iさん

スマホを持たせて
いるママ

Iさん

長男(13歳)、長女(11歳)の2人の子どもを持ち、仕事、家事、子育てに奮闘するママ。
子どもが楽しく守れるさまざまなルール作りをするのが得意。スマホを持たせるにあたっては、「契約書」を作り、息子としっかりと話し合いを実施。

Mさん

スマホを持たせて
いないママ

Mさん

長男(12歳)、二男(10歳)、長女(9歳)の3人の子どものママ。
スマホについては「小学生にはまだ早い」と思っていたが、長男のまわりの子たちが持ち始めて若干焦り中。