Xperia™ XZ1
(エクスペリア エックスゼットワン)

Xperia™ XZ1 :撮る、聴く、観る。 ソニーの技術が生み出す感動をその手に。
発売中
  • 正面
  • 背面
  • 側面
  • 正面
  • 背面
  • 側面
  • 正面
  • 背面
  • 側面
  • 正面
  • 背面
  • 側面
  • ムーンリットブルー
  • ブラック
  • ウォームシルバー
  • ヴィーナスピンク

製品別サポート情報(取扱説明書・ソフトウェアアップデートなど)

仕様・付属品の詳細をみる

プロモーションムービー

カメラ

先読み撮影(笑顔)

カメラが被写体の動きや笑顔を検知すると、自動で画像を一時保存。
撮影時と一時保存していた画像の中から、最大4枚の写真を残せます。

先読み撮影(笑顔)

スーパースローモーション

1秒960コマのスーパースロー映像を撮影可能。
通常映像(1秒30コマ)からスーパースローへの緩急が印象的な、大迫力の映像を残せます。

  • スーパースローモーションは、短時間で高速の連続撮影をするため、明るい場所での撮影をお勧めします。

オートフォーカス連写

被写体の動きを予測してフォーカスを合わせ続けるので、走っている子どもやペットなどをクリアに連写できます。

オートフォーカス連写

オーディオ

ハイレゾ再生+デジタルノイズキャンセリング

CDを超える高音質なハイレゾ音源の再生と、周囲の騒音をカットするデジタルノイズキャンセリングを両立。クリアで上質な高音質を堪能できます。

ハイレゾ再生+デジタルノイズキャンセリング

  • ハイレゾ・デジタルノイズキャンセリング対応のヘッドホンMDR-NC750(別売)が必要です。

大迫力で音楽を楽しめるフロントスピーカー

従来機種とくらべて音量が約50%アップ※1しました。
音楽や動画などを、Xperia™ 史上最大音量※2のダイナミックなサウンドで楽しめます。

大迫力で音楽を楽しめるフロントスピーカー

  • ※1
    Xperia™ XZsとの比較。
  • ※2
    2017年8月現在。ソニーモバイルコミュニケーションズ(株)調べ。

ソニーならではのカラーコーディネートでかっこよく高音質を楽しむ

Xperia™ とソニー製ヘッドホンh.ear onの色を調和の取れたカラーに仕上げました。

ソニーならではのカラーコーディネートでかっこよく高音質を楽しむ

  • ソニーストア、一部量販店にて発売予定。

ディスプレイ

見とれるほどに美しい色彩とコントラストHDR対応ディスプレイ

ブラビア® の高画質技術から生まれたディスプレイがHDRに対応。
肉眼で見ているような色彩と明暗差のコントラストを描き出します。

見とれるほどに美しい色彩とコントラストHDR対応ディスプレイ

3Dクリエーター

人の顔や物などを3Dで撮影できる

ソニー独自開発のアプリ「3Dクリエーター」を使って、人物やお気に入りの人形、食べ物などを360度の3D撮影が可能。人の顔であれば約30秒で撮影できます。

人の顔や物などを3Dで撮影できる

アバターを作ってARで遊べる

写真や動画に3Dアバターを入れて撮影できます。
撮影した写真や動画などはSNSに投稿することも可能です。

アバターを作ってARで遊べる

  • カメラアプリ「ARエフェクト」のテーマ「ミニチュア」で撮影できます。

SNSでかんたんにシェアできる

3Dアニメーションを使えば、動きやメッセージを使えてかんたんにシェアできます。

SNSでかんたんにシェアできる

  • 3Dアニメーションは、ARエフェクトアプリのアップデート(2017年11月以降提供予定)で対応。

3Dプリンタを使ってフィギュアを作れる

DMM.make 3Dプリントサービスで、スキャンしたデータからオリジナルのフィギュアを作成できます(有料)。

3Dプリンタを使ってフィギュアを作れる

  • 3Dプリントのサービスは、3Dクリエーターアプリのアップデート(2017年11月以降提供予定)で対応。
  • 3Dプリントの全身フィギュアは、頭部のスキャンデータとDMM.make 3Dプリントサービスで提供しているコスチュームを組み合わせることで作成できます。

ANA Phone限定壁紙

機窓から見える鮮やかな空のグラデーションを表現した5種類のANA Phoneオリジナルの壁紙がプリインストールされています。

ANA Phone限定壁紙

関連情報

メーカーサイト

メーカー公式サイトの製品ページに移動します。

Xperia™ XZ1 製品ページ

ご注意

  • 画面はすべてイメージです。実際の画面とは異なる場合があります。
  • 掲載した製品は性能・機能向上のために、仕様およびデザインを予告なく変更する場合があります。