プレスリリース 2012年

900MHz帯“プラチナバンド”の割り当てについて

2012年3月1日
ソフトバンクモバイル株式会社

ソフトバンクモバイル株式会社は、トラフィック急増への対応やカバーエリアの充実および災害に強い通信網を構築するため、本年1月27日に900MHz帯を使用する特定基地局の開設計画の申請を行いましたが、本日、総務大臣より当該開設計画の認定を受けました。これにより、当社が既に保有する電波帯と比較し、より効率よく広範囲までカバーできる“プラチナバンド”と呼ばれる900MHz帯を使用したモバイルネットワークの構築に着手し、より高品質な通信環境の実現を目指してまいります。900MHz帯を使用する通信サービスは2012年7月25日(水)から開始する予定です。

認定された特定基地局の開設計画では、2012年度中には約1万6千局を設置し、2016年度中には約4万1千局まで増設、人口カバー率も99.9%にする予定です。

なお、ソフトバンク株式会社は、連結設備投資額を2年間(2011年度および12年度)で1兆円としていましたが、今回の認定に伴い、1,000億円積み増しし、2年間で1.1兆円にします。また、2013年度には4,500億円の設備投資を計画し、3年間合計(2011年度~13年度)で1.55兆円とします。

現在発売している端末では、「iPhone 4」「iPhone 4S」「iPad 2」(以上、アップル製)などが900MHz帯に対応しており、7月25日から開始する900MHz帯通信サービスが利用できる予定です。また、2012年3月に発売予定の「PANTONE® 4 105SH」(シャープ製)および2012年の夏モデルとして発売する端末は全て、900MHz帯に対応する予定です。

当社は、2006年のボーダフォン日本法人買収直後、コミットメントの一つとしてネットワーク強化を打ち出し、引き継いだ基地局2万1千局強を2007年8月には4万6千局まで倍増させました。さらに2010年3月には「電波改善宣言」を掲げ、現在は約18万局まで増設しています。また、快適なデータ通信サービスの提供のため、ソフトバンクWi-Fiスポットも全国で約24万カ所に設置するなど、お客さまの利便性向上に向けてあらゆる電波改善の対策に全力で取り組んできました。また、より高速のデータ通信を実現するため、2012年2月24日(金)から2.5GHz帯を使用した「SoftBank 4G」も開始しています。

このたびの開設計画の認定を受け、増加する通信量の対策、LTE等の新しい通信技術の導入はもとより、より効率よく広範囲をカバーできるプラチナバンドの特性を活かした通信網の構築、特に災害時におけるライフラインネットワークを早期に実現させるなど、総合的な通信環境を向上させるべく、全社をあげて取り組んでまいります。

以上

[注]
  • ホームフェムトおよびホームリピーターを除きます。

プラチナバンド認可記者会見


  • Apple、Appleのロゴは、米国および他国のApple Inc.の登録商標です。iPhoneはApple Inc.の商標です。
  • iPhone商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • PANTONE is a trademark of Pantone LLC in the United States and/or other countries. ©Pantone LLC, 2011. All rights reserved.
  • SOFTBANKおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンク株式会社の登録商標または商標です。
  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。
  • 2015年4月1日付でソフトバンクモバイル株式会社はソフトバンクBB株式会社、ソフトバンクテレコム株式会社、ワイモバイル株式会社を吸収合併しました。合併前の各社のプレスリリースは以下よりご覧いただけます。なお、2015年7月1日付でソフトバンクモバイル株式会社は、ソフトバンク株式会社に社名を変更しています。