よくある質問

Pepperパートナープログラム全般

Q. Pepperパートナープログラムの認定資格に有効期限はありますか?
A. 有効期間は1年間です。
例)2017/6/7〜2018/5/31
有効期間満了の3ヶ月前から更新手続きを受け付けております。
Q. Pepperパートナープログラムとは何ですか?
A. Pepper for Biz向けロボアプリの開発者などを総合的に支援するプログラムです。本プログラムでは、Pepper for Biz向けロボアプリを開発する事業者さまを対象に、「ロボアプリパートナー(Basic)」を認定し、支援しています。また、この上位資格として「ロボアプリパートナー(Advanced)」「UXデザインパートナー」「コンサルパートナー」を認定しています。
Q. Pepperパートナープログラムに関連する諸費用はいくらですか?
A.

Pepperパートナープログラムの年会費は2018年3月加入分まで無料です。(2018年4月以降は未定)
年会費以外の下記は有償です。
1.認定試験や認定トレーニング費用
2.会員向け各種ベネフィット利用料
※各種サービスの料金につきましては、こちらの料金表をご確認ください。

Q. パートナープログラムに有効期限はありますか?
A. 有効期限は1年です。有効期限を迎えますと更新していただく必要があります。

Pepperパートナープログラム申し込み

Q. Pepperパートナープログラムを申し込むための条件は何ですか?
A. 所定の筆記試験、実技試験に合格後、別途お申し込みが必要となります。 試験は随時開催しており、資料請求された法人さまへご案内しております。 資料請求をご希望される方はこちらよりお申し込みください。
Q. Pepperパートナープログラムのロボアプリパートナー(Basic)の申込時に必要なものはありますか?
A. 申込時に必要なものは以下となります。
  • Pepperパートナープログラム申込書(Excelファイル)
  • Pepperパートナープログラム申込書(押印済み原本)
  • 登記簿の謄本・抄本もしくは現在事項証明書(コピー不可・3ヵ月以内)

トレーニング

Q. Pepperアプリケーション開発入門トレーニングとはどのような内容ですか?
A. 法人向けモデルPepper for Bizアプリケーション開発に関わる開発環境の使い方から、会話・モーション(動き)・ディスプレイを交えたPepper ロボアプリの開発方法を実機演習を交えて解説します(2日間コース)。詳細はこちらをご確認ください。
Q. Pepperアプリケーション開発入門トレーニングと当初開催されていた「テクニカルレクチャー」はどのような違いがありますか?
A. テクニカルレクチャーは半日の講義でChoregrapheを中心とした内容で実機演習を含みませんでした。本トレーニングは2日間の講義でChoregrapheだけでなく、実機演習を交えながら学習出来るのが違いです。
Q. Pepperアプリケーション開発入門トレーニングとアトリエ秋葉原で開催されている「ワークショップ」とはどのような違いがありますか?
A. ワークショップとの主な違いは体系的かつ効率的に修得できる点です。
短期間で基礎から体系的に学習し、一定レベルまで引き上げる事ができる上、演習時間が確保されているため、不明点などを解消しながら、スキルを積み上げることが可能です。また、人材育成補助金を活用される企業様もいらっしゃいます。
一方、ワークショップは必要な部分をピンポイントで学習することが出来ます。
Q. Pepperアプリケーション開発入門トレーニングを申し込みたいのですが、どこから申し込めばよいですか?
A. こちらからお申し込みください。

認定試験

Q. ロボアプリパートナー(Basic)実技試験の課題で提出資料に決められたフォーマットはありますか?
A. 実技試験でご提出いただくドキュメントについて、決められた書式やサンプルなどはございません。 自社でお使いのフォーマットや独自のものをお使いください。
Q. ロボアプリパートナー(Basic)実技試験の課題を再提出したいのですが、どのような手順で提出すればよいですか?
A. 実技試験お申込み時にご案内した課題提出期限迄なら、何度でも提出は可能です。初回提出も再提出も提出手順に違いはなく、期限内の最新アップロードファイルのみが採点対象となります。
Q. Pepperパートナープログラム筆記試験、実技試験の領収書は宛名を変更できますか?
A. 宛名は変更できます。
試験お申込み時の氏名や会社名、振込人名義から宛名をお選びください。 すでに領収書を受け取っている場合は、事前に領収書をご返却いただくことになります。 Pepper パートナープログラム事務局までご依頼ください。
Q. Pepperパートナープログラム実技試験で提出するドキュメントについて雛形やサンプルはありますか?
A. 実技試験でご提出いただくドキュメントは特に雛形やサンプルなどはご用意しておりません。
課題に適した内容にてご提出をお願いいたします。
Q. Pepperパートナープログラムの筆記試験について、東京以外での開催はありますか?
A. 今後は地方での開催を予定しております。
予定が決まり次第、Webサイトにてご案内させていただく予定です。
Q. Pepperパートナープログラム認定試験の受験料を振り込みたいのですが、振込人名義を法人名にしても問題ありませんか?
A. 振込人名義を法人名になさる場合、お振込時の振込メッセージ(備考、通信欄)にて「申込番号+受験者名(カタカナ)」をご登録ください。
Q. Pepperパートナープログラムの筆記試験、実技試験の受験料の領収書を発行して欲しいのですが、どうしたらよいですか?
A. 筆記試験の領収書は試験会場でお渡しいたします。実技試験については課題提出の締切日から1週間後を目安にお手元に届くように郵送いたします。 領収書の名義は法人名とさせていただきます。
Q. Pepperパートナープログラムに筆記試験、実技試験の順番で受験する必要がありますか?
A. はい。筆記試験に合格いただいた後、実技試験をお申し込みいただけます。
Q. Pepperパートナープログラムの筆記試験は何人まで受験可能ですか?
A. 受験の人数、回数に制限はございません。
Q. ロボアプリパートナー(Basic)の認定取得のための筆記試験の過去問題集はありますか?
A. 筆記試験の過去問題集はございませんが、受験希望者さま向けにワークブックをご用意しております。 下記URLからPepper パートナープログラム資料請求のお申し込み、または筆記試験をお申し込みいただいた方にメールでご案内しております。
http://www.softbank.jp/robot/developer/partner/
Q. Pepperパートナープログラム認定試験の実技試験用にPepper for Bizを借りることはできますか?
A. Pepperパートナープログラム実技試験の開催期間に限り、Pepper for Biz を無料でお貸し出ししております。 ご希望の場合は Pepper for Biz 貸し出し用の試験コースへお申し込みください。
  • 受験料がかかります。また、往復の送料をご負担いただきます。
Q. Pepperパートナープログラムの実技試験でPepper for Bizを借りた場合の貸出費用はかかりますか?
A. Pepper for Biz の配送料(往復)は受験者の方にご負担をお願いしております。 お届け時は送料着払いでお送りしますので、返却時は送料元払いでご返送ください。 送料はお近くの運送営業店へご確認ください。
<Pepper梱包時のサイズと重量>
縦・横・高の3辺合計260cm、約42kg
佐川急便の場合、送料着払いの料金目安は6,000円前後(離島は除く)となります(2016年9月現在)。
Q. Pepperパートナープログラム認定試験の実技試験用にお借りしたPepper for Biz はどこに返送すればよいですか?
A. 受験お申し込みの際に、Pepper パートナープログラム事務局からご案内差し上げるメールの添付ファイル「お貸し出しするPepperについて.pdf」で指定した場所へご返送ください。 返却の際は送料のご負担をお願いいたします。
Q. Pepperパートナープログラムの実技試験は何名まで受験できますか?複数回申し込みできますか?
A. 実技試験は企業単位での受験となります。 複数名で実施いただいても、1名で実施いただいても問題ございません。 複数回お申し込みいただいても問題ございませんが、それぞれお申し込み回数分の受験料が必要となります。
Q. Pepperパートナープログラムの実技試験でPepperをすでに所有している場合、貸し出しを希望しないこともできますか?
A. 貴社にて所有いただいているPepper for Bizをご利用いただき、課題を作成いただければと存じます。
Q. Pepperパートナープログラムの実技試験で借用したPepper for Bizが故障したのですが、どうしたらよいですか?
A. メールで速やかに詳細な故障内容、エラーコードをPepperパートナープログラム事務局へご連絡ください。物理的な破損が見当たらない場合は再起動や初期化をお試しいただき、症状に変化があればあわせてPepperパートナープログラム事務局までご連絡ください(実技試験用機体はPepper for Bizのカスタマーサポート窓口では対応できませんのでご注意ください)。
参考:トラブルーシューティング
Q. ロボアプリパートナー(Basic)の認定取得のための筆記試験の開催頻度はどれくらいですか?
A. 筆記試験は月に1回程度開催しています。 月によっては開催数が増減することがありますので詳しい開催日時は筆記試験お申し込みページでご確認ください。 資料請求からお申し込みいただいた方に筆記試験お申し込みページをメールにてご案内いたします。
http://www.softbank.jp/robot/developer/partner/
Q. ロボアプリパートナー(Basic)の認定取得のための実技試験の開催頻度はどれくらいですか?
A. 実技試験は月に3回程度開催しています。 月によって開催数が増減することがありますので詳しい開催日時は実技試験お申し込みページでご確認ください。 実技試験のお申し込みページは、筆記試験の合否通知メールにてご案内いたします。
Q. Pepperパートナープログラム筆記試験のお申し込みを代理で手続きすることは可能でしょうか。
A. 代理手続きは可能です。ただし、受験者さまのお名前でお申し込みいただく必要がありますのでご注意ください。
Q. Pepperパートナープログラム筆記試験、実技試験の領収書は宛名を変更できますか。
A. 変更できます。 法人名宛から変更なさりたい場合、Pepper パートナープログラム事務局までご依頼ください。 すでに領収書を受け取っている場合は、事前に領収書をご返却ください。

認定ロゴ

Q. ロボアプリパートナー(Basic)の認定を取得したため、自社ホームページおよび名刺などに認定ロゴを貼り付けたいのですが、認定ロゴのデータ提供をお願いするにはどのような手続きで申請すればよろしいでしょうか?
A. Pepperパートナープログラムへのご登録完了メールにて、認定ロゴのダウンロードURLをお送りいたしますので、ダウンロードしてご利用ください。
認定資格名や認定ロゴの使用につきましては、Pepperパートナープログラム付随サービス規約 第6章を厳守いただきますようお願いいたします。
Q. Pepperパートナープログラムのパートナー認定ロゴは全社員の名刺に載せてもよいのですか?
A. 社員であれば結構です。グループ会社や関係会社の社員の名刺に載せることはできません。

ブランドチェック

Q. Pepperについて各種メディアに掲載したい場合、どのようなことに気を付ける必要がありますか?
A. こちらに掲載されているガイドラインを厳守いただきますようお願いいたします。
商標・著作物・Pepperキャラクターに関するガイドライン
商標・著作物・Pepperキャラクターに関するガイドライン 補足資料
また、認定ロゴや認定資格名につきましては、「Pepperパートナープログラム付随サービス規約 第6章」を厳守いただきますようお願いいたします。
Q. ロボアプリパートナー(Basic)の認定を取得したことについて、Webページで公開したいのですが、ブランドチェックはどのように行えばよいですか?
A. 「Pepperパートナープログラム付随サービス規約 第6章」の「第5条(使用申請)」に従って申請してください。 ブランドチェックをご依頼いただく際は、掲載内容の分かるもの(作成データ、画面キャプチャ、公開前のURLなど)もあわせてご提供ください。

マッチングサービス

Q. Pepperパートナープログラムのマッチングサービスを希望する場合の審査とはどのような審査ですか?
A. マッチングサービスをご希望される企業さまの与信審査などをさせていただいております。
Q. Pepperパートナープログラムの案件紹介はどのくらいの頻度で紹介していただけるのでしょうか?
A. 案件状況(案件数、お客さまの要件)により異なります。
お客さまのニーズとパートナーさまのプロフィールを鑑みてご紹介させていただきますので、開発実績やソリューションパッケージなどがあるとご紹介しやすくなります。
Q. パートナープログラムの申し込みを考えていますが、マッチングサービスの申し込みと同時に行う必要がありますか?
A. 同時にお申し込みいただく必要はありません。
後からマッチングサービスへお申し込みをご希望の際は、その旨をパートナー会員事務局へメールでご連絡ください。

Pepperレンタルサービス

Q. PepperパートナープログラムにおけるPepperレンタルサービスの利用料金はいくらですか?
A. Pepper for Biz レンタルサービスの料金(税抜)は以下となっております。
  • 14泊15日 200,000円
  • 21泊22日 300,000円
  • 28泊29日 400,000円

IoTビジネス共創ラボ

Q. IoTビジネス共創ラボとは何ですか?
A. Microsoft AzureをベースにしたIoTソリューションの開発促進や、共同検証結果を発表するセミナー開催などを行うコミュニティーです。詳細はこちらをご参照ください。
Q. IoTビジネス共創ラボ内のPepperワーキンググループとは何ですか?
A. Microsoft AzureとPepperを活用したソリューションの開発を目指し、ソフトバンクロボティクスが主催する「IoTビジネス共創ラボ」内のワーキンググループです。詳細はこちらをご参照ください。
Q. IoTビジネス共創ラボPepperワーキンググループに参加するにはどのような条件がありますか。
A.

参加条件:3つの条件をすべて満たしている必要があります。

  1. 「ロボアプリパートナー with Microsoft Azure」に認定されていること。
  2. Azureの開発環境を保有していること(開発、検証環境として必要なため)。
    • 積極的に技術検証や情報共有を行い、コミュニティーへ貢献すること。
  3. ただし、第1回目は上記以外の方もご参加いただけます。
    詳細はこちらをご参照ください。
Q. IoTビジネス共創ラボPepperワーキンググループの勉強会に申し込みたいのですが、どうしたら申し込めますか?
A. IoTビジネス共創ラボからお申し込みください。

ロボアプリパートナー with Microsoft Azure

Q. 「ロボアプリパートナー with Microsoft Azure」に認定されるための条件はありますか?
A.

参加条件:3つの条件をすべて満たしている必要があります。

  1. ソフトバンクロボティクスが認定したロボアプリパートナーであること
  2. Microsoftが認定する以下MCPのいずれかを2名以上取得している企業
    • Designing and Implementing Cloud Data Platform Solutions (Exam 70-473)
    • Designing and Implementing Big Data and Analytics Solutions (Exam 70-475)
    • Developing Microsoft Azure Solutions (Exam 70-532)
    • Microsoft Azure インフラストラクチャソリューションの実装 (Exam 70-533)
    • Architecting Microsoft Azure Solutions (Exam 70-534)
  3. Microsoft Partner Network(MPN)に登録していること
Q. 「ロボアプリパートナー with Microsoft Azure」に認定されるにはどうしたらいいですか?
A. すべての条件を満たした後に認定申請登録フォームから必要情報をご登録ください。 事務局で確認後正式に認定通知を送付いたします。 登録フォームについては、Pepperパートナー会員事務局よりご案内いたします。
Q. 「ロボアプリパートナー with Microsoft Azure」になるとどのようなメリットがありますか?
A.

以下のメリットがあります。

  1. Azureアプリケーション開発の技術情報取得
  2. Azure勉強会に参加することができます。
    ただし、指定のMCP取得とMNPに登録する必要があります(詳細は「ロボアプリパートナー with Microsoft Azure」に認定されるための条件はありますか?をご確認ください)。
  3. PRとビジネス機会創出
    ロボアプリパートナーロゴの下部に with Microsoft Azureと記載でき、WebサイトなどでPRすることができます。
    またPepper とAzure案件を優先的にご紹介いたします。

Pepper for Dev

Q. Pepper for Dev(Android™ 対応モデル)の貸し出しは可能でしょうか?
A. Pepper for Dev(Android™ 対応モデル)を評価いただく環境の提供は現在検討中です。 [アトリエ秋葉原での体験会、レンタルサービス(有償)など]詳細が決まりましたらパートナーさまにご案内させていただきます。

認定更新

Q. Pepperパートナープログラムの筆記試験合格者が転職等により全員不在となった場合、筆記試験を受験する必要がありますか。
A. 筆記試験を受験いただき、合格いただく必要がございます。
Q. Pepperパートナープログラムの筆記試験合格者が転職した場合、転職先の会社でも合格資格を保持することはできますか?
A. 転職をした場合、合格資格を保持することができませんので、転職先の会社名義で再度受験いただく必要がございます。
Q. ロボアプリパートナー(Basic)の認定の更新を希望しない場合はどうしたらよいですか?
A. 更新を希望されない場合はその旨をPPP会員事務局宛にメールでご連絡ください。
Q. ロボアプリパートナー(Basic)の認定が失効するとどうなりますか?
A. パートナーとしてのベネフィットがご利用いただけなくなります。
詳細は更新の際にご案内しております「7.Pepperパートナープログラム更新のご案内」をご参照ください。
Q. ロボアプリパートナー(Basic)の認定の満期を超えてしまい失効してしまいました。再度認定を取得するにはどうしたらよいですか?
A. 一度失効してしまった場合、更新はできませんので従来のフロー(筆記試験と実技試験が必要です)で再度お申し込みいただく必要があります。従来のフローは下記を参照してください。 http://www.softbank.jp/robot/developer/dev-support/program/partner/flow/
Q. ロボアプリパートナー(Basic)の認定には更新が必要と聞きましたが、具体的にはどうしたらよいですか?
A. 認定証に記載されている有効期限の3ヵ月前にメールで更新のご案内をいたしますので、筆記試験(有料)にお申し込みいただき、合格の上で更新のお申し込みをお願いいたします。 詳細は更新の際にご案内しております「7.Pepperパートナープログラム更新のご案内」をご参照ください。
Q. ロボアプリパートナー(Basic)の認定の更新に費用はかかりますか?
A. 現在年会費は無料のため更新手数料はかかりませんが、更新する上で有料の筆記試験を受験し合格していただく必要がございます。
  • 今後変更となる可能性があります。
Q. ロボアプリパートナー(Basic)の認定の更新に必要な筆記試験はいつから受験できますか?
A. 認定満期の3ヵ月前から受験をお申し込みいただけます。 それ以外の期間で受験していただくことも可能ですが、更新の対象とはなりませんのでご注意ください。
Q. ロボアプリパートナー(Basic)の認定の更新に実技試験は必要ですか?
A. 実技試験は不要です。
Q. ロボアプリパートナー(Basic)の認定の更新時に必要な筆記試験は前回合格者が受験する必要がありますか?
A. 前回合格者である必要はありません。
Q. ロボアプリパートナー(Basic)の認定の更新に向けて筆記試験を受験しようと思うのですが受験人数に上限はあるのでしょうか?
A. 受験をお申し込みいただく人数に制限はありません(受験者数分の受験料がかかります)。 ただし、受験日ごとに定員がありますので早めの受験お申し込みをお勧めいたします。

テクニカルサポート

Q. Pepperパートナープログラムのテクニカルサポートチケットは、1枚で対応していただける回数や範囲に制限はございますでしょうか?
A. チケット1枚につき、 1インシデントの対応となり、完了まで何度かやり取りをさせていただきます。 インシデントにつきましては、Pepperパートナープログラム付随サービス規約の第2章第4条をご確認ください。

認定取得

Q. ロボアプリパートナー(Advanced)、UXデザインパートナー、コンサルパートナーの認定を同時に複数取得することは可能ですか?
A. 可能です。

Q. プレミアムパートナーの認定を受けた場合、ロボアプリパートナー(Basic)の認定はどうなりますか?
A. プレミアムパートナーを取得した時点でロボアプリパートナー(Basic)資格は無効となり、上位であるプレミアムパートナーの認定資格が有効になります。

Q. ロボアプリパートナー(Basic)の有効期限が切れていますが、プレミアムパートナーへ申し込むことはできますか?
A. できません。
ロボアプリパートナー(Basic)の認定資格が有効であることがお申込みの条件です。

Q. プレミアムパートナーの認定ごとに認定IDが付与されますか?
A. 認定IDはロボアプリパートナー(Basic)の認定取得時に発行したものをそのままご利用いただけます。

Q. プレミアムパートナーの認定に必要な実績の提示についてですが、顧客情報を含むため事前にNDAを結ぶことはできますか?
A. 個別のNDA締結は行っておりません。
認定試験で取得した情報に関しては弊社セキュリティーポリシーに基づき適切に管理致します。提示できない情報に関してはマスクしていただきますようお願いいたします。

Q. プレミアムパートナーの認定に審査料はかかりますか?
A. 7月以降受付開始でただいま準備中です。10万円/審査程度を想定しています。
詳細は決まり次第ホームページにてご案内いたします。
※2017/5/31時点

Q. Advancedパートナーの条件に「Basic筆記試験合格後、ロボアプリ開発経験1年以上」とありますが会社として1年以上の実績があれば問題ないでしょうか?
A. 会社ではなく、従業員の条件ですので条件を満たす従業員がいない場合は認定対象外となります。

Q. Advanced認定トレーニングはどのタイミングで受講する必要がありますか?
A. ロボアプリパートナー(Basic)認定後、Advanced認定筆記試験の前に受講ください。

Q. Advanced認定トレーニングの受講費用はいくらですか?
A. 7月以降開催予定でただいま準備中です。
2日間で15万円/名程度を想定しています。 詳細は決まり次第ホームページにてご案内いたします。
※2017/5/31時点

Q. Advanced認定トレーニングは企業として一度に何名まで参加できますか?
A. 上限はございません。

Q. Advanced認定トレーニングはどこで開催されますか?
A. アトリエ秋葉原を予定しています。
詳細はホームページにてご案内いたします。

Q. Advanced認定トレーニングはどの程度の頻度で行われますか?
A. 2ヶ月に1回実施を予定しております。 ただし、申込み状況に応じて頻度が増減する可能性がございます。

Q. Advanced筆記試験の受講費用はいくらですか?
A. 7月以降開催予定でただいま準備中です。
3万円/名程度を想定しています。
詳細は決まり次第ホームページにてご案内いたします。
※2017/5/31時点

Q. Advanced筆記試験は誰が受けられますか?
A. Advanced認定トレーニングを受講済みの方であれば、どなたでも受験いただけます。

Q. Advanced筆記試験は何名まで受験できますか?
A. Advanced認定トレーニングを受講済みの方であれば、どなたでも受験いただけます。

Q. Advanced筆記試験はどこで開催されますか?
A. Advancedトレーニングと同時にアトリエ秋葉原での開催を予定しています。
詳細はホームページにてご案内いたします。

Q. Advanced筆記試験はどの程度の頻度で行われますか?
A. 隔月で実施を予定しております。 ただし、申込み状況に応じて頻度が増減する可能性がございます。

Q. ロボアプリパートナー(Advanced)の認定条件になっている「開発機としてPepperを2台以上保有」は全てPepper for Bizである必要がありますか?
A. 全てPepper for Bizである必要はございません。 最低1台がPepper for Bizであれば結構です。

Q. 認定条件になっている「設計・開発・テストフェーズの実績3件以上」と「ロボアプリ安全性審査合格実績1件以上」は同じ案件である必要がありますか?
A. 同じ案件であることが望ましいですが、必須ではございません。

Q. 認定条件に「条件をすべて満たした従業員が2名以上所属していること」とありますが、実績は1名ごとに別の案件である必要がありますか?
A. 2名が同じ案件に携わっていた場合は同じ案件でも問題ございません。

Q. 認定条件にある「ロボアプリ導入実績」の制約条件はありますか?
A. 販売もしくは受託開発を目的としたロボアプリの案件のみ対象となります。

Q. UXデザインパートナーの認定条件にある「脚本、演出経験」とは具体的にどのようなものを指しますか?
A. 「TV番組の台本作成」、「舞台の演出」や「ゲームのシナリオ作成」などを指します。

Q. 更新時の条件として認定プロセスに「Basic筆記試験」がありますが、更新時に受験が必要ということでしょうか。 また、誰が受験すれば良いでしょうか?
A. 「Basic筆記試験」にお申込みいただき、合格いただく必要がございます。 受験いただくのはロボアプリ導入実績要件を全て満たす従業員である必要がございます。

Q. 「外部システム・外部デバイス連携を含むソリューション提案経験3件以上」と「PM経験(企画・要件定義、設計、開発・テスト、リリース)3件以上」は同じ案件である必要がありますか?
A. 同じ案件であることが望ましいですが、必須ではございません。

Q. コンサルパートナーの認定条件である「1社5台以上の案件」について全てPepper for Bizである必要がありますか?
A. 必要です。

Q. 認定条件であるコンサルトレーニングの受講は企業として何名必要でしょうか?
A. 1企業につき1名以上です。

Q. コンサルトレーニングの受講費用はいくらですか?
A. 7月以降開催予定でただいま準備中です。
2日間の開催で15万円/名を予定しておりますが、詳細は決まり次第ホームページにてご案内いたします。
※2017/5/31時点

Q. コンサルトレーニングは企業として一度に何名まで参加できますか?
A. 上限はございません。

Q. コンサルトレーニングはどこで開催されますか?
A. 未定です。
詳細はホームページにてご案内いたします。

Q. コンサルトレーニングはどの程度の頻度で行われますか?
A. 隔月で実施を予定しております。
ただし、申込み状況に応じて頻度が増減する可能性がございます。

認定更新

Q. プレミアムパートナーの更新手続きはどうなりますか? いつから更新できるようになりますか?
A. 認定資格の有効期限3ヶ月前から更新が行えるようになります。 手続き方法についてはメールにて個別にご案内させていただきます。

Q. プレミアムパートナーの更新条件を満たせなかったのですが、ロボアプリパートナー(Basic)の認定は継続されますか?
A. ロボアプリパートナー(Basic)の認定更新に必要な筆記試験に合格していれば継続されます。
試験合格後、契約更新手続きを進めていただきますようお願いいたします。

Q. パートナープログラムの認定の有効期限が切れ、更新しない場合、プレミアムパートナーの認定は失効となりますか?
A. 失効となります。

Q. ロボアプリパートナー(Advanced)の更新時は新規申し込み時と同様に2名がAdvanced筆記試験に合格する必要がありますか?
A. 合格いただく必要がございます。 2名合格後に更新が可能となります。

Q. 更新時の条件である「Basic筆記試験」には何名合格する必要がありますか? また、有料ですか?
A. ロボアプリ導入実績要件を全て満たす従業員の方が1名以上合格いただければ問題ありません。 受験費用は有料です。

Q. 更新時の条件である「Basic筆記試験」には何名合格する必要がありますか? また、有料ですか?
A. ロボアプリ導入実績要件を全て満たす従業員の方が1名以上合格いただければ問題ありません。 受験費用は有料です。

Q. 更新時の条件として認定プロセスに「Basic筆記試験」がありますが、更新時に受験が必要ということでしょうか。 また、誰が受験すれば良いでしょうか?
A. 「Basic筆記試験」にお申込みいただき、合格いただく必要がございます。 受験いただくのはロボアプリ導入実績要件を全て満たす従業員である必要がございます。

Q. 更新時の条件である「Basic筆記試験」には何名合格する必要がありますか? また、有料ですか?
A. 1名以上合格いただく必要があります。 受験は有料です。

Q. 更新時の条件である「導入後満足度調査」とはなんですか? 一定基準についても教えてください。
A. ロボアプリをご購入もしくは開発発注いただいたお客様に回答いただくアンケートで、項目は弊社が独自に作成したものです。 項目については後日お知らせいたします。基準に関しては公開予定はございません。

ベネフィット

Q. ベネフィットの「弊社HPでの企業ロゴ・導入事例紹介」がありますが、弊社HPとはどこでしょうか? また、依頼する際のフォーマットなどありますでしょうか?
A. 7月以降開催予定でただいま準備中です。
決まり次第ホームページにてご案内いたします。
※2017/5/31時点

Q. ベネフィットの「パートナー主体のイベント支援」を希望する場合の手続きはどうなりますか?
A. 7月以降開催予定でただいま準備中です。
決まり次第ホームページにてご案内いたします。
※2017/5/31時点

Q. ベネフィットの「パートナー主体のイベント支援」にPepper貸出(2台まで)がありますが、無料で借りられますか? また、期間はどの位借りられますか?
A. 機体レンタル料は無料ですが、返却時の配送料はご負担いただく必要があります。期間は最長で2週間です。 詳細は「Pepperパートナープログラム付随サービス規約」をご確認ください。

認定ロゴ

Q. プレミアムパートナーの認定ロゴはどこで入手できますか?
A. 専用のURLからダウンロードいただけます。URLは認定後、メールにてお知らせいたします。

Q. プレミアムパートナーの認定ロゴを全社員の名刺に載せることは可能ですか? また、期間はどの位借りられますか?
A. 可能です。 ただし認定は企業に対して行うため、グループ会社や関係会社の社員について名刺に載せることはできません。