プレスリリース 2014年

奈良県飛鳥地方で超小型モビリティを活用した
観光プロジェクトをスタート~観光客向けにタブレット搭載の超小型モビリティレンタルサービスを開始~

2014年10月1日
一般財団法人明日香村地域振興公社
ソフトバンクモバイル株式会社

一般財団法人明日香村地域振興公社(奈良県高市郡明日香村、代表理事:森川 裕一)は、ソフトバンクモバイル株式会社(東京都港区、代表取締役社長 兼 CEO:孫 正義)と協力し、奈良県高市郡明日香村、同郡高取町および橿原市において、タブレットを搭載した環境にやさしい超小型モビリティ※1のレンタルサービス事業「MICHIMO(ミチモ)」を、2015年春より開始します。グランドオープンに先立ち、プレオープンとして2014年10月11日よりレンタルサービスを開始します。

「MICHIMO」は、飛鳥の「道」をモビリティで巡り、「未知」なる体験に出会い、心も体も「満ち」ていただきたい、そのような思いを込めて名付けました。本事業では、近鉄飛鳥駅前に営業所を設け、飛鳥地域を訪れる観光客にタブレットを搭載した超小型モビリティを1日8,000円で貸し出し、交通手段として活用してもらいます。タブレットには、カーナビゲーションとして飛鳥地域の観光ルートを案内する専用のアプリケーション「MICHIMOナビ」を搭載します。プレオープン時には9台※2の超小型モビリティでサービスを開始し、グランドオープン時には17台となる予定です。

また、本事業にはソフトバンクモバイルが開発した充電・認証システム「ユビ電」を、超小型モビリティの充電インフラとして採用し、観光スポットの石舞台やショッピングスポットの農産物直売所などに「ユビ電」に対応する充電器を設置する予定です※3

[注]
  • ※1超小型モビリティとは、環境性能に優れコンパクトで小回りが利く、地域の手軽な移動の足となる一人~二人乗り程度の電動車両です。
  • ※2超小型モビリティは2014年10月11日時点では5台となり、10月中に9台になる予定です。
  • ※3ユビ電による認証はグランドオープン時に提供します。

各社の役割・目的

一般財団法人明日香村地域振興公社

奈良県の中部に位置する明日香村は、1400年前の飛鳥の時代に都が置かれた古都として、毎年多くの方が訪れています。明日香を代表する観光スポットである石舞台や、極彩色の壁画で有名な高松塚やキトラをはじめとする古墳、遺跡群が数多く点在し、それらが農を礎とする景観と相まって、いわゆる歴史的風土が奏でる情景で人びとを魅了しています。ここは「日本の国のはじまりの地」であり、深い歴史と豊かな自然が息づく飛鳥は「日本人の心のふるさと」と親しまれています。一般財団法人明日香村地域振興公社は、明日香の人々が大切に守り育んできた豊かな自然を守る活動を進めています。ここ明日香の日本のみならず世界に一つだけの風致景観を、より輝かせて、五感で体感できるフィールドミュージアム「明日香まるごと博物館」づくりを進めるとともに、明日香に住む方々がより安心して誇りをもって暮らせる活動に取り組んでいます。

そのような中、飛鳥地域の新たな移動手段である超小型モビリティレンタルサービス事業「MICHIMO」を運営します。飛鳥地方を観光資源としてとらえ、奈良県中部地方の新しいツアー、体験の創出および観光情報発信を行い、来訪者へのおもてなしと観光産業分野における新たな事業を創造し、地域の活性化に寄与したいと考えています。

ソフトバンクモバイル株式会社

「誰が、いつ、どこで、どれだけ」充電したかを把握することができる充電・認証システム「ユビ電」を、超小型モビリティの充電インフラとして提供します。「ユビ電」は、独自の個体認識技術を用いて、プラグを挿すだけで個体の識別番号を読み取って認証し、クラウドシステムと連携して何に電気が使われているかなどの情報を把握可能な、次世代エネルギーライフスタイルを実現するソリューションです。今回、飛鳥駅を拠点として、村内に複数の充電場所を設置し、利用者に「ユビ電」マークがあるコンセントが自由に使える環境を提供します。また、超小型モビリティに搭載するタブレット向けの観光アプリ「MICHIMOナビ」(開発:株式会社ファビュラス)もあわせて提供します。本アプリケーションは、カーナビゲーションとして飛鳥地域の観光ルートを案内する機能や、歩行時に名勝や史跡などの観光スポットについて音声で解説する機能を備え、超小型モビリティと「MICHIMOナビ」の組み合わせによって、環境にやさしい最先端のエコツアーをサポートします。

「MICHIMO」概要

1. 利用方法

専用のウェブサイトより事前に予約および決済を行っていただき、近鉄飛鳥駅前の営業所でお客さまに超小型モビリティを貸し出します。

2. 提供開始日

プレオープン 2014年10月11日(土)
グランドオープン 2015年春

3. 利用料金

1日8,000円(利用時間は午前9時から午後6時まで)

[注]
  • 充電料金、観光アプリを搭載したタブレット使用料含む。

4. 設置する超小型モビリティ

MICHIMOオリジナルラッピングを施したNISSAN New Mobility Conceptを提供

設置する超小型モビリティ
[注]
  • 本プレスリリースに記載されている価格は全て税抜きです。
  • SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンク株式会社の登録商標または商標です。
  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。
  • 2015年4月1日付でソフトバンクモバイル株式会社はソフトバンクBB株式会社、ソフトバンクテレコム株式会社、ワイモバイル株式会社を吸収合併しました。合併前の各社のプレスリリースは以下よりご覧いただけます。なお、2015年7月1日付でソフトバンクモバイル株式会社は、ソフトバンク株式会社に社名を変更しています。