用語集

用語集

ソフトバンクニュースに登場するキーワードを分かりやすく説明します。

プラットフォーマー

サービスの基盤(プラットフォーム)となるシステムやサービスを、第三者に提供する事業者のこと。IT業界では、主にインターネットを通じて、サービスおよびサービスの場を提供する企業を指す。 メールやドキュメントなどの管理サービスや、さまざまな移動手…

3GPP(3rd Generation Partnership Project)

移動体通信システムの仕様の規格策定を行う国際的な標準化団体。第3世代移動通信システム(3G)の規格策定を主な目的に1998年に各国・地域の標準化機関によって設立され、第4世代移動通信システム(4G)、第5世代移動通信システム(5G)の標準化も行っている…

5G LAB

(読み方:ファイブジーラボ) 5G時代ならではの臨場感あふれる視聴体験を実現する、ソフトバンクのコンテンツ配信サービス。「AR SQUARE」「VR SQUARE」「FR SQUARE」「GAME SQUARE」のカテゴリーで構成され、エンタメ、スポーツ、ゲームなど5Gで広がる新し…

Wi-Fi(ワイファイ)

無線LANで採用されている、無線データ通信方式のうちの1つ。Wi-Fiの普及促進を目的として通信機器メーカーなどを中心に設立された「Wi-Fi Alliance」(ワイファイ アライアンス)という団体が、この方式に従っている製品や規格に対し、認証を与えている。通…

テラヘルツ波

周波数が1THz(テラヘルツ)前後の電磁波であり、一般的には300GHz(ギガヘルツ)から3THzまでの電磁波を指す。電波と光(光波)の中間領域にあたるテラヘルツ波は、電波の透過性と光の直進性を併せ持つのが大きな特徴である。 通信で利用される電波は、歴史…

Whiz(ウィズ)

ソフトバンクロボティクス株式会社が提供する、自動運転技術を活用したAI清掃ロボット。自律走行により、簡単な操作でカーペットなどの床清掃が効率的かつムラなく行うことができ、ビル清掃会社などでの導入が進められている。 ※「Whiz」はソフトバンクロボ…

ウェビナー(Webinar)

ウェブ(Web)とセミナー(Seminar)を組み合わせた造語。オンライン上で開催されるセミナーのことで、インターネットセミナー、オンラインセミナー、Webセミナーとも呼ばれる。従来のオフライン開催と比較すると、会場の確保が不要となりコスト削減が見込め…

ESG

(読み方:イーエスジー)企業が長期的に成長するために必要だと考えられている3つの要素、Environment(環境)、Social(社会)、Governance(企業統治)の頭文字をとったもの。ESGを意識した企業活動は、サステナビリティを向上させ将来的にSDGsの目標達成…

MEC(Multi-access Edge Computing)

ETSI(欧州電気通信標準化機構)が標準化を進めるエッジコンピューティングの代表的な規格。

ETSI

正式名称:European Telecommunications Standards Institute 欧州電気通信標準化機構。ヨーロッパの電気通信全般を標準化する組織。

エッジコンピューティング

ユーザーの使うデバイスにより近い場所にサーバーを分散配置することで通信の効率化を図る、5Gと親和性の高い技術の一つ。通信のタイムラグを低減できるため、自動運転などリアルタイムな通信を必要とする産業において注目されている。

ADC(Asia Direct Cable)

2020年から敷設へ向けて本格始動する、ソフトバンク主導の光海底ケーブルプロジェクト。 全長約9,400kmの光海底ケーブルで、日本、中国、香港、フィリピン、ベトナム、タイ、シンガポールを結び、2022年末の完成・運用開始を目指す。5Gをはじめ、IoT、AI、ク…

ソフトバンクバリュー

ソフトバンクグループで働く社員の行動指針。 300年成長し続け、世界No.1を目指すソフトバンクグループのDNAとして、「努力って、楽しい。」を掲げている。さらに、特に大切にしたい5つのバリューとして「No.1」 「挑戦」 「逆算」 「スピード」 「執念」を…

My SoftBank(マイソフトバンク)

ソフトバンクの会員専用ページ。 ソフトバンクが提供する個人向けサービス(スマートフォン、携帯電話、その他モバイル製品、インターネット、固定電話、でんき、ロボット)の利用者は、My SoftBankを通して利用料金や契約内容の確認の他、契約内容の変更手…

マテリアリティ(重要課題)

ESGやSDGs(持続可能な開発目標)への対応要請が世界的に高まる中、企業が社会課題の解決に取り組むことを通して事業成長を目指す上で定める重要課題のこと。 ソフトバンクは「情報革命で人々を幸せに」という経営理念の下、5G・IoT・AIなどのテクノロジーに…

サステナビリティ

環境・社会・経済を持続可能な状態にしていく考え方のこと。 事業活動を通じた持続可能な社会づくりへの貢献を重要な経営課題として、SDGs(持続可能な開発目標)を定め長期的な運営に取り組む企業が増えている。 ソフトバンクのサステナビリティ ~すべての…

XaaS(X as a Service)

さまざまなサービスやアプリケーションをインターネット経由で提供・利用するクラウドサービスの総称。「aaS(as a Service)」には「サービスとして」という意味があり、冒頭の「X」には複数のアルファベットが代入可能。

VPN(Virtual Private Network)

インターネット上に作られる仮想の専用ネットワーク。外部からのアクセスを遮断することができ、重要なデータが盗まれたり改ざんされたりするリスクを軽減する役割を果たす。 一般的に拠点間をつなぐような物理的な専用線を構築するよりも、低コストでセキュ…

タカガール

野球や選手に関する知識を問わず、 ホークスを応援する女性の総称。2014年に「タカガール♡デー」の開催を機に福岡ソフトバンクホークスが命名した。ピンクリボン運動と連動した活動を行っており、テーマカラーはピンク。毎年違ったデザインのピンク色のユニ…

Beyond Carrier

ソフトバンク株式会社の成長戦略。通信事業基盤をより強固にすると同時に、ソフトバンクグループの企業群が提供するさまざまな最先端テクノロジーやサービスを活用した新しいビジネスモデルを立ち上げ、さらなる成長を目指すもの。さらに、構造改革の一環と…

BCP(Business Continuity Plan)

事業継続計画。自然災害などの緊急事態が発生した際に、企業が中核となる事業の継続あるいは早期復旧するために必要な活動や戦略を定めた計画のこと。

EC(Electronic Commerce)

インターネット上でモノやサービスの売買契約や決済を行う電子商取引のことで、eコマースと記載することもある。ウェブ上の店舗で商品を販売するオンラインショップや、個人間で売買をするオークションなどがあり、ヤフーが運営するPayPayモール、Yahoo!ショ…

STEM

科学(Science)、技術(Technology)、工学(Engineering)、数学(Mathematics)の4つの領域を横断的に学習することで、生活や社会を通じて総合的な能力を高めていく教育システムの総称。2009年に米国のオバマ大統領がその重要性を提唱したことで知られ、I…

00000JAPAN

(読み方:ファイブゼロジャパン) 大規模な災害が発生した際、被災者がインターネットに接続できるよう通信各社が無料開放する公衆無線LANサービス。被災者の利便性を優先し、認証無しで利用できる一方、暗号化などのセキュリティー対策は未実施のため、個…

Smart & Fun !

ソフトバンク株式会社が掲げる、働き方に関するスローガン。働き方改革推進の一環として、社員が最適な働き方で組織と個人の生産性最大化を目指す。このスローガンの下、ITやAI(人工知能)を活用した新しい働き方を実践し、全社員がスマートに楽しく仕事を…

ダイナミックプライシング

商品やサービスの需要と供給状況に応じてリアルタイムに変動する価格設定手法のこと。価格設定のベースとなる膨大なデータを瞬時に分析できるAI(人工知能)が登場したことで、細かい価格変更が可能となり、イベントの座席チケットやホテルの宿泊価格などを…

テレワーク

tele(離れた所)とwork(働く)を組み合わせた造語。ICT(情報通信技術)の活用によって場所や時間に捉われない柔軟な働き方のこと。ワーク・ライフ・バランスを実現しやすいワークスタイルとして注目されている。

HAPS

High Altitude Platform Stationの略(読み方:ハップス)。 成層圏に飛行させた航空機などの無人機体を通信基地局のように運用し、広域エリアに通信サービスを提供するシステムの総称。HAPSの活用により、山岳部や離島・発展途上国など通信ネットワークが整…

スマート家電

IoT技術を通じてスマートフォンなどと連携できる家電製品のこと。スマートフォンやスマートスピーカーをリモートコントローラー(リモコン)とすることで、家電の設定・遠隔操作が可能。

ユニコーン企業

一般的に、企業価値が10億ドル以上と評価される未上場のスタートアップ企業のこと。

コワーキングスペース

さまざまな働き方の人々が、事務所・会議室などのオフィス環境を共有しながら、独立した仕事を行う共働ワーク(co-working)スペース。多様な働き方を認め、異業種間のコミュニケーションを活発化させることで、イノベーションを生み出しやすくしようという…

ICT

情報通信技術のこと。主に通信技術を活用したコミュニケーションを指し、情報処理だけではなく、インターネットのような通信技術を利用した産業やサービスなどの総称としても使われる。

スマートスピーカー

音声認識に対応したAIアシスト機能搭載のスピーカー。人の音声を認識し、情報の検索やショッピング、連携した家電の操作など全て音声のみで行うことが可能。

DX(Digital tansformation)

ビジネスにおいては、データとデジタル技術を活用して企業が戦略やプロダクト、業務フローなどを変革するとともに、業務そのものや、組織、プロセスなども改革し、競争上の優位性を確立することを言う

デカコーン企業

企業価値が100憶ドル以上と評価される未上場のスタートアップ企業のこと。「Decacorn」は、「Deca(10倍を意味する接頭語)」と「Unicorn(伝説の一角獣)」を組み合わせた造語。

二段階認証

アプリやソフトウェアを使う際のユーザー認証を2回行うこと。スマートフォンのアプリで「ID・パスワード」を入力後、SMSなどで送信されてくる「コード」を入力するのも二段階認証の1つ。近年は、個人情報の漏洩が大きな問題となっており、セキュリティ強化の…

クラウドゲーミング

ゲームをクラウドからストリーミング配信するサービスのこと。クラウド上の高性能なサーバーでゲーム処理が行われるため、PC・スマホ・タブレットなどのインターネット通信ができる端末があればゲームをプレイできる。高精細な映像を受信しながらゲームをす…

ソフトバンクイノベンチャー

2011年から実施しているソフトバンクグループの社内起業制度。イノベンチャー(InnoVenture)は、変革(Innovation)とベンチャー(Venture)を組み合わせた造語。独創性・革新性に富んだ事業アイデアを、従業員だけでなく内定者やグループ外との共同提案な…

ソフトバンクユニバーシティ

ソフトバンク株式会社の社内研修機関。経営理念の実現に向け、グループの持続的成長の源泉となる多様性を尊重し、個性豊かな人材の育成を目指す。それぞれの分野で活躍する社員自らが講師を務める講座もある。

ソフトバンクアカデミア

これからのソフトバンクグループを担う後継者発掘・育成を目的に、2010年7月に開校。孫正義の後継者に加えて、現在では「AI群戦略」を担う事業家として高い志と資質を持った入校生を社内外問わず募集している。ソフトバンクグループの経営課題を題材としたテ…

スマホアドバイザー

ソフトバンク株式会社がスマホのプロフェッショナルとして正式に認定した、店舗で働くクルー。ソフトバンクショップで初心者向けスマホ教室を開いたり、スマホやアプリ・サービスの操作方法の説明など、スマホに関するサポート全般を行う。

チャットボット(chatbot)

「チャット(chat/対話)」と「ボット(bot/ロボット)」を組み合わせた言葉で、AI(人工知能)を活用した「自動会話プログラム」のこと。インターネットを利用して、テキストや音声でのリアルタイムコミュニケーション(会話)ができる。問い合わせ対応、商…

SRv6(セグメントルーティングIPv6)

IPv6※1 のネットワーク上で、セグメントルーティング※2 を実現する技術。シンプルな設計や運用が可能となるセグメントルーティングの特長を生かし、広大なIPv6のアドレス空間を活用することで、ネットワークのスケールや機能面の拡張性を高めることができる…

Technical Meister(テクニカルマイスター)制度

専門分野において、突出した知識・スキルを持ったトップエンジニアに与えられるソフトバンクの社内認定制度。さらなる技術研鑽と活躍機会の提供、後進育成を目的に、本業と並行して自身の専門分野を自由に研究・開発することが認められる。

SDGs(Sustainable Development Goals)

2015年9月の国連サミットで採択された、国際社会共通の持続可能な開発目標。国連加盟193カ国が2016年から2030年の15年間で達成するための「17の目標」と「169のターゲット(具体目標)」で構成されている。貧困、飢餓をなくすことや、健康、教育、働きがいか…

SIMカード

Subscriber Identity Module Cardの略。携帯電話事業者が加入者を識別するためのID番号が記録された、スマホに挿入して利用するICカードのこと。

ドローン

遠隔操作や自動制御で動作する無人の小型無線飛行機。軽量で小回りが利き、搭載のカメラで静止画や動画を撮影できるため、人の目の届きにくい高所作業の代替となるほか、AIを活用して画像データなどを自動解析することも可能となる。測量をはじめ、道路や橋…

SIMロック

特定のSIMカードが挿入されたときだけ動作するように、スマホなどに利用制限を行うこと。 SIMカードには国際規格があるため、形状や設計が統一されているが、日本では通信事業者によって通信方式が異なるなどの理由によって、基本的に通信事業者ごとにSIMロ…

NPS(Net Promoter Score)

企業やブランドの商品・サービスに対する顧客ロイヤルティーを知るための指標。NPSの計測では、顧客へ「あなたがこのブランド(または商品・サービスなど)を友人や同僚に薦める可能性はどのくらいありますか?」という質問をし、0~10のスケールで評価して…

MR(複合現実)

Mixed Realityの略。 現実世界の映像に仮想世界の映像をリアルタイムで重ね合わせた新たな空間を体験できる技術。 現実世界にCGなどで作るデジタル情報(AR)を、カメラなどを通して仮想世界(VR)に反映させ、リアルとバーチャルが相互に影響し合う世界を作…