請求書内訳に「国際電話」「世界対応ケータイ」が表示されています。違いを教えてください。

「国際電話」は、日本国内から海外事業者の携帯電話・固定電話に発信した場合を指し、「世界対応ケータイ」とは、海外に渡航され、海外から発信(接続元が海外)した場合を指します。

請求書内訳の表示例 説明
国際電話 [通話料 国際電話] 日本国内から海外事業者の携帯電話・固定電話に発信した場合
世界対応
ケータイ
[通話料 世界対応ケータイ(音声)(日本国内事業社宛)] 海外に渡航され、海外から発信(接続元が海外)した場合

参考になりましたか?

16人の方の参考になっています。

ご利用ありがとうございました