プレスリリース 2015年

LTEサービスの拡大および
一部の3Gサービス終了について

2015年12月11日
ソフトバンク株式会社
株式会社ウィルコム沖縄

ソフトバンク株式会社は、周波数の有効利用による安定した品質かつ快適な通信サービス提供のため、1.5GHz帯におけるLTEサービスの提供開始および1.7GHz帯におけるLTEサービスの拡大を順次実施します。LTEサービスの拡大に伴い、一部の3Gサービス(1.5GHz帯/1.7GHz帯)を順次終了します。スケジュールおよび対象となるサービスと機種は以下のとおりです。また、対象となるお客さま向けに機種変更キャンペーンを実施します。なお、ウィルコム沖縄をご利用のお客さまも対象となります。

ソフトバンクは、今後も大容量かつ高速な通信ネットワークの提供を促進することで、お客さま満足度の向上を目指します。

LTEサービスの提供開始および拡大について

1.5GHz帯 2017年4月以降順次開始予定
1.7GHz帯

2018年2月以降順次拡大予定

[注]
  • 現状のLTE 10MHz幅を15MHz幅へ拡大予定です。

一部の3Gサービス提供終了について

1.5GHz帯 3Gサービス

2017年3月末

[注]
  • 1.5GHz帯 3Gサービスについては、サービス提供終了に先駆け、2016年9月以降、関東の一部地域にて下り最大通信速度が変更(低速化)となります。
1.7GHz帯 3Gサービス

2018年1月末

お客さまへの影響について

ご利用中のサービス、機種によって影響が異なります。お客さまへの影響は以下のとおりです。

SoftBankをご利用のお客さま

終了予定3G対応プラン

2017年3月末
終了予定プラン(1.5GHz帯)
データフラットプラン、データフラットプラン for ULTRA SPEED、データフラットプラン for BB、データライトプラン for BB
2018年1月末
終了予定プラン(1.7GHz帯)
データし放題、データフラットプランS、データし放題 for ULTRA SPEED、データし放題フラット for ULTRA SPEED、データ従量プラン(データ定額ボーナスパック加入者のみ)

影響別 機種一覧

2017年3月末
影響機種(1.5GHz帯)
利用ができなくなる機種

101SB

[注]
  • データフラットプラン for BB/データライトプラン for BBのみ
利用エリアが変更になる機種 101SI、102Z、102HW
最大通信速度が低下する機種 006Z、007Z、005HW、101SB、001SC、005SH、007HW、001P、002SH、003P、004SH、004SH PJ、004Z、006SH、007SH、007SH J、007SH KT、007Z for Biz、008Z、009SH、009SH Y、009Z、101F、101K、101N、101P、101SH、102P、102SH、102SHⅡ、103SH、104SH、106SH、107SH、107SH B、204SH、841SH、841SH s、842SH、941P、942P、943SH、944SH、945SH、945SH G、DM010SH、DM011SH、DM012SH、DM013SH
2018年1月末
影響機種(1.7GHz帯)
利用ができなくなる機種 006Z、007Z、005HW、101SB
利用エリアが変更になる機種 C01HW、C02HW、C01LC、C02LC
[注]
  • ご利用の機種により、影響が異なります。

Y!mobileをご利用のお客さま

ウィルコム沖縄をご利用のお客さまも対象となります。

終了予定3G対応プラン

2017年3月末
終了予定プラン(1.5GHz帯)
ウィルコムプランW
2018年1月末
終了予定プラン(1.7GHz帯)
データプラン、ギガデータプラン、バリューデータプラン、スーパーライトデータプラン、データプランB、昼割プラン、EMOBILE G4データプラン、EMOBILE G4ギガデータプラン、EMOBILE G4バリューデータプラン、EMOBILE G4スーパーライトデータプラン、EMOBILE G4データプランB、EMOBILE G4昼割プラン、フレッツ+定額モバイル、フレッツ+スーパーライト、フレッツ+昼割モバイル、フレッツ+EMOBILE G4定額モバイル、フレッツ+EMOBILE G4スーパーライト、フレッツ+EMOBILE G4昼割モバイル、スマートプラン、スマートプランライト、LTE電話プラン、スマホプラン(タイプ2)、スマホベーシックプラン(タイプ2)、ケータイプラン、ケータイ定額プラン

影響別 機種一覧

2017年3月末
影響機種(1.5GHz帯)
利用ができなくなる機種 WX02S
最大通信速度が低下する機種 HX008ZT、HX009ZT、WX02S-H、WX04K、WX04SH、WX05SH、WX06K、005SH、007HW、007Z
2018年1月末
影響機種(1.7GHz帯)
利用ができなくなる機種 D01HW、D01NE、D01NX、D01NXⅡ、D02HW、D02NE、D02OP、D03HW、D11LC、D12HW、D12LC、D21HW、D21LC、D21NE、D22HW、D23HW、D24HW、D25HW、D26HW、D31HW、D32HW、D33HW、D41HW、GL03D、H11HW、H11LC、H11T、H12HW、H31IA、S01SH、S01SHⅡ、S11HT、S12HT、S21HT、S22HT、S31HT、S51SE、302HW、GL07S、GD01、GD03W、GP01、GP02、GP03、GS01、GS02、GS03、S31HW、S41HW、S42HW、007Z
[注]
  • ご利用の機種により、影響が異なります。

機種変更キャンペーンなどについて

その他詳細や各種キャンペーンは以下をご覧ください。今後、キャンペーンは順次追加していきます。

個人のお客さま

  • SoftBankをご利用のお客さまはこちら
  • Y!mobileをご利用のお客さまはこちら

法人のお客さま

  • SoftBankをご利用のお客さまはこちら
  • Y!mobileをご利用のお客さまはこちら

本件に関するお客さまからの問い合わせ先

ソフトバンクカスタマーサポート

ソフトバンク携帯電話から 157
フリーコール 0800-919-0157(無料)

ワイモバイル カスタマーセンター

ワイモバイルから 151
他社携帯・固定電話から 0570-039-151(有料)
[注]
  • 2015年7月1日付でソフトバンクモバイル株式会社からソフトバンク株式会社へ社名を変更しました。
  • SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンクグループ株式会社の登録商標または商標です。
  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。
  • 2015年4月1日付でソフトバンクモバイル株式会社はソフトバンクBB株式会社、ソフトバンクテレコム株式会社、ワイモバイル株式会社を吸収合併しました。合併前の各社のプレスリリースは以下よりご覧いただけます。なお、2015年7月1日付でソフトバンクモバイル株式会社は、ソフトバンク株式会社に社名を変更しています。