「ISETAN meets Pepper」スペシャルハッカソン&フォトコンテストを開催しました!

掲載日:2015年8月27日

「ファッション×テクノロジー」を考えるスペシャルハッカソンとフォトコンテストを開催しました! this is japan. ISETAN VANTAN DESIGN HIGH SCHOOL バンタン高等学院 バンタンデザイン研究所 高等部

三越伊勢丹の店舗

「ISETAN meets Pepper」をテーマに、バンタンデザイン研究所高等部の学生がPepperのアプリ開発を行うエンジニア、クリエーターたちとコラボレーションし、ファッションの要素を取り入れたスペシャルPepperを制作するスペシャルハッカソン※1を8月22日(土)に開催しました。

また、バンタンデザイン研究所高等部でのPepperを活用した産学協同プロジェクト※2で行なわれている、①「Pepperのある未来のライフスタイル」、②「Pepperの感情表現」の2つの課題に沿った写真制作のコンテストも合わせて行なわれました。

ハッカソン優秀作品とフォト部門優秀作品は8月26日(水)から9月1日(火)まで伊勢丹新宿本店本館2階特設スペースにて展示されます。

  • ※1
    ハッカソン:「ハック」と「マラソン」を組み合わせた造語。 プログラマーやデザイナーから成る複数の参加チームが、与えられたテーマのもとで、技術とアイデアを競い合うクリエイティブなイベントです。
  • ※2
    バンタンデザイン研究所高等部では、ソフトバンクロボティクスの協力のもと、「ファッション×IT」をテーマに、パーソナルロボット Pepper(ペッパー)を活用し、ロボットがある未来の日常を写真、ファッションショー、ショップビジネス企画で表現する産学協同プロジェクト『Pepperプロジェクト』を実施しています。

バンタンデザイン研究所高等部による『Pepperプロジェクト』の詳細をみる

「ISETAN meets Pepper」スペシャルハッカソン ダイジェスト動画

「ISETAN meets Pepper」ハッカソン作品

最優秀賞

作品タイトル:「新しい日本文化」 チーム名:えがちゃん

作品タイトル:「新しい日本文化」 チーム名:えがちゃん

Pepperを通じて和を表現し、体験できることをコンセプトに、浴衣に着目したPepperを作り上げました。外見は若者のカルチャー拠点・原宿をイメージして華やかに仕上げられています。スタンプラリーをアイデアのベースに、Pepperが教えるキーワードを店内の他のPepperに伝え、キーワードを次々とリレーしていきます。Pepperとのコミュニケーションを通じて、訪れる人々に日本の和や文化を体験してもらうことが可能。普段来てもらえないフロアに来てもらえることで新しい発見を提供できるアイデアや、ロボットで和を表現するというチャレンジングな試みが高評価されました。

三越伊勢丹賞

作品タイトル:「ISETAN 占いPepper」 チーム名:まじめサークル

作品タイトル:「ISETAN 占いPepper」 チーム名:まじめサークル

「ショッピングの楽しさはそのままに、新しい商品紹介の形を考える」がコンセプトのこの作品。占いの特徴である「観察力」「話術」「聞く力」をPepperに導入することに挑戦しました。その結果、最新技術で年齢や性別を判断する「観察力」、あなたは○○ですね、という誘導的で巧みな「話術」、話を聞いている間を利用して情報処理をし占う「聞く力」を備えた占いPepperが誕生しました。伊勢丹カラーの青と黄色、占い師を彷彿とさせるメガネがポイントです。ショッピングを楽しむ余地を残せるよう、テクノロジーを使ってディープに分析しながらも、あえて「赤い財布」など、曖昧な表現で購入すべき商品を教えてくれるという占いならではのアイデアが高評価を受けました。

ソフトバンクロボティクス賞

作品タイトル:「夏の思い出」 チーム名: 仲良しチーム

作品タイトル:「夏の思い出」 チーム名:仲良しチーム

未来の生活ではお出かけをする際に、連れ添うロボットともペアルックができるようになるはずという想像の一部をプロジェクションマッピングの技術を使って具現化した作品。Pepperがカメラで人が着ている服のデザインを読み取り、それをクラウドを通じてプロジェクターからPepperに照射。見事人間とペアルックになったPepperに、審査員からも大きな拍手が起こりました。将来起こりうるロボットにとってのファッションとは何かを考えさせられる素晴らしい作品。短時間のうちにコンセプトムービーも同時制作されました。

コンセプトムービーをみる

そのほかの作品

作品タイトル:「KIRAKIRA」 チーム名:Team Mona Lisa

作品タイトル:「KIRAKIRA」 チーム名: Team Mona Lisa

服の概念を超えたロボットのためのアクセサリーの提案ということで、頭と腕に尖ったシルバーのアクセサリーを装着。ダンスを踊りながら通りすがりの人を見つけ、「カモン!」と呼びとめて一緒に踊るよう促す愉快なPepperとなりました。

作品タイトル:「伊勢まいご丹」 チーム名:チーム三者面談

作品タイトル:「伊勢まいご丹」 チーム名:チーム三者面談

謎解きの要素を取り入れたPepper。幼稚園児の格好をした迷子Pepperが手を上げキョロキョロしながら「助けてー」と周囲の人に助けを求めます。謎を解いてあげると「ありがとう!これでお家に電話がかけられる〜」と言うなど、店内で謎解きゲームが楽しめるスペシャルPepperが完成しました。

Pepperフォトコンテスト

優秀作品

「新しい恋愛」

「新しい恋愛」

将来的には人とロボットとの恋の可能性もあるのではないかと思い、赤い糸で繋がりを表現しました。

[審査員コメント]
写真としてのクオリティーが非常に高く、Pepperが持つ”感情”という点にも着目してチャレンジしたところがとても良かったです。

「変わらない文化×変わっていく文化」

「変わらない文化×変わっていく文化」

歴史的文化と成長する文化の両面を発信している作品です。参拝方法など、忘れられつつある歴史的文化を、変わっていく文化の代表であるPepperとコラボさせることで、2つの文化性を映し出す作品となりました。

[審査員コメント]
Pepperが鐘を鳴らす写真を通じて歴史的文化と成長する文化に共通して存在する大切なメッセージを感じ取ることができる素晴らしい作品です。

「未来を明るくするロボット、Pepper」

「未来を明るくするロボット、Pepper」

日本中の施設にPepperを配備して、感謝の気持ちを声に出して伝えるようなコミュニケーションを広げていきたいと考えています。写真では、海外に比べコミュニケーションが希薄な日本のエレベーターでのワンシーンを切り取り、Pepperがいることによるコミュニケーションの活性化を表現しました。

[審査員コメント]
Pepperがいることで人が繋がる可能性を感じさせる素敵な作品です。

「ミニチュア・ペッパー」

「ミニチュア・ペッパー」

2025〜2030年をイメージし、持ち歩けるPepperの登場を予言する作品です。この時代にもなると、どこでもネットワークに繋がり、充電技術も上がっているのでPepperも自由に持ち歩くことができるようになると想像しました。もちろん、家にいる大きいPepperとも連携します。

[審査員コメント]
実際に登場するようになるかもというワクワク感が伝わる作品。写真の合成技術も素晴らしいです。

「シッターペッパー」

「シッターペッパー」

赤ちゃんを育てる難しさをPepperで緩和しようと考えました。育児放棄、幼児虐待などの社会問題にも踏み込んだ作品です。

[審査員コメント]
ただ親の代わりをするのではなく、ストレスの軽減やみまもりなど、Pepperにしか担えない役割がありそうに感じました。

「ISETAN meets Pepper」ハッカソンレポート

学生とエンジニアがチームを組み、スペシャルPepperを制作

学生とエンジニア

バンタンデザイン高等学部の学生2〜4名、エンジニアが2〜3名という構成で計5チームがスペシャルPepperの制作を行ないました。

学生たちのアイデアをベースにエンジニアがプログラミングを行なう傍らで、学生たちはPepperに装飾を施す準備を進めていきます。Pepperにメイクをしたり、服を着せたり、アクセサリーをつけたりとアイデアは様々。時間が経つにつれ個性的なPepperが出来上がっていきました。

その一方で、エンジニアがPepperに動きを加えていきます。話したり、踊ったり、音楽が鳴ったり、中にはプロジェクターを使ってPepperに何かを投影しているチームも。短い作業時間の中、学生もエンジニアも和気あいあいと制作していました。

5チームによるスペシャルPepperのプレゼンテーション

プレゼンテーションの様子

伊勢丹新宿本店 リビング・IDS営業部 営業部長兼計画担当長 深澤洋介さま、Viling Venture Partners 代表取締役社長 栗島祐介さま、慶応義塾大学 経済学部教授 藤田康範さま、ソフトバンクロボティクス デベロッパー事業責任者の縄田昇司を審査員に迎え、5チームがハッカソンで制作したスペシャルPepperのプレゼンテーションを行ないました。学生たちは緊張しながらも、自分たちが考えた未来のファッションを具現化したPepperについて、説明とデモンストレーションを行ないました。

表彰

表彰者

「Pepperならではのアイデア」「伊勢丹ならではのアイデア」「高校生(若者)ならではの視点」「“広義のファッション”を体現している点」などの審査基準で総合的に評価が行なわれ、最優秀賞、三越伊勢丹賞、ソフトバンクロボティクス賞の3作品が選ばれました。

優秀作品展示

優秀作品展示の様子

受賞した優秀作品3作品は下記会場にて展示されますので、ぜひお越しください。

開催日 実施店舗
2015年8月26日(水)から
9月1日(火)まで
伊勢丹新宿本店 本館2階特設スペース(9月1日(火)まで)
東京都新宿区新宿3-14-1
  • 三越伊勢丹の「彩り祭」初日となる8月26日(水)、期間中の週末となる8月29日(土)、30日(日)の13時、15時、17時には作品を実際に動かして20分間のデモ披露も行なう予定です。

Pepper ふれあい体験も同時開催

Pepper ふれあい体験

Pepperが三越伊勢丹の一部店舗に期間限定でやってきます。一般発売されたPepperとの会話や、様々な機能・アプリをぜひ三越伊勢丹店頭でお楽しみの上、ファッションの世界にロボットが今後どう影響を与えていくかをお客様とご一緒に考えられればと思います。

開催日 実施店舗
2015年8月26日(水)から
9月8日(火)まで
伊勢丹新宿本店
本館2階特設スペース(9月1日(火)まで)
本館1階正面玄関前(9月2日(水)以降)
東京都新宿区新宿3-14-1
2015年8月26日(水)から
9月1日(火)まで
日本橋三越本店 本館1階室町口
東京都中央区日本橋室町1-4-1
2015年9月3日(木)から
9月8日(火)まで

銀座三越 1階ライオン口エントランス
東京都中央区銀座4-6-16

  • 実施時間は平日13:30~15:00、16:30~18:00、
    休日11:00~12:00、13:30~15:00、16:30~18:00を予定
2015年8月26日(水)から
9月8日(火)まで
伊勢丹浦和店
1階ザ・ステージ#1(9月1日(火)まで)
6階ザ・ステージ#6(9月2日(水)以降)
埼玉県さいたま市浦和区高砂1-15-1
2015年8月26日(水)から
8月30日(日)まで
伊勢丹立川店 2階特設会場
東京都立川市曙町2-5-1
2015年9月2日(水)から
9月8日(火)まで
静岡伊勢丹 1階正面玄関
静岡県静岡市葵区呉服町1-7
  • 営業時間は店舗毎に異なりますので詳細は各店舗のウェブサイトをご確認ください。
    また、各店舗での実施場所については現時点での予定であり、環境の都合により変更となる場合がございます。