プレスリリース 2014年

ウエアラブル端末を利用した実証実験の実施について

2014年11月14日
ソフトバンクモバイル株式会社

ソフトバンクモバイル株式会社は、ウエアラブル端末を利用した実証実験を、2015年1月中旬に福井県立恐竜博物館(福井県勝山市)で実施します。本実験は、ウエアラブル端末関連産業の育成を目的とする福井県の「ふくいe-オフィスプロジェクト補助金(ウエアラブル関連実証実験支援分)活用事業者募集」の公募に、当社の企画案が採択され実施するものです。

本実験では、メガネ型ウエアラブル端末や腕時計型端末を用いて、AR(拡張現実)技術による恐竜の映像の表示や、展示の解説、館内のナビゲーションなどを行い、今後普及が見込まれるウエアラブル端末が新しいサービスや付加価値を生み出す可能性について検証します。今回の実証実験には、株式会社ACCESSのiBeacon™(アイビーコン)を用いた位置連動型コンテンツ配信ソリューション「ACCESS™ Beacon Framework」を開発したサービスプラットフォーム、およびウエアラブル端末などで撮影した画像とクラウドや端末内に登録した画像データを照合して物体の名称や詳細情報を画面に表示する、日本電気株式会社(NEC)が独自開発した世界最高水準の画像認識サービス「GAZIRU(ガジル)」を活用します。

実証実験概要

内容
メガネ型ウエアラブル端末「Google Glass™」を使った実証実験
  • AR技術を使った恐竜探索ゲーム(素材提供:株式会社セガトイズ)
  • 画像認識技術を活用した展示物の解説
  • 位置情報を活用した音声・文字による展示物の解説
腕時計型端末(利用機種未定)を使った実証実験
  • 館内のナビゲーション
  • 探知機に見立てた探索体験など
実施時期 2015年1月中旬
実施場所 福井県立恐竜博物館(福井県勝山市村岡町寺尾51-11かつやま恐竜の森内)
[注]
  • 実証実験の内容は変更する可能性があります。実施日などの詳細は12月中旬、当社または福井県ウェブサイトにて告知する予定です。
  • iBeaconは、Apple Inc.の商標です。
  • Google Glassは、Google Inc. の商標または登録商標です。
  • SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンク株式会社の登録商標または商標です。
  • その他、本プレスリリースに記載されている会社名および商品・サービス名は、各社の商標または登録商標です。
  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。
  • 2015年4月1日付でソフトバンクモバイル株式会社はソフトバンクBB株式会社、ソフトバンクテレコム株式会社、ワイモバイル株式会社を吸収合併しました。合併前の各社のプレスリリースは以下よりご覧いただけます。なお、2015年7月1日付でソフトバンクモバイル株式会社は、ソフトバンク株式会社に社名を変更しています。