プレスリリース 2014年

国内事業者初! チャイナモバイルのお客さま向けに
LTEネットワークを提供開始

2014年7月9日
ソフトバンクモバイル株式会社

ソフトバンクモバイル株式会社は、日本国内において国際ローミングを利用する、中国の携帯電話事業者China Mobile Communications Corporation(以下「チャイナモバイル」)のお客さま向けに、SoftBank 4G LTE(FDD-LTE)ネットワークを、2014年7月10日より提供開始します。これにより、チャイナモバイルの7億8,729万5,000※1のお客さまは、来日する時に対応機種をお持ちいただくことで、日本国内でLTE高速通信がご利用いただけるようになります。なお、中国(香港除く)の携帯電話事業者のお客さま向けのLTEネットワーク提供は国内携帯電話事業者初となります※2

ソフトバンクモバイルは、世界各国のお客さまが日本渡航時にLTE高速通信をお楽しみいただけるよう、今後もサービス拡充に努めてまいります。

[注]
  • ※12014年5月末時点の契約数。同社ホームページより。
  • ※22014年7月9日時点で、アメリカ、カナダ、韓国、スイス、シンガポール、香港、サウジアラビアの、10の通信事業者のお客さま向けにLTEネットワークを提供しています。
  • SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンク株式会社の登録商標または商標です。
  • その他、記載されている会社名および製品名(商品・サービス名)は、各社の商標または登録商標です。
  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。
  • 2015年4月1日付でソフトバンクモバイル株式会社はソフトバンクBB株式会社、ソフトバンクテレコム株式会社、ワイモバイル株式会社を吸収合併しました。合併前の各社のプレスリリースは以下よりご覧いただけます。なお、2015年7月1日付でソフトバンクモバイル株式会社は、ソフトバンク株式会社に社名を変更しています。