プレスリリース 2015年

新しい「SoftBank Air」の提供開始について~下り最大261Mbpsの大容量高速無線インターネットを実現~

2015年10月8日
ソフトバンク株式会社

ソフトバンク株式会社は、2015年12月以降に、下り最大261Mbps※1の新しい「SoftBank Air」の提供を開始します。

「SoftBank Air」は宅内機器を設置するだけですぐにつながる、データ容量制限なしの高速インターネットサービスです。今回提供を開始する新サービスでは、現行サービス※2の下り最大110Mbpsから大幅にスループットが向上し、下り最大261Mbpsでの高速インターネットを実現します。また、宅内機器も筐体内部に高性能アンテナを格納し、より洗練されたデザインで提供します。

ソフトバンクは、今後もお客さまの多様なニーズやライフスタイルにお応えする商品やサービスを提供していきます。

サービス提供時期

2015年12月以降(予定)

[注]
  • サービスの詳細は、提供開始時を目処にお知らせします。

「SoftBank Air」の概要

高性能アンテナを搭載した宅内機器を電源につなぐだけで大容量高速無線インターネットが利用できる個人宅向けのサービスです。回線工事が不要で、機器の設置後すぐにインターネットサービスを利用することが可能なほか、パケット使用量の制限がない定額制サービスのため、家族で共用してのインターネット利用もデータ量の制限なく利用が可能です。また、ソフトバンク携帯電話※3とセットでお申し込みいただくと月額利用料から一定の金額を割り引くおトクなサービス「スマート値引き」の対象サービスです。

新「SoftBank Air」宅内機器(Airターミナル2)イメージ

新「SoftBank Air」宅内機器(Airターミナル2)イメージ

[注]
  • ※1
    本サービスはSoftBank 4Gを用いたサービスで、当社指定のエリアでお使いいただけます。ベストエフォート型のサービスで、記載の速度は技術規格上の最大値であり、実使用速度を示すものではなく、お客さまのご利用環境、端末、回線の状況などにより大幅に低下する場合があります。また、ご利用の集中する時間帯(夜間など)は、サービスの安定提供にともなう速度制限のため、通信速度が低下する場合があります。
  • ※2
    2014年12月から提供しています。
  • ※3
    一部の端末を除きます。
  • 2015年7月1日付でソフトバンクモバイル株式会社からソフトバンク株式会社へ社名を変更しました。
  • SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンクグループ株式会社の登録商標または商標です。
  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。
  • 2015年4月1日付でソフトバンクモバイル株式会社はソフトバンクBB株式会社、ソフトバンクテレコム株式会社、ワイモバイル株式会社を吸収合併しました。合併前の各社のプレスリリースは以下よりご覧いただけます。なお、2015年7月1日付でソフトバンクモバイル株式会社は、ソフトバンク株式会社に社名を変更しています。