Robo Blocks

ロボブロックス

Robo Blocksとは

Robo Blocks(ロボブロックス)はプログラミング教育に使用されている世界的なビジュアルプログラミング言語「Scratch(スクラッチ)※」をベースに開発したロボット・プログラミングツールです。

※Scratch(スクラッチ)とは、米国マサチューセッツ工科大学(MIT)メディアラボのライフロング・キンダーガーテングループ(MIT Media Lab Lifelong Kindergarten Group)が開発した、初心者でも簡単にプログラミングを学べるビジュアルプログラミング言語です。ウェブサイトで自由に使うことができ、自分だけのゲームやアニメーションを作ることがでます。

Robo Blocksの特徴

ドラッグ&ドロップでブロックを組み合わせることで簡単で直感的な操作が可能

プログラミングの細かな知識がなくても、各ブロックが種別ごとに形や色が分かれておりますので、直感的に操作、構築ができます。

バーチャルロボット機能を備え、ツール上でPepperの動作を確認可能

ダウンロードや個別ソフトのインストールなどといった作業は必要ありません。
PCやタブレットの画面上でブロックを積み替えればすぐにバーチャルロボットに動きが反映され、それぞれのブロックが持つ意味がダイレクトに伝わってくる感覚があります。

環境テストツール

授業運営に最適なユーザーインターフェース備えており、児童/生徒用・教師用に分けて画面操作が可能です。

教師用の画面ではアップロードされたプロジェクトファイルや画像ファイルなどが一覧可能で、ダウンロードや削除などの管理ができます。

操作イメージ