SNSボタン
記事分割(js記載用)

【超ミライ部#3 VR】にこるんの理想の告白をVRで撮影してみた!

部長のにこるんが部員と一緒に未来を体験する「超ミライ部」!

今回の活動は、にこるんと助手の藤田富(とむ)くんが話題のVR(バーチャルリアリティ)を体験! VRゲームやVR動画の撮影に挑戦してみました♪

キャンバスにたくさん描いた「卍」が迫ってくる!? お絵かき体験♪

はじめに体験したのは、空間に自由にお絵かきができるVRゲーム。VRゴーグルを装着してコントローラを両手に装着すると、360度お絵かきができるキャンバスが登場!

すると、にこるんが流行語にもなった「まじ卍(まんじ)」を次々と描きはじめました(笑)!

にこるんと富くんが実際に描いた絵を見てもらえないのが残念・・・・・・画面で見ると平面に見えますが、空間に描いているので「☆」や「卍」が3Dアートに! キャンバスの中を自由に移動することができるので、描いた絵の周りをぐるりと回って眺めたり、下から見上げたり、描いた絵をすり抜けたりすることができるんです。

「描いた絵が立体になる! すごーい!! めっちゃ楽しい♪」とにこるんは大興奮!
お絵かきに夢中になっていたら、いつの間にか目の前はたくさん描いた「卍」だらけ(笑)。迫り来る「卍」を避けながらゲームを楽しんでいました。

“自分が描いた絵が迫ってくる!?” VRはそんな世界が体験できちゃいます。

VR動画の撮影に挑戦!

いよいよVR動画の撮影に挑戦!
「されてみたい理想の告白」をにこるんと富くんがそれぞれ考えて、360度カメラを相手に演じてもらいました♡

2人の理想がどんな告白だったかは、動画を見てくださいね!
VRゴーグルで見ると、にこるんと富くんが目の前にいるような体験が♡ もっとドキドキしちゃうかも♡

にこるんの理想の告白

富くんの理想の告白

にこるんの理想の告白

富くんの理想の告白

  • VRゴーグルで見る際は、YouTubeアプリでVRモードにしてご覧ください。

ちなみに、VR動画の撮影で使ったのは、360度カメラの「Giroptic iO」。撮影はとってもカンタン! iPhoneに装着して、専用アプリで撮影ボタンを押すだけで360度の写真と動画が撮影できちゃうんです。

動画に登場した研究員のVRくんに、VRの仕組みを聞いてみました。
「360度カメラで撮影した映像をVRで見ることができる理由は、VR再生アプリが、360度映像を右目用と左目用のVRゴーグルに適した形に変換して再生してくれるから。実は、360度カメラには広く上下左右180度を撮影できる2つの魚眼レンズが搭載されていて、2つの映像を撮影しています。そしてVR再生アプリが、複数の映像をつなぎ合わせる『スティッチング』処理をしてくれるので、専用のソフトウエアがなくても、誰でも気軽に撮影した映像をVRで楽しむことができるんですよ。

VRゴーグルで変換された映像を見ると、スマホのジャイロセンサーなどの機能で上を向いたら上の映像、下を向いたら下の映像を再生してくれるため、まるでそこにいるかの様な体験ができる、という仕組みなんです」

360度動画もたくさん登場してきているので、みなさんもVRを試してみてくださいね!

VRを楽しめるアイテムたち

  • VR動画を視聴する際は、長時間連続で視聴することがないよう、健康状態に注意してこまめに休憩を取りながらご覧ください。

(掲載日:2018年1月26日)
文:ソフトバンクニュース編集部