プレスリリース 2014年

NFC対応の韓国電子マネー「cashbee」を
ソフトバンクのスマートフォン向けに提供

2014年2月20日
eB Card Corporation
SBI AXES株式会社
ソフトバンクモバイル株式会社

eB Card Corporation(本社:韓国ソウル、CEO:Park Sang Hoon、以下「イービーカード」)とSBI AXES株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:井上 真也、以下「SBI AXES」)、ソフトバンクモバイル株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 兼 CEO:孫 正義、以下「ソフトバンクモバイル」)は、イービーカードの電子マネーサービス「cashbee(キャッシュビー)」を、2014年6月よりソフトバンクモバイルのNFC※1搭載スマートフォン向けに提供する予定です。

「cashbee」は、イービーカードが2007年7月より韓国で提供しているプリペイド式電子マネーサービスで、ロッテグループのデパートやコンビニエンスストア、レストラン、エンターテインメント施設など7万店舗※2でご利用いただけます。同サービスがソフトバンクモバイルのNFC搭載スマートフォンに対応することにより、対応機種をお持ちのお客さまは韓国を訪れる前に「cashbee」のアプリケーションをダウンロードし、電子マネーをチャージしておくことで、現地通貨を用意することなく手軽でスピーディーな決済が可能となります。

イービーカード、SBI AXES、ソフトバンクモバイルは、技術や運用などで連携を図り、ソフトバンクモバイルのお客さまに快適に「cashbee」をご利用いただけるよう努めるとともに、NFCサービスの普及拡大を推進してまいります。

[注]
  • ※1NFC(Near Field Communication):ISO(国際標準化機構)で規定された国際標準の無線通信技術のこと。NFC搭載スマートフォンでは、クレジットカードなどの決済サービスや、会員証、クーポンなどの「カードエミュレーション機能」、NFCタグを内蔵したポスターの情報を読み取る「リーダー機能」、NFC搭載スマートフォンなどNFC対応機器同士をかざすことで情報交換ができる「P2P機能」を利用することができます。
  • ※22014年2月20日時点で利用可能な店舗数になります。ソウル市内でのバスなど、一部の交通機関でのご利用は2014年春以降を予定しております。
  • SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンク株式会社の登録商標または商標です。
  • その他、本プレスリリースに記載されている会社名および商品・サービス名は各社の登録商標または商標です。
  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。
  • 2015年4月1日付でソフトバンクモバイル株式会社はソフトバンクBB株式会社、ソフトバンクテレコム株式会社、ワイモバイル株式会社を吸収合併しました。合併前の各社のプレスリリースは以下よりご覧いただけます。なお、2015年7月1日付でソフトバンクモバイル株式会社は、ソフトバンク株式会社に社名を変更しています。