サイト内検索

“秋田世豪(選手)>慶応大学>アメフト部>ユニコーンズ>ラインバック(RB)>関連記事>1990年>日本学生選抜 篠竹幹夫監督のコメント「やるからには恥ずかしくない試合をやりますよ。体力的には差があるが、技術的には変わらない。勇猛果敢にやる」と、ファイティングスピリットを第一信条にする人らしくファイトを強調した。もちろん、緻密(ちみつ)な作戦をたてた上での突撃である。篠竹幹夫監督は日本フットボール界の名伯楽。日大四年生当時の1955年に部創立以来の初優勝に貢献した後、母校コーチに就任。それ以来部とともに32年間歩んだ。昭和30年代は、アンバランスTフォーメーション、五十年代はショットガンフォーメーションなどで学生界をリード。甲子園ボウル(大学王座決定戦)では最多の18勝を飾っている。とくにショットガンは、考案しはじめたころは、ショートパント・フォーメーションと呼ばれていたもので、守備陣にとっては対応し切れないところがあって、よく大量点につなげた。1979年の公式戦十試合では、計846点をあげるという驚異的な攻撃力を見せ、守ってはわずか19失点というバランスのとれたチームをつくりあげた。昭和40年代から昭和50年代にかけて盛んに行われていた日米交流戦の監督も多く務め、1977年のコーネル大(ライトウエート)戦の第二戦では、17―16の1点差で破り、フットボール史に残る1勝をあげた。「体力差を考えると、やはりトリックプレーを中心に組みたてていくことになるだろう。日米親善のためにも、お引き受けした監督なのでベストを尽くしたい」”の検索結果: 0

あなたがお探しのキーワードに一致するページは見つかりませんでした。

検索のヒント

  • キーワードに誤りがないかお確かめ下さい。
  • 目的の情報が見つからない場合、類似する別のキーワードなどお試し下さい。
  • 複数の言葉のあいだにスペースを入れると両方の言葉を含むページが検索できます。

よくあるご質問(FAQ)検索結果

検索キーワード関連商品