プレスリリース 2014年

VoLTE時代の革新的な新定額サービスが登場!~スマートフォンの音声通話とパケット通信がパックになった定額サービス!~

2014年1月24日
ソフトバンクモバイル株式会社

ソフトバンクモバイル株式会社は、高品質な音声通話を実現するVoLTE時代を見据え、お客さまにシンプルで分かりやすいように音声定額とパケット定額をパックにした革新的な新サービスを、SoftBank 4GおよびSoftBank 4G LTEに対応するすべてのスマートフォン向けに、2014年4月21日より提供する予定です。

本サービスは、Sパック(月額5,980円)、Mパック(月額6,980円)、Lパック(月額9,980円)の中からいずれかを選ぶことが可能で、国内音声通話が、Sパックなら月50回(1回3分以内)、MパックとLパックなら月1,000回(1回5分以内)まで利用でき、実質的なかけ放題を実現します。また、Sパックなら2GB、Mパックなら7GB、Lパックなら15GBまでの国内パケット通信が利用可能です。従来のパケット定額サービスの安心感に加え、音声通話についても相手先や時間帯を気にすることなく通話できるようになります。

音声定額とパケット定額がセットになったパックプランは、米国など世界の携帯電話事業者ですでに導入されている先進的な料金プランです。本サービスにより、これまで料金を気にして電話するのをためらっていたようなシーンにおいても、気兼ねなく音声通話をご利用いただけるようになり、スマートフォンの音声通話は、より気軽なコミュニケーション手段へと変化します。通信手段に関わらず定額で使える本サービスを通じて、ソフトバンクはスマートフォンの新たな利用スタイルを提案してまいります。

なお、従来のホワイトプラン、パケット定額サービスも引き続きお選びいただけます。

[注]
  • LTEの高速データ通信ネットワーク上で音声通話を実現する技術。Voice over LTE(ボイスオーバーLTE)。

サービス概要(予定)

1. 内容

Sパック Mパック Lパック
国内音声通話 3分以内/月50回まで 5分以内/月1,000回まで
パケット通信 2GBまで 7GBまで 15GBまで
月額利用料 5,980円 6,980円 9,980円
[注]
  • ソフトバンク・他社携帯電話、固定電話などへの国内音声通話がサービスの対象となります。
  • 専用基本料、S!ベーシックパックの月額利用料が別途かかります。
  • 国内音声通話の超過分は30円/30秒の通話料がかかります。
  • 国内パケット通信の超過分は、Sパックは250円/100MB、Mパックは125円/100MB、Lパックは100円/100MBの通信料がかかります。また、超過しても通信料不要で128kbpsの低速通信がご利用いただけるオプションサービス(月額300円)をご用意します。

専用基本料

2年契約(自動更新) 通常契約
月額利用料 980円 1,960円
ソフトバンクWi-Fiスポット 無料 無料
テザリングオプション 無料 無料
[注]
  • ソフトバンク携帯電話をご利用されている家族への通話は、24時間無料となります。

2. 対象機種

SoftBank 4GおよびSoftBank 4G LTE対応スマートフォン

[注]
  • 本サービスは対象機種の購入時のみお申し込みいただけます。

3. 提供開始時期

2014年4月21日

そのほかの詳細は決まり次第、改めてホームページなどでご案内します。

[注]
  • 価格はすべて税抜です。
  • SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンク株式会社の登録商標または商標です。
  • その他、本プレスリリースに記載されている会社名および商品・サービス名は各社の登録商標または商標です。
  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。
  • 2015年4月1日付でソフトバンクモバイル株式会社はソフトバンクBB株式会社、ソフトバンクテレコム株式会社、ワイモバイル株式会社を吸収合併しました。合併前の各社のプレスリリースは以下よりご覧いただけます。なお、2015年7月1日付でソフトバンクモバイル株式会社は、ソフトバンク株式会社に社名を変更しています。