プレスリリース 2014年

国内事業者初! 台湾でLTE国際ローミングを提供開始~さらにイタリア、バチカンでも提供を開始し、18の国・地域で利用可能に~

2014年7月9日
ソフトバンクモバイル株式会社

ソフトバンクモバイル株式会社は、海外でも高速通信サービスが利用可能なFDD-LTEネットワークによる国際ローミングの対象エリアを、2014年7月10日より台湾、7月11日よりイタリアおよびバチカンに拡大します。台湾でのLTE国際ローミングの提供は国内携帯電話事業者初となります。このたびの対象エリア拡大により、18の国・地域でLTEによる高速通信サービスがご利用いただけます。

今回、提供を開始する台湾、イタリア、バチカンの携帯電話事業者では、LTE国際ローミングに加えて、海外向けパケット定額サービス「海外パケットし放題」が利用可能で、通信料を気にせず安心してパケット通信がお楽しみいただけます。LTE国際ローミングおよび「海外パケットし放題」は、対象機種をお持ちであれば、お申し込み不要でご利用いただけます。

なお、昨年よりLTE国際ローミングを提供している香港において、7月10日より対象事業者を1社追加します。

LTE国際ローミングの対象エリア

国・地域携帯電話事業者
南北アメリカ
アメリカ AT&T
アラスカ
バージン諸島(アメリカ領)
ハワイ
プエルトリコ
カナダ Rogers
アジア
韓国 SK Telecom
シンガポール SingTel Mobile
台湾 Chunghwa Telecom
フィリピン Globe Telecom
香港 CSL、HKT、SmarTone-Vodafone、PEOPLES
マレーシア Celcom
ヨーロッパ
イタリア TI
スイス Swisscom
バチカン TI
フランス SFR
ベルギー Proximus
中東
サウジアラビア Mobily
[注]
  • 太字はこのたび追加となった国・地域と通信事業者。
  • SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンク株式会社の登録商標または商標です。
  • その他、記載されている会社名および製品名(商品・サービス名)は、各社の商標または登録商標です。
  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。
  • 2015年4月1日付でソフトバンクモバイル株式会社はソフトバンクBB株式会社、ソフトバンクテレコム株式会社、ワイモバイル株式会社を吸収合併しました。合併前の各社のプレスリリースは以下よりご覧いただけます。なお、2015年7月1日付でソフトバンクモバイル株式会社は、ソフトバンク株式会社に社名を変更しています。