プレスリリース 2013年

「Hybrid 4G LTE」に対応したスマートフォン
「AQUOS PHONE Xx 302SH」「ARROWS A 301F」
12月6日発売

2013年12月4日
ソフトバンクモバイル株式会社

ソフトバンクモバイル株式会社は、高速通信サービス「SoftBank 4G LTE」と「SoftBank 4G」の両方のネットワークを利用可能な「Hybrid 4G LTE」※1に対応した「AQUOS PHONE Xx(ダブルエックス) SoftBank 302SH」(シャープ製)と、「ARROWS A(エース) SoftBank 301F」(富士通モバイルコミュニケーションズ製)を2013年12月6日より、全国で発売します。また、発売と同時にスタートする「冬スマキャンペーン」により、本体の実質負担額0円から購入できます。

「AQUOS PHONE Xx 302SH」は、3辺狭額縁設計によってディスプレー占有率80.5%※2を実現した、大画面5.2インチフルHD液晶搭載スマートフォンです。カメラをかざすと、英語から日本語へ変換する「翻訳ファインダー」も搭載しています。さらに、余裕をもって二日間※3利用できる大容量バッテリーと高速な処理性能をもつ2.2GHzクアッドコアCPUを搭載しています。

「ARROWS A 301F」は、10分の充電で一日使用できる※4超急速充電に対応した大画面5.0インチフルHD液晶のスマートフォンです。充電を忘れても、外出前に短時間充電するだけで一日中安心して利用でき、さらにフル充電で三日間の電池持ち※3を実現しています。また、富士通独自の「スマート指紋センサー」や、高速な処理性能をもつ2.2GHzクアッドコアCPUを搭載しています。

なお、「SoftBank SELECTION」から「AQUOS PHONE Xx 302SH」向けに、傷がつきにくく衝撃にも強いハードケースや動画視聴に便利なスタンド付きケース、「ARROWS A 301F」向けに装着したままでも同梱の卓上ホルダーで充電できる便利なハードケースなどが発売予定です。

[注]
  • ※1FDD-LTE方式の「SoftBank 4G LTE」およびAXGP方式の「SoftBank 4G」に対応し、「SoftBank 4G」に優先的に接続します。
  • ※2ディスプレー占有率とは、端末おもて面の面積に対して表示部分が占める比率です。
  • ※3お客さまの使用状況を想定し、実際に測定したものです(各メーカー調べ)。またアプリの動作状況やネットワーク環境により大きく変動する場合があります。
  • ※4充電を促すメッセージ表示後に同梱の卓上ホルダーおよび専用ACアダプタで充電した場合(富士通調べ)。詳しくは富士通株式会社のホームページをご覧ください。
  • 本プレスリリースに記載されている価格はソフトバンクショップ(直営)の場合です。実質負担額とは、月々の分割支払金と基本使用料・通信料などから割り引く「月月割」の差額です。「月月割」とは、「月月割」の金額を通信料などから24カ月間割り引くサービスです。月月割は、契約後2カ月目から開始されますので、月月割を24カ月受けるためには25カ月間のご契約が必要です。なお、機種変更や解約などで月月割は終了しますが、分割支払金の支払いは必要です。
  • SoftBank 4Gは、第3.5世代移動通信システム以上の技術に対しても4Gの呼称を認めるという国際電気通信連合(ITU)の声明に基づきサービス名称として使用しています。
  • AQUOS、AQUOS PHONE、Xxは、シャープ株式会社の登録商標または商標です。
  • スマート指紋センサーは富士通株式会社の登録商標です。
  • SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンク株式会社の登録商標または商標です。
  • その他、本プレスリリースに記載されている会社名および商品・サービス名は各社の登録商標または商標です。
  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。
  • 2015年4月1日付でソフトバンクモバイル株式会社はソフトバンクBB株式会社、ソフトバンクテレコム株式会社、ワイモバイル株式会社を吸収合併しました。合併前の各社のプレスリリースは以下よりご覧いただけます。なお、2015年7月1日付でソフトバンクモバイル株式会社は、ソフトバンク株式会社に社名を変更しています。