プレスリリース 2014年

障がいのある方の社会生活を支援するサービス
「アシストスマホ」提供開始~スペシャルオリンピックス日本に参加するアスリートへの貸し出しを実施~

2014年3月24日
ソフトバンクモバイル株式会社

ソフトバンクモバイル株式会社は、障がいのある方の社会生活を支援するサービス「アシストスマホ」を本日より提供開始します。「アシストスマホ」は、「シンプルスマホ SoftBank 204SH」(シャープ製)に専用ソフトウエアをダウンロードし、「アシストスマホ」モードに切り替えてご利用できるサービスで、主に知的障がいのある方の連絡や行動を支援するサービスとして厚生労働省が実施する2013年度の障害者自立支援機器等開発促進事業に採択されています。また、2014年4月17日より開催されるバリアフリー2014に出展し、本サービスを紹介します。

本サービスでは、保護者や支援者の方が端末の設定や後方支援をできる専用サイトを通じて、位置情報の確認、利用者の習熟度に応じたホーム画面の変更や利用するアプリの選択、メールの定型文作成および徒歩用ナビゲーションの目的地設定などが可能となります。提供開始時はソフトバンクオンラインショップおよび非営利団体や特例子会社などの特定代理店を通じて申し込みを受け付けます。なお、提供開始に合わせて、「アシストスマホ」相談ダイヤルを開設し、ご利用を検討されているお客さまのご相談対応や、購入後の設定や使い方などのサポート、施設や企業での導入のご相談に対応します。また、特定代理店で操作方法などをご案内するセミナーも実施する予定です。

また、このたび、スペシャルオリンピックス日本に参加するアスリートに本サービスを搭載した端末を貸し出し、使用した感想を専用サイト上でレポートしていただきます。この相互の協力体制について、公益財団法人 スペシャルオリンピックス日本の有森 裕子理事長は以下のように述べています。
「知的障がいのある人たちが自立して、多くの人と出会い、社会性を広げ、新たにチャレンジする世界を見つけて活躍することを願っており、彼らの生活を通信でサポートする環境が充実することを望んでいます」

ソフトバンクモバイルは、今後も多様なニーズへ対応できるよう、さまざまな取り組みを行っていきます。

「アシストスマホ」の概要

1. 主な特長

簡単に連絡や報告のメールが作成できる「アシストメール機能」
利用シーンを選び、定型文をタッチするだけで簡単に連絡や報告のメールが作成できます。
目的地の方向と距離を分かりやすく矢印で表示して、移動をアシストする「アシストナビ機能」
目的地までの徒歩ルートを検索し、AR(拡張現実)技術により、カメラを通して画面に表示される実風景の中に目的地と道順を表示して移動をサポートします。
利用者の位置情報や、目的地周辺への到着を確認できる「みまもるフェンス機能」
あらかじめ登録した保護者や支援者が「位置情報検索」で利用者の現在地をいつでも検索することができます。また、「みまもるフェンス」を通勤や通学時の到着地周辺エリアに設定することで、指定した時間に該当エリアに到着していない場合、保護者や支援者のメールアドレスにお知らせします。

2. 利用料金

無料

3. 加入方法

オンラインショップや特定代理店にて端末ご購入と同時に本サービスへお申し込みいただけます。

[注]
  • 既に204SHをお持ちの場合は相談ダイヤルまでご連絡ください。

4. 提供開始日

2014年3月24日

お問い合わせ窓口

E-mail
[注]
  • 電話での受け付けは終了しました(2016年2月16日更新)。

イメージ画像

アシストスマホ
  • SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンク株式会社の登録商標または商標です。
  • その他、本プレスリリースに記載されている会社名および商品・サービス名は各社の登録商標または商標です。
  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。
  • 2015年4月1日付でソフトバンクモバイル株式会社はソフトバンクBB株式会社、ソフトバンクテレコム株式会社、ワイモバイル株式会社を吸収合併しました。合併前の各社のプレスリリースは以下よりご覧いただけます。なお、2015年7月1日付でソフトバンクモバイル株式会社は、ソフトバンク株式会社に社名を変更しています。