ソフトバンクニュースは「IT×ライフスタイル」をテーマに、暮らしに役立つ小ネタから、もらってうれしいプレゼント、スマホの豆知識、話題のガジェットやテクノロジー、企業の取り組みまで、ソフトバンクのさまざまな情報をお届けします。

Facebook
Instagram
LINE
Twitter

夏の思い出づくりにいかがですか? 「ネスタリゾート神戸」宿泊券&入場券が当たる!

2016年7月1日に兵庫県三木市にオープンした、大型複合リゾート「ネスタリゾート神戸」。今話題の“グランピング”も体験できるBBQ施設や、リニューアルしたてのプール、リゾートホテルを備え、施設を拡充してオープン1周年を迎えました!

近隣には乗馬体験やぶどう狩りが楽しめるスポットもあり、夏休みを目いっぱい満喫できる三木市。車でのアクセスなら、神戸、大阪、京都からは約1時間圏内。岡山や徳島からでも2時間と、日帰りや週末の1泊旅行に最適です♪

グランピングでまったり、温泉でしっとり☆
こんな夏の一日を家族で過ごしてみませんか?

【午前】ネスタフローラ

「ネスタリゾート神戸」のホテル ザ・パヴォーネの目の前に構えているのは、「ネスタフローラ花結びの谷」。約150匹もの錦鯉が足元を泳ぐ「こいの入口」を抜けると、色鮮やかな花々が彩る「花結びの谷」が現れます。高低差約40mの頂上から雄大な花畑の全景を一望でき、歩き進むにつれて、大自然のエネルギーを全身で感じることができますね♪

また毎日午後7時半からは、光と音のショー「MYSTIA(ミスティア)」を開催。夜のとばりが下りたお花畑が、幻想的な雰囲気へと移り変わるショーは必見なんですって☆

藤本総支配人から一言!

このガーデンのテーマは、ずばり“愛”。
きれいな花を見ていると穏やかな気持ちになって、優しい会話が生まれ、つい手をつなぎたくなるようで、年配の方が手をつないでゆっくり歩く微笑ましい姿を何度も見かけます。そんな姿を拝見すると、こちらがうれしくなってしまいますね。この花畑では3度、感動していただけるポイントがあるので、ぜひ楽しんでくださいね。

【午後】ウォーターフォート

夏といえばプール! 子どもたちのお楽しみタイムです!
オープンしたばかりの「ウォーターフォート」は、文字どおりの“水の要塞”。頭上には大きなバケツが設置され、一定の時間ごとに2tもの大量の水がザッパーーン! と降り注ぎます! 子どもたちの歓声を聞きながら、パパとママは流れるプールでのんびり泳ぐのもいいですね。

そして「ネスタリゾート神戸」のプールといえば、忘れてはいけないのがウォータースライダー。日本初上陸の「グレートブラスター」は、急下降と急上昇を3回も繰り返す“絶叫系”。専用浮き輪に乗ってチューブの中を滑走する「ファミリースプラッシュ」も、ラストでかなりの横揺れを体感でき、家族みんなで盛り上がれること必至です☆

【夕方】グランプ&BBQエリア

家族でちょっとぜいたくなバーベキュー&キャンプ体験はいかがですか?
“グラマラス(魅惑的な)”と“キャンプ”をかけ合わせた造語の“グランピング”は、新しいアウトドアの楽しみ方として今注目を集めているキャンプスタイル。「ネスタリゾート神戸」を訪れるなら、日本最大級のグランピングサイト「GLAMP BBQ PARK」にある宿泊専用キャビンを利用したいですね。

四季を感じるデッキテラスではぜいたくなバーベキューやアウトドアが楽しめ、室内はエアコン完備のリビングに、キッチン・トイレ・シャワールームまで用意されています。夜はきれいな星空を眺めながら、ホテルのような快適な客室でゆったりとした時間を過ごすことができるんですよ☆

【夜】スパ(温泉)エリア

一日の遊び疲れを癒すのは、やっぱり温泉が一番!
天然温泉「延羽の湯 野天 閑雅山荘」は、竹林を抜けた閑かな里山に、ひっそり優雅に佇んでいます。野趣あふれる大岩を組み上げた「野天岩風呂」をはじめ、洞窟風呂や岩窟サウナ、家族風呂、森林浴も味わえる「杜乃立湯」などが、ゆるやかな丘陵地帯に点在。自然を感じながらの入浴で、身も心もリラックスできちゃいます♪「延羽の湯」は泉質が非常に良いナトリウム泉で、“美人の湯”としても有名。ママには絶対におススメのスポットですね。

食後に余裕があれば、ぜひ屋外イルミネーション「ネスタイルミナ」の見物を。歩きながら“海”を体感できる光の散歩道は、ここでしか味わえない感動体験になること間違いなしです☆

藤本総支配人から一言!

「延羽の湯」は保湿効果も高く、出た後は本当に見違えるぐらいツルツルになります。長い方は5時間もゆっくり入っていらっしゃるほど。お試しくださいね。

【翌朝】夏ならではの体験を☆

「ネスタリゾート神戸」に宿泊した次の朝は、早起きしてみてくださいね♪
広大な敷地内の森の中は、カブトムシやクワガタなど夏の昆虫たちの宝庫☆ リス、野ウサギ、キツネ、イノシシなどの動物に遭遇するチャンスもあるそうなので、家族で朝の散策を。「パパが目の前でカブトムシを捕まえてくれた~!」なんて、親子の一生の思い出になりますね♪

藤本総支配人から一言!

アクティビティーと合せて都会にはない、この場所でしか出会えない体験と感動を味わっていただきたいですね。自然と施設を融合・共存させたアクティビティー体感型の近未来型リゾートとして誕生した「ネスタリゾート神戸」。皆さまのお越しをお待ちしております!

自然との調和を考え、ネットワークを構築したソフトバンクの取り組みとは?

「ネスタリゾート神戸」の開発が進む中で、ソフトバンクもネットワークの改善に取り組みました。光のイルミネーション施設「ネスタイルミナ」を増設している際、山の一番奥に行くと圏外になることが判明・・・。これではお客さまも困ってしまうことに。

自然を生かし、起伏のある「ネスタリゾート神戸」の敷地内でも40m級の鉄塔局を建設すれば、敷地全体をカバーすることは可能。しかし、“自然との融和を図るリゾート”をうたいながら、どこからでも目につく鉄塔局があっては雰囲気も台無しです。そこでソフトバンクは新たな方法で電波対策に挑戦しました。

もともとは人の立ち入らない“山の奥”に増設される「ネスタイルミナ」では、オープンまでの時間が迫まる中、1km以上離れた高速道路対策の電波を中継、増幅させることで短期間で電波状況の改善を図ることに成功。

入口からの電波を下のアンテナがキャッチし、上のアンテナが温泉を狙う

また天然温泉「延羽の湯」の電波対策でも、リゾートの世界観を損なわないよう、伝送路や電線などをなるべく見せないように工夫しました。敷地外から「ネスタリゾート神戸」の入り口まで地中に埋没させる形で伝送路や電線を引き込み、新局を設置。ここから発射される電波を、温泉近くの道路沿いの新局でキャッチし増幅させることで、「延羽の湯」でもスムーズに通信がつながるようになりました。「ネスタリゾート神戸」では、環境にもお客さまにも配慮した、“電波のリレー”が今日も行われています。

プレゼント内容

このたびのエリア拡充によりソフトバンクとワイモバイルのネットワークがさらに快適に使えるようになりました。これを記念して、Twitterで応募すると、ホテルの宿泊券やアクティビティを楽しめるチケットが抽選で当たります! ご家族やお友達と、夏の思い出作りにいかがですか? 今すぐご応募くださいね!

グランプBBQパーク 宿泊券:1組4名さま

プレミアムキャビン 1組4名1室(ルームチャージ)
宿泊可能期間:2017年8月16日~2018年2月28日
除外:2017年12月29日~2018年1月3日

  • 飲食代金および入湯税150円は別途必要です。
  • 必ず事前にご予約ください。

ネスタフローラ 入場券:10組20名さま

有効期限:なし

ウォーターフォート・ジャバジャバ 利用券:
2組10名さま

有効期間:2017年6月30日オープン~9月24日

応募期間

2017年6月19日(月)~7月18日(火)午後11時59分まで

応募方法

  1. ソフトバンクの公式Twitterアカウント(@SoftBank)をフォローする
  2. ワイモバイルの公式Twitterアカウント(@ymobileOfficial)をフォローする
  3. プレゼント告知のツイートをリツイートする

注意事項

  • 当選されたお客さまには、応募されたTwitterアカウントからのDM(ダイレクトメッセージ)でのご連絡を7月下旬以降に予定しています。
  • @SoftBankおよび@ymobileOfficialへのフォローが解除されている場合、当選後のDMの送信ができないため、当選無効とします。
  • 当選の通知は、ソフトバンク株式会社から業務を委託しているSBフレームワークス株式会社からお送りします。
  • 通知した期間内に返信がない場合は、当選権利を放棄したものとします。
  • 応募はお一人さま1回限りとなります。
  • 応募は日本国内にお住まいの方に限ります。
  • 転売・譲渡目的でのご応募は固くお断りします。
  • ソフトバンクグループの社員ならびに、その関係者の応募はできません。
  • 本キャンペーンの内容および期間は、予告なく変更される場合があります。あらかじめご了承ください。
  • 本キャンペーンはソフトバンク株式会社が主催しています。
本キャンペーンについてのお問い合わせ先
ソフトバンクの携帯電話から 157
一般電話から 0800-919-0157
営業時間 午前9時から午後8時まで

(掲載日:2017年6月19日、更新日:2017年7月6日)
文:ソフトバンクニュース編集部