プレスリリース(旧ソフトバンクBB) 2013年

専用アプリとBluetooth®で、手書きメモをiPhone/iPadに瞬時に表示
デジタルボールペン「Livescribe 3 smartpen」の国内販売を開始
~音声保存、手書きメモのテキストデータ変換機能はそのままに、話題のペンが更に進化~

2013年12月4日
ソフトバンクBB株式会社

ソフトバンクBB株式会社は、Livescribe社(ライブスクライブ、本社:米国カリフォルニア州)と、新開発の専用アプリとBluetooth®でリアルタイムに手書きのメモをiPhone、iPadに表示させることができる最新のデジタルボールペン「Livescribe 3 smartpen」(ライブスクライブ スリー スマートペン)の日本における販売代理店契約を締結し、SoftBank SELECTIONが販売パートナーとして、SoftBank SELECTION オンラインショップやその他の販売店で、同製品の販売を2013年12月4日から順次開始します。

「Livescribe 3 smartpen」は、デジタルボールペンLivescribeシリーズの最新作で、記述の位置情報を示すドットを施したLivescribeノートまたはLivescribeドットペーパーに手書きした内容をBluetooth®でiPhone、iPadにリアルタイムで表示・保存することができる製品です。記述時の音声データをiPhone、iPadのマイクから録音することもでき、手書きメモの記述に合わせて保存、再生することも可能です。専用アプリ「Livescribe+」には、手書きメモのテキストデータ変換や、メモの検索、タグ付け機能、写真の添付など多彩で先進の機能を備えています。本製品は省電力対応のBluetooth® 4.0を採用し、充電後約14時間お使いいただけます。

Livescribe会長兼CEOのGilles Bouchard(ジル・ブシャール)氏は以下のように述べています。「ソフトバンクBBと一緒にLivescribe 3 smartpenを日本国内で発売できることをとても楽しみにしています。Livescribe 3 smartpenは手書きしたものをiPhoneやiPadに反映させ、使いやすく、新しいさまざまな使用方法をもたらします」

Livescribe 3 smartpen

商品の詳細

1. 主な特長

  • 新開発の専用アプリとBluetooth® 4.0でノートに記載した内容をリアルタイムにiPhone、iPadに表示・保存
  • 音声もあわせて保存(スマートフォンもしくはタブレットのマイクを使用して録音します)
  • 手書きメモをテキストデータに変換
  • メモのタグ付け、写真添付、メモの整理機能など多彩な機能
  • メモの共有も可能(メール添付、クラウド経由)

2. 対応機種

iPhone 4s以降(iOS 7.0以上)、iPad(第3世代)以降(iOS 7.0以上)、iPad mini(iOS 7.0以上)、iPod touch(第5世代)以降(iOS 7.0以上)

3. 外形寸法/質量

162.0×14.9(mm)/34g

4. SoftBank SELECTION オンラインショップ販売価格

Livescribe 3 smartpen 18,800円(税込み)

Livescribe 3 smartpen

Livescrive 3 smartpen ProEdition(1年間のEvernote使用権付き) 24,800円(税込み)

Livescrive 3 smartpen ProEdition

SoftBank SELECTION オンラインショップ

お問い合わせ先

ソフトバンクBBグローバル製品窓口

  • iPhone、iPadは、Apple Inc.の商標です。
  • iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Bluetooth®は米国Bluetooth SIG, Inc.の登録商標です。
  • SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンク株式会社の登録商標または商標です。
  • その他、このプレスリリースに記載されている会社名および製品・サービス名などは、各社の登録商標または商標です。
  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。
  • 2015年4月1日付でソフトバンクモバイル株式会社はソフトバンクBB株式会社、ソフトバンクテレコム株式会社、ワイモバイル株式会社を吸収合併しました。合併前の各社のプレスリリースは以下よりご覧いただけます。なお、2015年7月1日付でソフトバンクモバイル株式会社は、ソフトバンク株式会社に社名を変更しています。