ソフトバンクニュースは「IT×ライフスタイル」をテーマに、暮らしに役立つ小ネタから、もらってうれしいプレゼント、スマホの豆知識、話題のガジェットやテクノロジー、企業の取り組みまで、ソフトバンクのさまざまな情報をお届けします。

Facebook
Instagram
LINE
Twitter

時短勤務で働くママがつくったソフトバンク「子育て応援クラブ」開発秘話。申込方法も解説!

時短勤務で働くママがつくったソフトバンク「子育て応援クラブ」開発秘話。申込方法も解説!

2018年12月3日、ソフトバンクで「子育て応援クラブ」の受付が開始されました。小学生以下の子どもがいるソフトバンクユーザーが「子育て応援クラブ」に申し込むと…

  • ① 毎年、子どもの誕生月に通信料金が割り引きされる(初回3,000円、2回目以降1,000円割引)
  • ② フォトブックや写真プリント、カレンダーを毎月おトクに作成できる
  • ③ レジャー施設や家事・育児サービスが割り引きされる

こちらの3つの特典があるんです、しかも月額料金は無料! こ、これは申し込まないと損です! どうしてこのサービスをつくろうと思ったのか、担当者に開発秘話を聞いてきました!

ウェブでの申込方法を確認したい方はこちら

子育て応援クラブのサービス担当者

子育て応援クラブのサービス担当者

ソフトバンク株式会社 モバイル事業推進本部
渡邊江里さん

再チャレンジで実現させたソフトバンクのパパママ応援サービス

先日、「子育て応援クラブ」の受付が開始されましたが、どんな心境ですか?

「ようやく開始できた」というホッとした気持ちはあるのですが、ユーザーの皆さんがどのような反応をされるのかドキドキしている気持ちも入り混じっていて、なんだか落ち着かないです(笑)。

「子育て応援クラブ」をつくった経緯を教えてください。

3年前に自分が妊娠したとき、うれしい気持ちがある一方で不安も感じました。そのときに「こういう気持ちの人はたくさんいるはず。もしソフトバンクで子育て世代を応援するような取り組みができたらステキだな」とふと思ったんです。それが「子育て応援クラブ」をつくろうと思ったきっかけですね。

サービスの構想はかなり前からあったんですね。

はい。ただ、社内で企画を話したところ「そのサービスでどれだけのお客さまに満足していただけるのか?」「ソフトバンクで実施する意味は何なのか?」といった指摘にうまく答えられませんでした。完全に準備不足です。
自分の思いだけで始めた企画なので、誰かに引き継ぐこともなく出産・育児休暇に入りました。

当初は企画が通らなかった…と。

でも、職場に復帰した2日目に上司から「渡邊さんが以前考えていた企画、やっぱりやろうよ」と声を掛けられたんです。
正直、時短勤務で元の部署に戻っても以前と同じような仕事はできないだろうと思っていました。それなのに「せっかくママとして帰ってきてくれたんだから! 前とは違った目線で考えられるだろうし、絶対やろう!」と言われたんです。

上司が背中を押してくれたんですね。

ハッとしました。自分は何を心配していたのだろうと。それで気持ちが切り替わりました。期待してくれる上司がいるなら頑張れそうだし、こうやって賛同してくれる人を増やせば実現できるんじゃないかと思い、もう一度挑戦することにしたんです。
いろいろな調査を行ったり、ソフトバンクが実施する意義や効果を論理的に説明することで、正式に社内でGOサインが出ました。

お客さま目線で考えた「うれしいサービス」と「申し込みやすさ」

改めて、「子育て応援クラブ」の魅力を教えてください。

一番の特長は、小学生以下の子どもがいるソフトバンクユーザーは「お申し込みいただくと、無料でいろいろな特典を受けられること」。特典の具体的な内容はこちらの3つです!

特典内容

サービスをつくるときに、特に重視したのはどんなことですか?

お客さま目線でサービスのうれしさや申し込みやすさを考えました。
今回の特典はすべて子育て中のパパママにヒアリングした結果を基に決定しています。個人的にはガン検診や家事代行などが人気と思っていましたが、ヒアリングしたところ票が分かれました。

そこで「ライフエール」という140万件以上の特典を利用できるサービスを採用。もちろんガン検診や家事代行など子育て世帯に嬉しい割引特典もたくさん入っています! 子どもの成長に伴って生活に役立つことも変化するので、ぜひ特典を使い倒していただきたいです。それから申込方法もお客さまの手間がなるべく少なく、楽に行えるように工夫しました。

具体的にはどこが楽なんですか?

2つあります。1つ目は、確認書類の分かりやすさ。「子育て応援クラブ」の申し込みには親子関係/扶養・被扶養関係が確認できる書類が必要なのですが、対象の4書類はいずれも親子の名前が同一紙面に記載されている書類です。「親はこれ、子どもはこれ」と確認したり、準備いただく手間を省きました。

この中から親子関係/扶養・被扶養関係が確認できる書類をご用意ください

2つ目は、ご自宅から申し込みが簡単にできること。私自身もそうですが、小学生以下の子どもがいる方は、お店に行く時間を作るのも大変なはず!
そこで、ウェブで申し込みを完結できるようにしたのがポイントです。書類を用意したら、スマホや携帯電話で必要な情報を入力して書類の写真をアップロードすれば申し込みが完了します。

お店に行かなくても大丈夫なんですね?

はい、申し込みはウェブで完結できます。もちろんソフトバンク取扱店※に足を運んでいただいても申し込みは可能です。生活に合った方法で申し込んでいただければと思います!

  • ソフトバンクショップ以外の店頭では、機種のご購入を伴うお手続きの場合に限ります。

熱い思いでサービスをつくり上げた渡邊さん、子育ても奮闘中です!

最近やんちゃ度が増してきた娘との2ショット

手続きかんたん! ウェブでの申込方法を紹介します

ウェブでかんたんに申し込める「子育て応援クラブ」。申込方法の手順をご紹介します。

1. 「My SoftBank」にアクセス
1. 「My SoftBank」にアクセス

2. 携帯電話番号とパスワードを入力してログインします
2. 携帯電話番号とパスワードを入力してログインします

3. 右上の「メニュー」を選択
3. 右上の「メニュー」を選択

1. 「My SoftBank」にアクセス
1. 「My SoftBank」にアクセス

2. 携帯電話番号とパスワードを入力してログインします
2. 携帯電話番号とパスワードを入力してログインします

3. 右上の「メニュー」を選択
3. 右上の「メニュー」を選択

4. メニューから「契約・オプション管理」を選択
4. メニューから「契約・オプション管理」を選択

4. メニューから「契約・オプション管理」を選択
4. メニューから「契約・オプション管理」を選択

5. 「オプション」を選択
5. 「オプション」を選択

6. 「もっと見る」を選択
6. 「もっと見る」を選択

5. 「オプション」を選択
5. 「オプション」を選択

6. 「もっと見る」を選択
6. 「もっと見る」を選択

7. 「子育て応援クラブ」の加入を選択
7. 「子育て応援クラブ」の加入を選択

8. 申し込みページが表示されます
8. 申し込みページが表示されます

7. 「子育て応援クラブ」の加入を選択
7. 「子育て応援クラブ」の加入を選択

8. 申し込みページが表示されます
8. 申し込みページが表示されます

9. ページ下部の「入力へ進む」を選択
9. ページ下部の「入力へ進む」を選択

9. ページ下部の「入力へ進む」を選択
9. ページ下部の「入力へ進む」を選択

10. お子さま情報を入力します
10. お子さま情報を入力します

11. 確認用の書類の種別を選択
11. 確認用の書類の種別を選択

12. 写真を撮影もしくはアップロードを選択
12. 写真を撮影もしくはアップロードを選択

10. お子さま情報を入力します
10. お子さま情報を入力します

11. 確認用の書類の種別を選択
11. 確認用の書類の種別を選択

12. 写真を撮影もしくはアップロードを選択
12. 写真を撮影もしくはアップロードを選択

13. 内容確認したら利用規約を読んで同意にチェックして申し込めば完了!
13. 内容確認したら利用規約を読んで同意にチェックして申し込めば完了!

 

 

13. 内容確認したら利用規約を読んで同意にチェックして申し込めば完了!
13. 内容確認したら利用規約を読んで同意にチェックして申し込めば完了!

 

通信料金の割引以外にもおトクがいっぱい

「子育て応援クラブ」に申し込むと、子どもの誕生月に通信料金の割引されるほか、フォトブックや写真プリントに使える「Myフォト※1」、レジャー施設や家事・育児サービスの割引などを受けられる「ライフエール※2」を一定期間内は無料で使えるなどうれしい特典が盛りだくさん。しかも、子どもを3人まで登録できるそう。現在、子育てに奮闘されているママ・パパは忙しいと思いますが、申し込みをお忘れなく~。

  • ※1スマホアプリのサービスです。iPhoneをご利用中の方は12月上旬以降に利用可能となる予定です。
  • ※22019年春にサービスを提供開始予定です。

「子育て応援クラブ」のサービスサイトへ

(掲載日:2018年12月4日)
文:ソフトバンクニュース編集部