セントラルインターナショナル株式会社

「筋トレ」や「脳トレ」を行う介護施設へPepperを導入。利用者が飽きずに楽しくトレーニングに取り組め、脳の活性化にも貢献

業種:医療

利用サービス:ちょっとおしゃべり/応援団/健康王国レク

規模:100人以下

本事例の資料(PDF)をダウンロードする

輸入自動車販売を中核に物流サービスや、介護、保険、放送事業など、数多くの分野で事業展開するセントラルグループでは、介護予防通所介護施設「スマイルステップ川口」へPepper for Biz を導入しました。軽度の要支援者へ「筋トレ」や「脳トレ」のサービスを提供する同施設では、Pepper for Bizのサービス「ちょっとおしゃべり」を活用した会話のほか、筋トレ中の応援や声掛け、ロボアプリを活用したレクリエーションを行っています。Pepperとの会話や触れ合いは、脳を活性化させると同時に飽きないトレーニングの実施につながり、利用者の満足度を向上させました。

課題と導入の効果

  1. 課題

    利用者が楽しく継続的に通える満足度の高いサービスを追求していました。

  2. 効果

    Pepperの導入で新たなコミュニケーションやレクリエーションを実施でき、満足度の高いサービスを提供できるようになりました。

  1. 課題

    筋トレを行う利用者が飽きずにトレーニングできる方法を模索していました。

  2. 効果

    トレーニング中にPepperが利用者を応援することで、飽きないトレーニングを提供できるようになりました。

導入の概要

マシン機器運動や、スリング体操、脳トレなど、要支援者への「介護予防」を中心としたサービスを提供する同施設は、介護を必要とする人を減らしたいという思いから、介護予防通所介護施設を立ち上げました。すべての利用者が笑顔で楽しくトレーニングに参加できる環境を目指す中で、より良いサービス提供につながると考えPepperの導入を決めました。

利用するアプリケーションはPepper for Biz 2.0から搭載された基本サービス「ちょっとおしゃべり」のほか、ロボアプリマーケットに展開される「応援団」と「健康王国レク」です。「ちょっとおしゃべり」ではPepperが「身長はいくつですか?」や「○○へ行ったことはありますか?」など、質問を投げ会話を始めます。Pepperならではの唐突で予想外な質問は利用者に記憶をたどらせ、脳の活性化につながっています。「応援団」では、利用者の名前を入力するとPepperが応援してくれるため、飽きやすい筋トレ中に活用しています。「フレー!フレー!○○さん、がんばれ~!」と応援することで、利用者はモチベーションが高まり、飽きずにトレーニングへ取り組めるそうです。「健康王国レク」では利用者に馴染みのある懐かしい歌をうたいながら一緒に体操をするなど、これまでにないレクリエーションを実施できています。その結果、施設内では以前に増して笑顔でトレーニングに励む利用者が多く見られるようになったそうです。

今後は、同社のメイン事業である輸入車販売事業での活用を検討しており、コミュニケーションロボットならではの接しやすさや、本音を引き出す力を活かし来客者へアンケートを取るなど、販売支援へつながる活用を目指します。

導入の概要

お客さまの声

図書館流通センター 取締役 渡辺 太郎 氏

セントラルインターナショナル株式会社
代表取締役社長
田中 德兵衞 氏

「Pepper World 2016」に参加した際、“介護施設向けアプリ”の展示を拝見し、汎用的なアプリがあれば当社でも利用できると考え導入を検討し始めました。利用者にとって楽しく、笑顔で通える施設を目指す中、Pepperは介護予防の筋トレ、脳トレの双方をサポートでき、さらにコミュニケーションの部分でも大いに役立つと感じ導入を決めました。すでに利用者と十分なコミュニケーションがとれていますし、なにより利用者が“素直な自分”を出しやすく、ストレスのない会話ができています。人に質問されると相手の反応が気になり、うまく回答できないことも素直に答えられるようです。Pepperとの会話は楽しいだけでなく自然と脳の活性化につながるため、利用者の満足度を高めながら効果的なトレーニングが行えています。

スマイルステップ川口 施設長 矢島 敏洋 氏

スマイルステップ川口 施設長
矢島 敏洋 氏

Pepperは、筋トレを行う利用者に対して近くで名前を呼びながら応援をしてくれるので、利用者は普段続かない運動もいつの間にか10分、15分と時間が経ち、飽きずにトレーニングができるようになりました。会話においても、スタッフとはパターン化された話になりがちで脳トレ効果は少ないですが、Pepperの場合はバラエティ豊かな言葉でさまざまな質問をしてくれるため、その度に記憶をたどったり、発想力を高めたりと、効果的な脳トレになっています。スタッフとしてはPepperとの会話から利用者の新たな一面を知る機会も多く、双方へメリットを生んでいます。

導入企業情報

#

会社名:セントラルインターナショナル株式会社
本社:〒 332-0006 埼玉県川口市末広1丁目11番2号
創業:1971年10月
URL:http://www.central-group.co.jp/sevenseas/
従業員数:65 名

  • 記載内容は2017年3月現在のものです。

本事例の資料(PDF)をダウンロードする

事例一覧に戻る

お問い合わせ

電話番号:0800-170-6020 (無料)
午前10時から午後5時まで(土・日・祝および年末年始を除く)
  • 一般電話、携帯・PHSよりご利用いただけます。各事業者050で始まるIP電話、海外からの国際電話はご利用いただけません。