お知らせ 2012年

BS放送による電波干渉対策について

2012年4月9日
ソフトバンクモバイル株式会社

いつもソフトバンクをご利用いただき、誠にありがとうございます。

2012年2月20日から発射されているBSデジタル放送BS21チャンネルおよび23チャンネルの放送用電波により、当社のモバイルデータ通信サービス(ULTRA SPEEDなど)の接続率の低下や、通信スピードの劣化などの影響が発生しております。

ご利用のお客さまには大変ご迷惑をおかけしておりますこと、深くお詫び申し上げます。

発生している事象について

個人宅などに設置されているBS放送受信機器の配線接続の不良などにより、漏れ出た電波が携帯端末と基地局の送受信の電波に干渉を与える現象が確認されています。

当社では、基地局に影響を与えている屋外の電波干渉の発生源(建物)の特定を進めており、影響が大きい建物から対策を進めています。また、基地局側の設定を変更し、干渉を受けにくくする対策も実施しています。

発生している事象について

屋外のBS放送用アンテナのブースター(増幅器)や、BSが受信できる建物の宅内の壁面にささったままで使われていないテレビアンテナ用L型プラグ、シールド処理されてないケーブルなどから漏れ出た電波が、携帯端末と基地局の間の送受信電波と干渉し、影響を与える場合があります。

ご自宅で影響を受けているお客さまへ

BS放送が受信できるご自宅にお住まいの方は、次の2点を確認してください。
お試しいただくことで改善する場合があります。ただし、屋外のBS放送用アンテナのブースター(増幅器)などに起因する場合は改善されません。

1. テレビアンテナ用L型プラグ

宅内の壁面に、使用していないテレビアンテナ用L型プラグが付いている場合は、取り外していただくことで、電波状況が改善する場合があります。

テレビアンテナ用L型プラグ

2. 同軸ケーブル

テレビ・ビデオのBS端子とアンテナコネクタ間のケーブルにシールド処理されてない同軸ケーブルをお使いのお客さまは、衛星放送受信に適した同軸ケーブルへの交換をおすすめします。

BS放送の受信に適したシールドタイプの同軸ケーブル

ケーブルの表面に記載されている名称の末尾に「FB」とあるものが、衛星放送受信に適したケーブルです。ケーブルを新たに購入される場合は、家電量販店や電器店などにご相談の上、衛星放送に適したケーブルをご購入下さい。なお、ケーブルとコネクタが一体になっているタイプの方が、接続が簡単です。

代表的な同軸ケーブル名称
代表的な同軸ケーブル名称
コネクタ一体型の一例(4C-FB)
コネクタ一体型の一例(4C-FB)

当社の対応について

当社では、基地局に影響を与えている屋外の電波干渉の発生源(建物)に対して、影響が大きい建物から順次、対策を進めております。

当社の調査員が訪問の際はご協力をお願いいたします。

  • 調査員が実施する点検には費用は一切かかりません。
    また、点検実施業者が費用を請求することも一切ありません。
  • 調査員は当社指定の腕章・身分証明書を携帯していますのでご確認ください。
  • 総務省の担当官も調査に同行する場合があります。
    総務省ホームページの「BS受信設備の点検へのご協力のお願い」に掲示しています。
腕章の図
腕章の図

引き続き、関係各所に対する放送用電波による影響の対策などについて、申し入れなどを実施するとともに、安定した通信の提供に向けて対策を進めてまいります。

[注]
  • なお、本件については、2012年2月20日にウェブサイトにお知らせを掲載しております。

本件に関するお問い合わせ

BS電波干渉お問い合わせ窓口

フリーコール 0800-170-3000(通話料無料)
営業時間 9:00~20:00(年中無休)