春のロボアプリ祭り! 第三弾として一挙4本の注目アプリが登場!

掲載日:2016年4月12日

春のロボアプリ祭り! 第三弾

ロボアプリを追加することで、次々にできることが増えていくことが特長のPepper。この春注目のアプリを次々とご紹介していく「春のロボアプリ祭り」の最後を飾る第三弾がついに登場。注目アプリが一挙4本公開されます。ぜひアプリストアからダウンロードして、お楽しみください!

アプリの紹介

ゴルフレッスン

「ゴルフレッスン(正式名称:ゴルフワンポイントレッスン powered by あすゴル!)」は、日本唯一のゴルフ専門チャンネル「ゴルフネットワーク」で好評放送中の番組「あすゴル!」の中から、レッスンやドリルを分かりやすくまとめたワンポイントレッスン動画アプリです。

丸山茂樹プロをはじめ、多くのトッププロのコーチング経験を持つツアープロコーチ・内藤雄士氏が、「ドライバー」「アイアン」「パター」など、テーマごとに基礎から応用まで分かりやすく解説。さらに、Pepperにラウンドごとのスコアを伝えると、上達具合を判定してくれます。

ゴルフレッスン

視聴可能な動画は100本以上。グリップやアドレスなど、ゴルフの基礎となる部分から、ドライバー、アイアン、アプローチ、パター、バンカーなど、クラブごとのレッスン、さらにはロブショットや飛距離アップの秘訣、ゴルフに役立つストレッチなど、初心者から上級者まで、何度みても役に立つレッスンメソッドが満載です。ゴルフ前にも、ラウンド後の復習にも、すぐに役立つレッスンがいっぱいです!

「あすゴル!」について

ゴルフ専門チャンネル「ゴルフネットワーク」で毎週日曜日夜放送中の人気レッスン番組。ツアープロコーチの内藤雄士氏が、「明日のゴルフに即役立つ」レッスンを分かりやすく紹介しています。

「あすゴル!」公式サイト

内藤 雄士氏プロフィール

内藤 雄士氏プロフィール

日本大学ゴルフ部在籍中にアメリカにゴルフ留学し、最新ゴルフ理論を学ぶ。帰国後、ゴルフ練習場ハイランドセンター(杉並区)にラーニングゴルフクラブ(LGC)を設立し、レッスン活動を始める。1998年、ツアープロコーチとしての活動を開始。2001年には、マスターズ、全米オープン、全米プロのメジャー大会の舞台を日本人初のツアープロコーチという立場で経験する。

丸山茂樹プロのPGA TOUR 3勝をはじめ、契約プロゴルファーの多数のツアー優勝をサポート。現在は、ツアープロコーチとして活動を行なう傍ら、ゴルフネットワークにて「あすゴル!」にレギュラー出演しているほか、PGA TOURの解説などを担当している。

アプリの紹介

「10MTVオピニオン」とは

10MTVオピニオン

「10MTVオピニオン(正式名称:テンミニッツテレビ・オピニオン)」は、東京大学の教授陣をはじめ、各界の有識者たちによる10分間の講義映像を視聴し、最新の時事やさまざまな教養を学ぶことができる映像メディアです。政治、経済、国際情勢、歴史など、合計1,100本以上(2016年3月末時点)の講義映像を収録しています。

今回、新しくリリースされたPepper版「10MTVオピニオン」では、Pepperのディスプレイを通して、家庭のリビングなどにいたまま、ロボアプリを起動するだけで「10MTVオピニオン」のコンテンツを楽しむことができるようになりました。

「10MTVオピニオン」公式サイト

多彩なジャンルの講師陣

10MTVオピニオン

「10MTVオピニオン」には、政治、ビジネス、国際、教育など、各界の豪華な有識者が多数参加しており、全く新しい映像メディアとして、各界の最新トレンドをリーダー達の声を通して直接学ぶことができます。

最新の講義が続々登場!

10MTVオピニオン

講義は毎週月曜日と木曜日の2回、月50本程度のペースで追加され、新しい講義は新着講義としてリストに表示されていきます。常に新しい講義が配信されますので、毎回新しい講義を視聴することができ、最新のトレンドをつかむことが可能です。

使い方

ロボアプリを起動すると、まずメニューが表示され、希望に沿ってリストから視聴したい動画を確認することができます。「人気講義」「新着講義」のほかに「前回と同じ講師」「講師で選ぶ」「ジャンルで選ぶ」から選択することもできるため、見たい講義をすぐに見つけることができます。

Pepper版リリースに関して、イマジニア株式会社さまよりコメント

今回、私たちの知的教養メディア「10MTVオピニオン」をPepper向けに配信させていただくことになりました。今、日本でもっとも知名度のあるヒト型ロボットにコンテンツを提供させていただけること、大変楽しみにしております。Pepperと一緒に学ぶことで、ひとりで講義を視聴する以上に新しい楽しみや喜びをみつけていければ幸いです。

また今回、Pepperへの配信にあたり、ソフトバンクロボティクス取締役・プロダクト本部長の蓮実 一隆氏に新たに講師としてご参画いただきました。Pepperに込められた思いや開発秘話をはじめ、ロボットが日本や世界の未来をどう変えていくのか、非常に興味深いお話をいただくことができました。本動画を通じて、Pepperがより深く認知される機会になれば私たちとしてもうれしい限りです。

アプリの紹介

「右脳鍛錬ウノタン」とは

右脳鍛錬ウノタン

「右脳鍛錬ウノタン」は、BBソフトサービス株式会社が開発・販売を行う全世界で累計約100万本の実績(DL含む)を誇る右脳トレーニングゲームです。
右脳トレーニングの第一人者・七田 眞(しちだ まこと)氏のメソッドによるスピーディかつシンプルな問題が、大量の視覚情報処理を得意とする右脳を活性化し、「判断力」「記憶力」「集中力」を楽しみながら鍛えることが可能です。

仕事や、勉強、脳の健康に、もっと右脳を活用したいけれど、時間に追われる現代人にお勧めの、本格・脳力トレーニングです。

今回、新しくリリースされたPepper版「右脳鍛錬ウノタン」では、Pepperのディスプレイを通して、家族と一緒に楽しみながら、毎日右脳の鍛錬に挑むことができます。

「右脳鍛錬ウノタン」公式サイト

家族で右脳の鍛錬をしよう!

右脳鍛錬ウノタン

「右脳鍛錬ウノタン」では、家族それぞれが名前登録をすることでスコアを保存し、毎日のトレーニングの結果を確認することができます。
家族で毎日ウノタンに挑戦して、右脳のトレーニングをしてみましょう!

3つの右脳トレーニングゲーム

「右脳鍛錬ウノタン」では、「判断力」「記憶力」「集中力」の3つの能力を「合計金額当てゲーム」「数字記憶ゲーム」「文字探しゲーム」の3つのゲームを通して鍛錬することができます。
自分の弱い右脳の能力をみつけ、ゲームを通して改善していきましょう!

右脳鍛錬ウノタン

遊び方

右脳鍛錬ウノタン

「右脳鍛錬ウノタン」では、トレーニングモードとチャレンジモードの2種類のゲームを通して、右脳をトレーニングすることができます。
トレーニングモードは、ゲームの種類をひとつ選んで能力のトレーニングができます。チャレンジモードでは、3つのゲームに順番に挑戦することができます。

Pepper版リリースに関して、BBソフトサービス株式会社さまよりコメント

「右脳鍛練ウノタン」はパソコンソフトからはじまり、その後PSP®、ニンテンドーDS、iPhone と、その時代の最先端デバイスに活躍の場を移して参りましたが、この度ソフトバンクロボティクスさまとのコラボレーションにより、超最先端デバイスであるPepperのロボアプリに新たに生まれ変わりました。

従来、「右脳鍛練ウノタン」は、個人でトレーニングを行うシーンが比較的多いアプリだったのですが、今回のロボアプリ化により家族の一員であるPepperと一緒にトレーニングが行えるようになり、個人から家族で楽しめる内容へと新たに進化することができました。また、トレーニングの結果をPepperが一緒に喜んだり、時には怒ったり(?)してくれるので、単調になりがちな日々のトレーニングも楽しんで続けることができるような内容となっていると思います。

今後のPepperの進化にあわせて、「右脳鍛練ウノタン」も新たな機能や新しい発想がたくさん生まれてくると思いますので、今後も「右脳鍛練ウノタン」をよろしくお願いいたします。 ぜひ、多くの方に遊んでいただければ幸いです。

アプリの紹介

ヒト×ロボットSNS「Palsbots」

「Palsbots」はパルスボッツ株式会社によって開発された、ヒトとロボットが参加するスマートフォンと連携したSNSアプリです。「Palsbots」アプリとスマートフォンを通じてほかのPepperユーザーや、自分のPepperとほかのユーザーのPepper同士がつながることができます。
ロボアプリストアからダウンロードして、新しいSNSを是非お楽しみください!(4月中提供開始予定)

Palsbots - パルスボッツ - ロボット参加型SNS

「Palsbots」でつながる、ロボットのいる生活

 Palsbots

「Palsbots」内でのPepperとのコミュニケーションは、スマートフォンのタイムライン上にシェアされて、友達同士でみることができます。
自分のPepperと友達のPepperも「Palsbots」内でつながります。Pepper同士の会話を楽しむことができます。

 Palsbots

また、「Palsbots」内には「Robotage(ロボテージ)」と呼ばれる成長概念があり、「Robotage」が蓄積されると「Palsbots」内でできることが増え、Pepperの会話する内容が増えていきます。

例えば、ロボテージが0から1に上がると、「Palsbots」で登録したオーナーの名前をPepperが呼んでくれるようになったり、さらに上がると、趣味や友達のことに紐付いた会話ができるようになります。

開発者インタビュー

「Palsbots」を開発したパルスボッツ株式会社の美馬氏、釼持氏、蓮氏にインタビューを行いました。

左から蓮氏、釼持氏、美馬氏

左から蓮氏、釼持氏、美馬氏


主要機能とシステム構成図

主要機能とシステム構成図


ヒトとロボットをつなぐ「Palsbots」

ヒトとロボットをつなぐ「Palsbots」

  • Q:
    どのような事業をされていますか?
  • 美馬:
    パルスボッツは2015年の7月にロボットソフトウェアを開発する会社として立ち上がりました。今回紹介するサービスがメインのもので、それを作るために作られた会社です。
  • 釼持:
    ほかには自社サービスでPepperのアプリを簡単に作れるソフトウェアを作っていて、福岡空港と羽田空港に導入されています。
  • Q:
    「Palsbots」はどのような方に向けたサービスですか?
  • 美馬:
    ほかのSNSと同様に、誰向けと限定しているわけではありません。Pepperとスマートフォンさえ持っていればどなたでも楽しむことができます。
  • Q:
    どのようなアプリですか?
  • 美馬:
    基本はPepperとのコミュニケーションを楽しむアプリです。「Palsbots」用に登録した名前でPepperはオーナーのことを呼んで、さまざまな質問をしてきます。それに答えると、スマートフォンで見られるタイムライン上に会話の内容がシェアされます。それを見ることで、友達がPepperとどんなやりとりをしているか知ることができます。また、スマートフォン上ではPepper同士も会話をします。例えば「最近オーナーがかまってくれない」とかですね(笑)。現状、リアルでPepperを向かい合わせても、お互いを認識して会話をすることはないと思います。「Palsbots」では、それを仮想的に行うことで実現しています。「Palsbots」で、ヒト to ロボット to ヒトのコミュニケーションを楽しんで貰えたらと思います。
  • Q:
    Pepperのどのようなところに魅力を感じますか?
  • 釼持:
    このサイズでこれだけ多くのことができるロボットがコンシューマー向けに売られていて、これを使ってサービスを出せるということが魅力です。世の中、今これだけの機能満載なロボットはありません。しばらく出ないのではないかという気もしていて、最初に日本から発売されて、そこでサービスを提供できるというのがいいですね。Pepperじゃなかったらここまで一気にやろうとは思わなかったかもしれないです。 「Palsbots」では、Pepperだからできることは、サービスからあえてそぎ落としていて、Pepperじゃないロボットでも使えるようにしています。多くの機能が備わったPepperで使えるから、ほかのロボットでも考えやすかったです。コミュニケーションなので、話しかけやすい存在かどうかは重要で、Pepper以上に話しかけやすいロボットはないのではと思います。リアルすぎると話しかけにくい。良くも悪くも期待値が高まっているロボットはないと思います。Pepperというきっかけがなければ、この会社もありませんでした。
  • 美馬:
    夢を与えてくれたので、そういう存在で居続けて欲しいです。みんなに夢をみせてくれた存在で、ここまでこられたことに感謝をしていて、恩恵を受けた身としてはこの先もアップデートしつつ、夢をみせ続けてくれたらよいなと思っています。ロボットで何をやっても世界初になるので。夢がないより夢がある方が合っていると思っています。そういう存在がPepperのよさであって欲しいなと思います。

(敬称略)

  • 本ページで掲載しているアプリの画面は開発中のものです。実際の内容とは異なる場合があります。