光電話(N)における不具合のお知らせ

掲載日:2015年11月2日

弊社が提供する光電話(N)サービスご利用中のお客様で、かつ、ホームゲートウェイ(N)※1の特定の機器をお使いの方において、お客様がダイヤルした電話番号とは異なる電話番号に着信する場合があることが判明しました。

本事象は弊社提供のホームゲートウェイ(N)のソフトウェアの不具合によるもので、現在、本事象に対応したソフトウェアを作成中です。対応版のソフトウェアは、2015年11月10日(火)を目処に提供する予定です。
なお、それまでの暫定対処として、お客さまの電話機の設定変更をすることにより、本事象は解消されます。

お客さまには大変なご迷惑とご不便をお掛けしますことを深くお詫び申し上げます。

  • ※1
    「光電話(N)」を利用するために必要な機器です。

対象機器および発生条件

  1. 光電話(N)をご利用中のお客様
  2. ホームゲートウェイ(N) RS-500KI※2 をご利用の場合
  3. 電話機の設定が「ダイヤルパルス 20pps※3」の場合

発生事象

光電話(N)の発信時に、お客さまがダイヤルした電話番号とは異なる電話番号に着信する場合があります。

発生原因

ホームゲートウェイ(N) RS-500KI のソフトウェア不具合

本事象に関するお客さまへの対応について

「ホームゲートウェイ(N)」のソフトウェア修正にて対応いたします。実施時期は2015年11月10日(火)を予定しております。
ソフトウェアの修正は自動バージョンアップにて行います。

なお、上記対応までの暫定対処として、ご利用中の電話機の設定変更※4をしていただくことで、本事象は解消されます。

本事象に関する問い合わせ先

SoftBank 光 サポートセンター:0800-111-2009

(携帯電話・PHSからもご利用いただけます)
受付時間 午前10時から午後7時 土日・祝日も含む

  • サービス内容および提供条件は、改善などのため予告なく変更する場合があります。
  • 記載されている会社名、製品名およびサービス名は、各社の登録商標および商標です。