プレスリリース 2014年

フェリーでのWi-Fiサービスの提供について~船では国内初。衛星回線を利用した、
誰でも使える公衆無線LANサービスを試験的に無料で提供開始~

2014年6月26日
ソフトバンクモバイル株式会社
太平洋フェリー株式会社

ソフトバンクモバイル株式会社と、太平洋フェリー株式会社は、国内で初めて※1、航海中に衛星回線を使用して誰でも利用できる公衆無線LANサービスを2014年6月27日から試験的に開始します。

今回提供する公衆無線LANサービスは、ソフトバンクモバイルが提供する衛星回線とWi-Fi設備を利用したサービスです。携帯電話の電波が届かなくなることが多い航海中の船上において、通信手段の確保およびお客さまの利便性の向上に寄与することを目的に、公衆無線LANサービスを提供します。トライアル期間中※2、「ソフトバンクWi-Fiスポット」の加入者は無料で利用できるだけでなく、携帯各社のスマートフォンやタブレット端末などWi-Fi機能を持った端末があれば、事前に簡単な設定を行うだけで誰でも利用できます。

サービス概要

1. 利用可能な端末

Wi-Fi機能を持ったスマートフォン・タブレット端末・パソコンなど

2. 利用方法

  • 初めてご利用される際は、事前にメールアドレスなどの利用登録が必要で、登録したメールアドレスにパスワードが届きます。
  • パスワードを確認する際は、本サービス以外の通信回線でメールを確認できる環境が必要です。(パスワードの有効期限は最終利用日から6カ月で、有効期限切れの場合は再登録)
  • SSIDは、「Ferry_WiFi_trial」です。

3. 利用制限

1回のアクセスで15分以内のご利用が、1日4回まで可能です。

4. 利用料金

無料

5. 実施船舶

きそ(以下、写真)

実施船舶
[注]
  • ※1太平洋フェリー株式会社およびソフトバンクモバイル株式会社調べ。(2014年6月26日現在)
  • ※2トライアル期間中(終了時期未定)は無料。
  • Wi-FiはWi-Fi Allianceの登録商標です。
  • SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンク株式会社の登録商標または商標です。
  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。
  • 2015年4月1日付でソフトバンクモバイル株式会社はソフトバンクBB株式会社、ソフトバンクテレコム株式会社、ワイモバイル株式会社を吸収合併しました。合併前の各社のプレスリリースは以下よりご覧いただけます。なお、2015年7月1日付でソフトバンクモバイル株式会社は、ソフトバンク株式会社に社名を変更しています。