プレスリリース 2016年

(更新)平成28年熊本地震で被災されたお客さまを対象にした
追加データ購入料金の無償化などについて~すでに制限がかかっているお客さまも含め、4月30日まで通信速度制限を撤廃~

2016年4月17日
(2016年4月18日更新)
(2016年4月27日更新)
ソフトバンク株式会社

更新内容:対象にY!mobileを追加しました。

平成28年熊本地震の影響により被災された皆さまに、心よりお見舞い申し上げます。

ソフトバンク株式会社および株式会社ウィルコム沖縄は、平成28年熊本地震の影響により被災されたSoftBank、Y!mobileの携帯電話サービスをご利用のお客さまを対象に、2016年4月30日まで、月間で所定のデータ量を超えた場合でも、追加データ量を購入せずに通常速度でデータ通信を利用できるようにします。なお、現在、通信速度が低速化しているお客さまについても準備ができ次第、速度制限を解除します。

[注]
  • Y!mobileで快適モードを提供していない端末については、追加データ量を都度お申し込み(無償)いただく必要があります。

1. 適用条件

平成28年熊本地震の影響により災害救助法が適用された地域に契約者住所または請求書送付先住所が所在する、SoftBank、Y!mobileの携帯電話サービスをご利用のお客さまに自動適用します。

2. 期間

2016年4月30日まで

[注]
  • 追加データ購入料金の無償化の期間を5月31日まで延長しています。詳しくはこちらをご覧ください。(2016年4月27日発表)

3. 対象端末

SoftBank、Y!mobileの全ての端末

[注]
  • SoftBankのプリペイド式携帯電話を除く。

なお、ソフトバンクは、平成28年熊本地震の影響に伴い、ネットワーク復旧や支援措置についてさまざまな取り組みを行っています。詳しくはこちらをご覧ください。

  • SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンクグループ株式会社の登録商標または商標です。
  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。
  • 2015年4月1日付でソフトバンクモバイル株式会社はソフトバンクBB株式会社、ソフトバンクテレコム株式会社、ワイモバイル株式会社を吸収合併しました。合併前の各社のプレスリリースは以下よりご覧いただけます。なお、2015年7月1日付でソフトバンクモバイル株式会社は、ソフトバンク株式会社に社名を変更しています。