携帯電話マナー

映画や病院ではOFF。運転中の通話は罰金に!

映画や病院ではOFF。運転中の通話は罰金に!

いつでもどこでも使える携帯電話だから、場所をわきまえたマナーも必要です。映画館や美術館など、たくさんの人が楽しみに来ている場所であなた一人が通話して迷惑をかけるのはもってのほか。運転中の通話なんて、絶対ダメですよ!

やめましょう、歩きスマホ。

携帯電話を操作しながらの歩行は大変危険です。
画面に集中し周囲への注意が散漫になり、思わぬ事故につながる場合があります。
危険な歩きながらのスマホ操作を防止するアプリケーションをご利用ください。

「STOP歩きスマホ」の詳細をみる

わき見運転につながる携帯電話の通話は、法律違反!

移動中に使えて便利な携帯電話も、運転中は事故につながりかねない危険なもの。道路交通法により、自動車などの運転中に携帯電話を使用することは禁止されています。
さらに自転車でも、安全運転義務違反になる場合があります。運転中は、留守番電話を利用しましょう。

運転中における携帯電話・PHSなどの使用は、従来より道路交通法で禁止されていましたが、平成16年11月1日の改正以降、運転中に手に持って通話したり、メールやインターネットを確認するなど、手に取って携帯電話の画面を見るだけでも「5万円以下の罰金」の対象となりました。
また、各都道府県の規制によっては、運転中のイヤホンマイクによる通話にも罰金が科される場合があります。ハンズフリー機器やイヤホンマイクをご利用の場合でも自動車を安全な場所に停車してからご利用ください。

おさらい携帯電話マナー

安全についてのマナー

飛行機内

【飛行機内】

飛行機の計器は携帯電話の電波に敏感です。思わぬ事故につながることがあるので必ず電源をOFFに。

病院内

【病院内】

携帯電話の電波が医療用電子機器に影響を与える可能性があるので、メールの受信などで作動しないよう事前に通信機能が使用できないモード、または電源をOFFに。

公共の場所でのマナー

映画館・美術館など

【映画館・美術館など】

映画館や劇場、図書館、美術館など、鑑賞を主として楽しむ場所は静かなもの。着信音や通話は周囲の迷惑ですので、電源をOFFに。

レストランやホテルのロビー

【レストランやホテルのロビー】

公共の静かな場所では、声のトーンをおさえて手短に会話を済ませましょう。

街中では

【街中では】

通行量の多い場所では、通話や携帯電話の操作に気を取られて歩行者にぶつかったり、手荷物を紛失したりする危険性があります。歩きながら、または急に立ち止まっての通話や操作は控えましょう。

携帯電話マナーに関するお問い合わせ

Q. 電車やバスの中では、着信音が鳴らないようにマナーモードにすればよいのですか?
A.

電車やバスの中は、公共の場所であると同時に混雑する場所でもあります。突然着信音が鳴ったり、突然大声で話しだしたりされたら誰もが不快。まずこれをしないのが当然のマナーです。また、医療用機器を装着している方への配慮も必要です。それゆえ「優先席付近では電源OFF、それ以外ではマナーモードに設定し通話は禁止」と統一している会社もありますが、声の大きさや周囲への迷惑を考え、鉄道・バス会社の提唱するルールに従いましょう。

病院外でも、医療用機器に対する影響を考えましょう。

付近に心臓ペースメーカーなどの医療用電子機器を装着している方がいる可能性がありますので、身動きが自由に取れないような混雑した場所では、事前に通信機能が使用できないモードか携帯電話の電源をOFFにする気配りをお願いいたします。

撮影ルール

本や雑誌の情報を勝手に撮る・・・それっていいの?

本や雑誌の情報を勝手に撮る・・・それっていいの?

カメラ付き携帯電話を使って書店で情報誌などの記事を撮ったりしていませんか?それはルール違反なんですよ。便利で手軽なだけに、携帯電話のカメラ機能は、ほかにもさまざまな場面で社会問題となっています。気を付けて!

便利だからといって、安易に撮影しないで。

便利だからといって、安易に撮影しないで。

携帯電話のカメラは写メールや記念撮影など、コミュニケーションをより楽しむためのものです。知りたいページだけ盗み撮るなんてひどいルール違反!情報も売り物であり、著作物です。また、写真には、肖像権などの権利問題を含むことがありますから、むやみな撮影は控えて!

カメラ付き携帯電話による問題の具体例

【美術館で展示された芸術作品を無断で撮影】
鑑賞を主として楽しむ静かな場所では、まず携帯電話の電源を切るのがマナー。
ましてや無断での撮影は、著作権法上の問題も含んできます。

【人物を無断で撮影】
個人を許可なしに取ると、肖像権の侵害に当たる場合があります。また、有名人の肖像は、営利上の価値があるため、無断で利用することは財産権である「パブリシティ権」侵害の対象となる場合があります。

【わいせつな目的での盗撮】
水着の女性を盗撮するなど羞恥を覚えさせるような行為は、痴漢同様、迷惑防止条例違反となります。

著作権の侵害にはくれぐれもご注意ください。

上記のように、カメラ付き携帯電話で著作物の情報を撮ることは悪質なルール違反ですが、それ以上に、撮影した情報を広く公開した場合には著作権の侵害に当たりますのでご注意ください。

  • 著作権とは、作者が著作物を勝手に利用されないよう(財産的な利益や人格的な利益を)保護する権利です。

美術館では、マナーと著作権の問題が。

美術館では、着信や通話による迷惑音対策として、もともと携帯電話の持ち込みを禁止している所も多くあります。しかし、それ以上に、著作権を侵害する問題があるほか、フラッシュが作品を傷めるおそれもあるようです。カメラの使用および著作権への配慮をお願いいたします。