留守番電話のご利用方法

留守番電話・着信お知らせ機能を利用する トップへ戻る

10.伝言メッセージの録音

(1)世界対応ケータイご利用中のソフトバンク携帯電話からダイレクトアクセスで伝言を残す場合

ダイレクトアクセスは、相手の電話を呼び出すことなく、直接留守番電話に接続し、伝言メッセージを残せる機能です。海外でご利用の場合や、会議中で電話を鳴らしたくない場合などは、あらかじめ電話をかける方に伝えておくと便利な機能です。

  • お客様が世界対応ケータイご利用中に圏外・通話中・電源OFFなどで電話に出ることができない場合、電話をかけた方にはシステム音声で次のガイダンスが流れますので、ダイレクトアクセスを利用して伝言メッセージを残してください。

こちらはソフトバンク留守番電話サービスセンターです。おかけになったお客さまにメッセージを残したい場合は090-6651-7777におかけ直しください。

  • 電話番号はお間違いないようおかけください。

1.+-81※1-9066517777を押してください。

  • ※1
    国番号(日本)
  • 電話番号はお間違いないようおかけください。
  • 「+」は、機種によって「+」キーの長押し、または二度押しで入力できます。
  • 「+」のダイヤル方法は機種により異なります。詳しくは携帯電話の「取扱説明書」をご参照ください。
  • 海外から電話をかける場合は、電話が繋がった時点から通話料がかかります。
ガイダンス

こちらはソフトバンク留守番電話サービスセンターです。This is the softbank voicemail service center.

2.伝言を残したい方のソフトバンク携帯電話を入力し、#を押してください。

ガイダンス

メッセージを残したいお客さまの電話番号を押して最後に「#」を押してください。Please dial the phone number of the person you want to leave a message for, and then press #.

3.あとの操作は6-(1)相手の方が電話に出られない場合と同じです。

  • 相手の方がオリジナル応答メッセージ、または不在案内メッセージを設定している場合はこのメッセージは流れずに、留守番電話のご契約者が設定したメッセージが流れます。
ガイダンス

発信音のあとにメッセージをどうぞ。メッセージが終わりましたら、そのまま電話をお切りになるか「#」を押してください。