プレスリリース 2015年

日産自動車とソフトバンク、
日産販売店に人型ロボット「Pepper」を100台導入~法人向けモデル「Pepper for Biz」を活用~

2015年10月20日
日産自動車株式会社
ソフトバンク株式会社

日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区、社長:カルロス ゴーン)とソフトバンク株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 兼 CEO:宮内 謙)は20日、人型ロボット「Pepper」を11月より日産販売店に導入し、お客さまとのコミュニケーションに活用すると発表しました。まず、全国の「レディー・ファーストショップ」の内100店舗に順次導入し、その後他の販売店舗へも拡大していく予定です。

日産とソフトバンクは、かねてより「Pepper」の法人向けモデルとなる「Pepper for Biz」の店舗活用に関する共同プロジェクトを進めておりましたが、このたびのソフトバンクの「Pepper for Biz」サービス開始に伴い、11月より日産の販売店に導入することが決まったものです。なお、自動車メーカーとして「Pepper for Biz」を販売店に導入するのは日産が世界で初めてとなります。

Pepper/レディー・ファーストショップ

今回日産が導入する「Pepper」には、日産の販売店用に開発された専用アプリケーションが搭載され、お客さまのお出迎えから、胸部のタブレットを使った商品説明、お子さま向けのエンターテインメントなど、居心地のよいお店づくりのためのさまざまなサービスを提供します。

日産は女性のお客さまや初めてクルマを購入するお客さまに向け、店舗の運営や設備などに独自の認定基準を設けた「レディー・ファーストショップ」を設定しています。「レディー・ファーストショップ」は、スタイリッシュなデザインの店内に授乳ルームや広々としたキッズスペースを完備し、より快適で手軽にクルマの購入を体験いただけるようになっています。日産は、「レディー・ファーストショップ」に「Pepper」を導入することにより、さらに細やかなサービスの提供が可能になると期待しています。

ソフトバンクは今回、「Pepper for Biz」で利用できる複数の「Pepper」のアプリケーションを一括で管理したり、接客情報などを蓄積してマーケティングに活用したりするための「Pepper for Bizプラットフォーム」の提供に加え、Wi-Fi環境の提供や初期設定のサポートなど、導入から運用まで日産の販売店における「Pepper」の活用を全面的にサポートします。今回の取り組みは自動車の販売店という新たな場へのチャレンジとなります。ソフトバンクは今後も「Pepper」の活用の幅を広げ、さらにさまざまな分野への展開を目指してまいります。

以上

  • SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンクグループ株式会社の登録商標または商標です。
  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。
  • 2015年4月1日付でソフトバンクモバイル株式会社はソフトバンクBB株式会社、ソフトバンクテレコム株式会社、ワイモバイル株式会社を吸収合併しました。合併前の各社のプレスリリースは以下よりご覧いただけます。なお、2015年7月1日付でソフトバンクモバイル株式会社は、ソフトバンク株式会社に社名を変更しています。