プレスリリース 2014年

3Dアニメーションを活用した辞書アプリケーション
「ゲームで学べる手話辞典」を提供開始~公益社団法人東京都聴覚障害者連盟推薦~

2014年2月6日
ソフトバンクモバイル株式会社

ソフトバンクモバイル株式会社は、辞書やゲームで手話学習が可能なアプリケーション「ゲームで学べる手話辞典」を本日よりApp Storeで提供開始します。「ゲームで学べる手話辞典」は、3,000語以上※1の手話を360度回転可能な3Dアニメーション※2で収録しており、さまざまな角度から細かい手の動きを見ることができます。なお、本アプリケーションは手話アプリケーションとしては初めて、公益社団法人東京都聴覚障害者連盟※3の推薦を受けています。また、当社の収益の一部は聴覚障がい者支援団体などへ寄付します。

「ゲームで学べる手話辞典」機能

学びやすさを意識した「学ぶ」メニューと、物語形式の手話学習文字入力ゲームで手話を学べる「遊ぶ」メニューから学習方法を選択できます。

1. 「学ぶ」メニュー

「フリーワード検索」「カテゴリ選択」「フリーワード指文字※4再生」などの機能が備わった「単語辞典」と、シーン別の例文の手話を見ることができる「シーン別例文集」の2種類の辞書を用意しています。検索した単語や例文の手話を再生する画面には、手話の動きや由来を説明する「手話説明文」や、動きの早い手話をゆっくり再生できる「スピード調整」、見やすい角度から手話を確認できる「カメラ移動」、手話の話者視点から手の動きを確認できる「背面透過」など、学びやすさを意識した機能を搭載しています。

2. 「遊ぶ」メニュー

物語が進む中で登場するモンスターとの対戦で、主人公が見せる手話の意味を答えて正解すると攻撃ができ、勝ち進むことでステージをクリアしていきます。ゲーム内で学んだ単語やモンスターとの対戦で答えられなかった単語は、「単語辞典」で確認して復習することが可能です。

ソフトバンクモバイルでは、これまでより、聴覚に障がいのある方に手話でご案内を行う「手話カウンター」のソフトバンク渋谷への併設や、全国17店舗のソフトバンクショップと当カウンターをテレビ電話でつなぎ、スタッフが手話でご案内する「手話サポートサービス」などの取り組みを進めてきました。今後も多様なニーズへ対応できるよう、さまざまな取り組みを行っていきます。

[注]
  • ※1簡単な日常会話単語集(約1,400語)まで無料で学べます。その他の日常会話単語集や接客用語集、専門用語集はそれぞれ400円(税込)の課金で学ぶことが可能です。税込価格は2014年2月6日時点の消費税率で計算しています。消費税率変動後は税込価格も変動します。
  • ※2実際の人の動きを多方面から、特殊なカメラで撮影(キャプチャー)して作成したモーションデータを3Dキャラクターに流し込んで作成しています。
  • ※3公益社団法人東京聴覚障害者総合支援機構 東京都聴覚障害者連盟
  • ※4平仮名やローマ字などの書記言語の文字を手の形でかたどったものです。

「ゲームで学べる手話辞典」イメージ画像

「ゲームで学べる手話辞典」イメージ画像
  • SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンク株式会社の登録商標または商標です。
  • その他、本プレスリリースに記載されている会社名および商品・サービス名は各社の登録商標または商標です。
  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。
  • 2015年4月1日付でソフトバンクモバイル株式会社はソフトバンクBB株式会社、ソフトバンクテレコム株式会社、ワイモバイル株式会社を吸収合併しました。合併前の各社のプレスリリースは以下よりご覧いただけます。なお、2015年7月1日付でソフトバンクモバイル株式会社は、ソフトバンク株式会社に社名を変更しています。