迷惑メールが届きやすくなるケースと防ぐ方法を確認する

迷惑メールとは、知らない相手から届く見知らぬサイトなどの広告・勧誘メールのことを指します。
なぜ迷惑メールが届くようになるのか、ご案内いたします。

近年の迷惑メール送信業者は、以前と比べ、より確実な方法でメールアドレスを収集するようになっています。インターネット上に利用者が掲載しているメールアドレスを収集したり、利用者にメールアドレスを登録させるためのおとりサイトを設置したりとあの手この手で情報を集めます。
収集されたメールアドレスは、業者のメール送信リストに登録され、そのリストが迷惑メール送信のあて先として利用されます。

迷惑メールはこんな方に届きやすい

その1 短くて分かりやすいメールアドレスにしている ↓どのような会社が運営しているか分からない、さまざまなサイトに登録・応募しているその3 ブログやTwitter、SNSサイトのアカウントとメールアドレスを一緒にしたりアドレスを公表している ↓
迷惑メール送信業者によるメールアドレスの収集 ↓
迷惑メール送信業者が収集したりランダムに組み合わせたメールアドレスにメールを大量送信 ↓
迷惑メールの受信

迷惑メールを防ぐには

迷惑メールを防ぐには、むやみに個人情報をインターネット上に記載したり、見知らぬサイトに登録したりしないことが重要です。
また、迷惑メールをブロックする機能を上手に利用することも有効です。

迷惑メール対策の流れ